FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやいや、ついに「Go! プリンセスプリキュア」が始まりました・・・

感想については、私が仕事が休みの日にでも改めてじっくりと書きたいと思いますし、
ツッコミ所がありすぎてどこから突っ込んでいいのか分からない・・・(菱川六花風・・・)
とにかく、一言だけでも感想を・・・

まずは「無難で、まさしくプリキュアの第一話!」みたいな典型例ですね。
とにかく安心して見る事が出来ました。
「これぞプリキュアの第一話!!」のお手本みたいな感じでした。

初代~フレッシュとスマイルは、
ピンク系プリキュアがどたばたと自己紹介&周囲の人達とのエピソードを交えながら
唐突に妖精と交錯し
何が何だかよく分からないけどプリキュアになっちゃった・・・・
そして何だかよく分からない怪物と戦ってしまった・・・
みたいな感じでドタバタして第一話が完了・・・
というのがほぼお決まりのパターンでしたけど
最近のプリキュアは・・・・
ハートキャッチ・スイート・ハピネスチャージのように第一話から「いきなりプリキュアの敗北」とか
主人公クラスの内面の問題のあぶり出しなどのように
序盤から「問題提示」みたいなことを全面に出す感じもあったり、
主人公は第一話で「変身」はするけど戦わない・・・変身だけで終了・・・・という感じが
多かったようにも思えます。

今度の新しいプリキュアは・・・

何だか初代~プリキュア5の「原点回帰」をしたかのように
ピンク系主人公が落ち着きなくドタバタ登場し、一人で墓穴を掘り、そして妖精に接触し
何だかよく分からないけど
「プリキュアになっちゃた・・・」
そして・・・・
何だかよく分からないけど敵に勝っちゃった・・・・
みたいな感じでとにかくドタバタとテンポよく進んでいったような感じですね。

まずは本当に無難な第一歩を歩んだ・・という感じです。

だけど・・・・

動いているはるか、喋っているはるかをよーく眺めてみると
この娘も中々魅力的なものがありますね・・・
特にポイントが高いのは・・・・
SSの咲とか初代のほのか、そして「けいおん」の紬のような「ぶっといまゆげ」なのかな・・・・
あれはとてもチャーミングで好印象です。
ちらっと天ノ川きらら(キュアトゥインクル)も登場しましたけど、
うーーん、やはりこのお方は・・・・
存在感が違いますね・・・・
ま、とにかく第三話が今からとても楽しみです・・・・






生徒会長のみなみもとても綺麗ですね・・・・

この方は・・・「可愛い」というのではなくて
「ビューティフル」みたいな感じですね。
だけど、こんなに優秀な要素が一杯おありの方が、何でプリキュアになってしまうのだろう・・・・??
ま、その辺りは第二話がとても楽しみです。

みなみは・・・・

意外とGoプリの中では、「ボケ担当」になったりするのかな・・・・??


77c208c1_convert_20150201225504.jpg


やはり天ノ川きららの存在感がとても大きい・・・・

なんだろう・・・

きららは歴代プリキュアにはあまりいなかったようなタイプなのかも・・・・

ところで・・・・

はるかのルームメイトの七瀬ゆいですけど、
こういう「眼鏡っ子」は中々可愛いですね・・・・
まさか・・・と思いますけど、ゆいちゃんは・・・・「4人目のプリキュア」になったりは・・・・
しませんよね・・・・・??(苦笑・・・)

だけど・・・・

ゆいの視点から眺めてみると・・・・・

もしかしたら・・・・

「うーーん、私、何かヘンな人とルームメイトになっちゃた・・・・」みたいな感覚なのかな・・・・??

冒頭シーンで、はるかが
「私、本当になれないのかな…プリンセスに」というセリフがありましたけど、
何か「ハピネスチャージプリキュア」をずーーっと一年間見続けていた人間の感覚から述べると・・・・

「大丈夫だよ・・・・少なくともハピネスのポンコツプリンセス程度にはすぐになれるよ・・・」と
何か余計な一言でツッコみたくなりますね・・・・(苦笑・・)
だって・・・キュアフローラは「初陣」に勝利しましたし、
少なくとも「キュアプリンセス」のようにめぐみと出会うまでは「全戦全敗」みたいな
目に余るポンコツではないようですから・・・・

さてさて・・・・

またまた日曜の楽しみが今年も出来ました・・・・

この物語は一年間どんな提示を与えてくれるのか・・・・

今からとても楽しみです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1918-451ca5ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |