FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


23.金沢二水高校

 C/スキタイ組曲「アラとロリー」

 この当時の北陸ブロックの代表校は、毎年毎年、富山商業と高岡商業ばかりが選出され、
 正直この2チームとそれ以外のチームのレヴェル差は相当大きかったような印象があります。
 そうした中、
 1982年の高岡商業は、「十八番」とも言うべき「ローマの祭り」を自由曲に選び
 指揮者も確か記憶では、NHK交響楽団の当時の現役チューバ奏者でもある多戸氏を招聘するという
 かなり気合の入った体制で臨みながらも
 まさかまさかの伏兵、金沢二水高校に「北陸代表の座」を奪取されるという結果になってしまったものですけど、
 これは当時、宮城県の高校生であった自分にとっても
 まさに「まさか・・・高岡商業が支部落ち・・・」という結構ショッキングなニュースではありましたけど
 同時に、
 自分達も頑張れば、金沢二水のように、名門強豪校を撃破し全国大会に出られるかも・・・・という
 淡い期待と夢を抱かせてくれましたので
 その意味では大変印象的なチームでした。

 演奏も「若さと勢い」が十分伝わってきて、
 「どうして高岡商業を撃破して北陸大会を突破できたのか・・」その理由を全国大会でも
 立派に証明していたと思います。
 課題曲は・・・・
 うーーん、少し淡泊すぎたかも・・・・
 何か「無味乾燥」という気もしなくはなかったけど、中間部の踊りは
 やはり勢いは伝わってきました。
 自由曲の「スキタイ組曲」は、出だしのインパクトがやはり強烈でしたし
 不協和音・変拍子・激しいリズムといった「難曲要素」を軽くいなして、音楽を自分達のものにしていたのは
 大変好感が持てます。
 
 しかし・・・・

 反面、「強奏」の部分ばかり強調され、
 結果的に「聴いていて疲れる・・・」みたいなものも感じたのも事実でして、
 確かに激しい曲ではあるけど
 曲のどこかに何か「ホッとするもの」は欲しかったような気も・・・・

 この「スキタイ組曲」とよく似ていると指摘されるのがストラヴィンスキーの「春の祭典」なのですけど、
 春の祭典は、正直メロディーとかへったくれもない曲で、終始「野蛮さ」に満ち溢れています。
 一方「スキタイ組曲」は、メロディーの中にストーリー性を感じ取れる曲ですし、
 曲の中に、抒情性や野性味も感じられます。
 確かに、激しくリズムの複雑な曲なのだけど、
 春の祭典と少し異なり、曲の中に「歌」は感じられます。
 光と闇、明と暗というような左右対称的なコントラスト的な表情も感じ取れます。
 春の祭典が緻密に計算され尽くしたマシーンとすると、
 スキタイ組曲は、まだ人間的な抒情性は垣間見ることが
 できるような気もします。

 それだからこそ、金沢二水の演奏もそうした「抒情性」というか「pとfの落差」についても
 表現出来ていると
 もっと素晴らしい完成度になっていたような気もします・・・・

 それにしてもこの「スキタイ組曲」の各楽章のタイトルは凄まじいものがありますね・・・
 
 Ⅰ.ヴェレスとアラへの崇拝
 
 Ⅱ.ヂェジボーグと邪悪の踊り

 Ⅲ.夜

 Ⅳ.夜明けとロリーの輝かしい旅立ち

訳によっては、第4曲は「ロリーの旅立ちと太陽の行進」となっているものも
あります・・・

金沢二水はⅠとⅡを選曲していましたけど
まさにⅡなんかは「邪悪の踊り」そのものでしたね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1926-9a15add7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |