FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


それにしても・・・
昨日は朝から「厄日」みたいなもの・・・・
朝早くから工事顧客の方から延々と怒られていました・・・・
というのも・・・
ま、こうした建築関係の世界ではよくある話なのですけど
(ま、それが「世間の常識」といかにズレているか・・・、その辺りは他業界他業種の経験がある方ならば
誰でもお分かりとは思うのですけどね・・・・)
営業担当が、
竣工時に顧客から
「ついでに〇〇と〇〇の部分も今度検討してみようかな・・・、今度一度見積り持ってきて・・・」
「はいはい、喜んで・・・」と言ったものの
その工事は小規模工事なので営業担当にとってはあまり「美味しい話」ではない・・・
そんでもって、面倒くさくなってついついど忘れしてしまい
(又は意図的に記憶から消去して・・・??)
そうした約束をすっぽかし、
数か月経過してその顧客から
「あの時依頼した見積りはまだ出来ないの・・・?」→「すいません・・・忘れていました・・・」→「ふざけんな!!」
みたいな話になって
大抵そういう場合、火消し役(クレーム処理担当)の私の出番となってしまいます・・・

今回もそんな展開でした・・・・

おいおい、そんな「身から出た錆」でそんなにデカいトラブルでないんだから、自分で処理してよ・・・と
言いたくもなりますが、
一応会社の方針で、
営業と工事とCS部門は一応「完全分業体制」になっていますから、
営業・工事関連のクレームは、一手に引き受ける事になってしまいます・・・・

あ・・・、でも今回は・・・・
少し自分の「作戦ミス」もありました・・・・
少し「油断と慢心」がありました・・・・
従来のパターンだと、どうみてもこちら側に落ち度がある場合、先制攻撃的にとにかく
「ご迷惑をおかけしました!!」と下手に対応すれば
比較的スムーズに終わらせることが出来るものですが、
今回の場合は・・・・
顧客が「理論武装タイプ」であり、
「謝罪する事は誰でもできる・・・」
「どうしてこういう経緯になったのか、私を納得させられる理由を整然と述べてみよ・・・」みたいな感じ
でしたので、
最初にいきなりこちら側の「非」をあっさりと認めてしまったのが「敗因」でしたね・・・・
そこから色々とネチネチ責められる隙を与えてしまった・・・・みたいな展開になってしまい、
自分でも
「あ・・・、何か失敗したな・・・」と感じつつも、中々軌道修正が出来ないまま
終わってしまった・・・という感じでした・・・・

あーー、こういう時は、一日すっきりしませんね・・・・

同時に・・・・

我ながら「またか・・・」という感じもするのですけど





20100216233730.jpg


うちの会社のポンコツ営業に対しては・・・・

「私、堪忍袋の緒が切れました!!」(キュアブロッサム)

「海より広い私の心もここらが我慢の限界よ・・・!!」(キュアマリン)

と「ハートキャッチプリキュア」の「決め台詞」を言ってやりたいものですね・・・・(苦笑・・)

ま、それと・・・

自分自身の「ふがいなさ」については・・・・美墨なぎさではないけど
「ありえなーい・・・」と自分自身にツッコミを入れたくもなりますね・・・・


あ・・・何か前振りが長くなりました・・・・

こういう何かすっきりしない事が朝からあった場合は、何か「スッキリする音楽」でも聴いて
気分転換するのが一番・・・・

そこで手にしたCDが・・・・

ドヴォルザークの序曲「謝肉祭」でした。

この序曲は、とにかく「ノリ」がいいから大好きです!!

出だしから「タンバリン」のリズムが炸裂し、
全体的にはトロンボーンとホルンが大活躍をしています。

曲としては「A-B-A」の三部構成で、急-緩-急というスタイルですね。

Bの中間部のしっとりとした部分においては・・・・
フルートとクラリネットの幻想的なメロディーが実に素晴らしいですね・・・
ハープが鳴り、途中に表れるヴァイオリンソロは美しくしっとりと聴かせてくれます。
ゆったりとした雰囲気の中にいると、
急に弦楽器がどよめきはじめて、まるで嵐でも来たかのように激しくなり
トロンボーンやホルンが叫ぶように盛上げていきます。
もう、こうなると手が付けられないくらい派手に舞い上がり、トランペットは響き
タンバリンやトライアングルは打ち鳴らされ、シンバルが鳴り響くと最後まで
一気に駆け抜けるように賑やかなまま終わります。

とにかく、最初から最後まで、賑やかな曲です。
途中にヴァイオリンソロが入ると少し落ち着いて聴けますが、
それ以外はとにかく派手に打楽器や金管楽器がドンドン、バリバリ鳴らしまくりますから、
ストレス解消にはもってこいの序曲なのかもしれませんよね。

事実、この曲を聴くと何か気持ち的に大変スッキリと自己完結してしまい、
次の現場へと気持ちを切り替えて向かう事が出来ました。

ところで・・・・

この序曲「謝肉祭」は単発の曲ではなくて
序曲三部作「自然と人生と愛」という連作序曲の一つという位置づけになっています。

〇自然の王国で→「自然」がテーマ

〇謝肉祭→「人生」がテーマ

〇オセロ→「愛」がテーマ

という構成になっていますけど、
実際の演奏会では、この三つの序曲がひとまとめに演奏される事は
まずないと思います。
というか、「謝肉祭」だけが突出して人気が高く、
正直、「自然の王国で」と「オセロ」は演奏時間が長いしやや冗漫な感じもするから
あまり人気も無いようですね・・・

「オセロ」というと、
個人的には、吹奏楽オリジナル作品のリードの交響的ポートレイト「オセロ」が大変好きなのですけど
このドヴォルザークの「オセロ」は正直あまりピンとこないかな・・・

でもこの序曲「謝肉祭」は本当にノリがいいですね・・・・

あの曲を演奏するタンバリン奏者は「気分爽快!!」という感じなのかな・・・・??



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1934-fa2054f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |