FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


21.出雲高校

 B/交響詩「魔法使いの弟子」

 ホント、ごめんなさい・・・・
 このチームに関しては、課題曲・自由曲共に、ほとんど印象&記憶に残るものがありません・・・
 そんな訳で省略・・・・

 だけど、なんで出雲一中・出雲二中などから優秀なメンバーが相当程度進学していると思うのですけど
 高校に入るととたんに伸び悩んでしまうのだろう・・・・??

22.福岡工大付属高校

 D/序曲「春の猟犬」

 この年の高校の部は、前半に素晴らしい演奏が集中してしまい、
 プログラム20番代以降は・・・・
 うーーーん、正直印象がうすい・・・・
 そんな中、素晴らしい演奏を聴かせてくれたチームもありました。
 それがこの福岡工大付属高校だと思います。
 課題曲・自由曲ともに音楽がとても「正攻法」であり、
 ひたすらまっすぐに前向きに音楽に取り組んでいて、その「素直で何の小細工も擁しない」演奏に
 本当に心の底から共感を覚えました。
 課題曲も、テンポが転ぶことも無く終始落ち着いたテンポで聴かせてくれてはいますが
 「行進曲」という要素も決して忘れていないという感覚があり、
 終始ひたすら「前向きに前進!!」という気持ちが伝わってきてとても好感が持てます。
 自由曲の「春の猟犬」も実にオーソドックスな解釈でしたね。
 この曲は、後年、野庭高校が独特な解釈を聴かせて大変高い評価を今でも受け続けていますけど、
 あれは少しやり過ぎ・・・・
 テンポをいじりまくりですし、唐突なp→fの表現が何か嫌味臭いし、
 意図がみえみえすぎ・・・・
 だけど中間部の詠い方はとても良かったですね・・・
 その点、福岡工大付属は、冒頭から「溌剌さむ・「生き生きとした感じ」がとても良く出ていて
 テンポをヘンにいじる事もせずに
 とにかく素直で伸び伸びとした演奏を聴かせてくれています。
 
 ま、難を言うと・・・・

 多少金管セクション、特にトランペットの音がつぶれる傾向にあった事と
 最後の最後で、わずか数小節をカットしてしまい
 原曲を知っている人間から見ると「唐突に終わってしまった・・・」みたいな感じもありましたね・・・

 あれは・・・・
 
 「タイムオーバー失格」を恐れたのか
 指揮者の「曲を一気にスパートをかけて終わらせよう・・・」という解釈なのか
 どうなのかはよく分かりませんけど
 少し勿体ない感じはありましたね。

 でも全体的には大変生き生きとした名演です。

 この序曲は19世紀の詩人A.スウィンバーンが1865年に出版した詩の印象に基づいて
 作曲されたらしいのですけど、

 その詩とは・・・・

 春の猟犬が冬の足音をたどる頃
 月の女神が牧場で草原で
 暗がりを、風吹く場所を
 葉音、雨音で満たす
 微笑み隠す唇ほど柔らかな
 木々の茂みを陽気に分け入り
 追い求める神々の目を逃れ
 かの乙女は身を隠す

といった内容のものです。

 リードは、この詩から「若さ溢れる快活さ」と「甘美さ・優雅さ」の二つをこの序曲に
 託したと思います。
 6/8拍子を中心とした軽やかな明るいリズムは、「快活さ」を・・・・
 そして中間部の4/4拍子の甘いメロディは、「恋という青春の優美さ・甘さ」を
 それぞれイメージしたものなのかもしれませんよね。

 そして二つの要素をとにかく「前向きに健康的に伸び伸び」と吹いてくれた福岡工大付属の演奏は
 まさにこの曲の「お手本」みたいなものですね。
 ラスト近くのティンパニーソロも極めて秀逸でした!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1922-154ccbea
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |