FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


24.白子高校

 A/歌劇「イスの王様」序曲

  このチームは1978年に全国大会初出場を果たし、特に1979年の「運命の力」序曲は
  大変スタンダードな解釈を取っていて、この曲としては大好きな演奏の一つです。
  1982年の全国大会を最後に最近耳にしない学校だな・・と思っていたら、ここ数年間は
  何度か全国大会出場を果たしていましたので
  何か改めて「伝統ってすごいものだな・・・」と思ってしまいました。

  この年、1982年の課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオは、吹奏楽コンクール課題曲史上最悪の愚作と
  悪評高い曲ですけど、やはりそのせいか、高校の部では
  この課題曲を選択したチームは2チームだけ・・・・
  全部門を通してもこの課題曲を演奏したチームは少なかったですね。
  あの課題曲は・・・・正直中々良い演奏は無いと思いますけど
  強いてあげると、間々田中学校のダーダー吹きのベタベタした演奏だけど音色だけはとても洗練・・
  ぐらいなのかな・・・・

  このチームの課題曲Aも、トラヤのカスタムテープで聴く限りでは・・・・
  うーーーん、普通の演奏・・・
  だけど、これは仕方が無い事なのですけど、
  「曲自体の粗悪さ」は、正直、音楽の解釈とか表現方法だけでは中々解決できないもの・・・
  そのあたりの難しさを感じた演奏でした・・・
  特に盛り上がる要素もないし、
  仕掛けが「ティンパニーの唐突な一撃」だけでは、中々「音楽の構成感」を演出するのは難しいのかな・・・

  自由曲の「イスの王様」ですけど、
  こちらは課題曲とは全く別人みたいな演奏で、
  大変しっとりと内容豊かに聴かせてくれました。
  というか・・・
  こんな地味な曲をここまで音楽的に聴かせてくれた白子の指揮者&奏者の皆様は素晴らしいと思います。
  何となく「ワーグナー」みたいな高貴な雰囲気すら感じさせてくれました。
  ただ一つ難をつけると・・・・
  ま、これはコンクールでは付き物なのですけど、
  カットが少々強引だったかな・・・

  ここから先は、この「イスの王様」について少し補足を・・・・
  (この序曲、大変素晴らしい内面的要素があり、個人的にはとても好きなのですけど
   あまり知名度はありません・・・何か少し勿体ないので
   簡単にこの序曲について以下に補足をさせて頂きたいと思います)

1982年当時高校生だった自分は、当然ラロなんて作曲家は聞いたことがありませんし、
「イスの王様」というタイトルから勝手に想像して、
イスというと椅子・・・
座ってなまけてばかりいる王様をテーマにしたコメディーみたいな作品なのかなと
何となく思ってしまいました。

だけど、「イスの王様」のイスとは椅子の事ではなくて、
イスという架空の王国の「美しい悲劇」をモチーフにした曲である事を知ったのは
大学に入ってからの話でした。

曲は長いやや暗めの序奏から開始され、アレグロ→アダージョ→アレグロの序奏付三部構成という
スタイルで、その点からも非常に分かり易いと思います。

この歌劇のストーリーも、何かワーグナーっぽい感じもありますけど、
この歌劇自体ワーグナーの影響は何かありそうな感じはします。
物語は、架空の国であるイスの国の話なのですけど、
簡単に要約すると、
イスの王様の王女である姉妹は偶然にも同じ男性を好きになってしまった・・・
だけど振られたのは、お姉さんの方・・
そのお姉さんは失意のあまりやけくそになって
敵国の武将と内通し、何とイスの国の水門を開門してしまい、
イスの国は水没寸前までいってしまった・・
だけど最終的に自責の念に陥ったそのお姉さんは、
神の怒りを鎮めるために、自らの身を人身御供として、海に身を投じ
結果的にイスの国は救われた・・・
という感じの話です。

曲自体は渋いというか、地味な印象を拭えない内省的な曲なのですけど、
出だしの長い静かな序奏が実に素晴らしいし魅力的です。
盛り上がる部分の小太鼓のロールが実にいい働きをしています。

この序曲ですけど、1982年の白子高校以外では、1991年に青山学院大学が全国大会で
この曲を自由曲として選んでいますけど
やはり「地味・・」なのですけど、白子以上に大変内省的な演奏をしていて、音楽的に大変感動するものが
あります。
オケでも、吹奏楽アレンジ版でももう少しこの魅力的な曲が演奏されると尚いいですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

イスの王様

ぬくぬく先生さん、おはようございます。
イスの王様は学生時代に練習させられました。人前での披露されることはありませんでしたが(笑)。
冒頭のクラリネットと、オケ版ではチェロですが綺麗な旋律が印象的ないい曲ですよね。金管は後半にこれでもかと出てくる三連符の嵐はキツイかったです。
確かにもっと演奏されていいような気がします。

イスの王様

sankichi1689 様

コメントありがとうございます!!

最初この「イスの王様」序曲というタイトルを耳にした時は、
「この曲は喜歌劇・・・??どんな時にでも椅子に座っていないと機嫌が悪い王様の話・・?」と
勝手に想像したものでしたけど
実際はワーグナーみたいな内容のシリアスなお話でしたね・・
地味なのだけど大変魅力的な曲だと思います。
私はこの曲は、オケ版では、フルネ指揮/都響しか生では聴いたことがないですね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1929-5a23c3e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |