FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


19.首里高校

 A/交響曲第5番「革命」終楽章(D.ショスタコーヴイッチ)

 首里高校と言うと、
 1974の「エルザの大聖堂への厳かな行列」の完成度の高さとしっとり感は素晴らしかったし
 1977年の「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲も堂々とした高揚感+たっぷりとした歌心は
 とても印象に残っています。
 どちらかというと木管楽器のしっとりとした歌をベースに全体の音楽を創り上げていくというスタイル
 だったようにも思えます。
 ま、だけど、この年はショスタコの5番という金管セクションを主体にした曲を選曲したせいか
 従来の「木管を中心とした歌い上げ」というスタイルが幾分後退し、
 何かそれが従来の「首里高サウンド」の持ち味を十分発揮できなかった理由のようにも
 感じられます。

 課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオは、この年の高校の部で2チームしか選択されず、
 私の感覚としては・・・・吹奏楽コンクール史上「最大の駄作」とも言える
 とにかく中身が全くない曲なのですけど、
 それを選択したのが何か不幸の始まり・・・・みたいな気さえします・・・
 この課題曲自体、大変音が薄く書かれているけど、やっかいな事にそれでいてホルンの高音域とか
 クラリネットの運指が少し面倒・・というせいもあり、
 何か聴いているだけで、吹奏楽というか管楽器だけの編成において時折見受けられる「不愉快な響き」が
 何か大変生臭く聴こえてしまう・・・・という「不幸の要素」を内在し、
 その不幸の連鎖にはまってしまった・・・・と言えなくもない演奏だと思います。
 この課題曲は、ティンパニーの唐突的な一音の打撃音から曲のテンポが変わり音楽が動いていくのですけど、
 この当時の首里高のティンパニーは、ペダル式ではなくて「手締め式」という旧型を使用しているせいもあり
 その一音が大変マヌケな音を出しているような感じがありました・・・
 それも印象を悪くしている一因かも・・・・

 だけど自由曲は一転してとても素晴らしい音楽を聴かせてくれました。

 このショスタコの5番はどうしても「金管がバリバリに鳴らしてしまう喧しいだけの音楽」に
 吹奏楽アレンジの場合なりがちなのですけど
 首里の場合、伝統的に木管セクションが強いせいもあり、ただやみくもに吹き鳴らすのではなくて
 「何か」を伝えよう・・・とする「内面的な意図」も加味して吹いていたせいもあり
 ショスタコの「証言」みたいな
 「この曲は歓喜ではない・・・強制された歓喜の悲劇・・・」みたいなメッセージを盛り込んだような意図さえ
 何か伝わってくるかのような内面さも強く感じたものでした。

 一つ難を言うと・・・・・

 最後の金管セクションはヘロヘロだったかな・・・・

 特にラストのホルンは、何か「ヘンな音」を出していましたね・・・・(苦笑・・・)

 ま、あのラストはプロでも大変難しい部分でもありますし、
 この年大学の部でやはりこのショスタコの5番を選んだ関西学院大学も
 前半と中間部まではほぼ完璧な仕上がりだったのに、ラスト近くの第一トランペットは
 高音を外しまくり(というか、全く音が出ていない・・・・2番と3番の音しか聴こえない・・・・)
 何かとてつもなく勿体無い演奏をしていましたからね・・・・

 ショスタコの5番の冒頭とかラストのティンパニーの叩き付けも本当は格好いいし
 奏者冥利に尽きるはずなのに、
 やっぱり手締め式ティンパニーだと
 音がたるんで聴こえてしまいますね・・・・

 結果は「銅賞」で、技術的と全体的な印象の上では「仕方ないかな・・・」とも思うのですけど
 「銅賞」という一言だけで終わらせるには勿体ない演奏であり、
 特にその「内面的メッセージ」は高い評価がなされても良いのかな・・・とも思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1920-8391bd45
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |