プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.就実高校

 D/幻想舞曲集~Ⅱ.夢 Ⅲ.酒宴(トゥリーナ)

 1982年の全日本吹奏楽コンクール・高校の部において、
 金賞・銅賞等の評価に関係なく、とにかく今でも鮮烈な印象が残っている素晴らしい演奏と言うと、
 仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲
 屋代高校の松村禎三/交響曲
 名古屋電気の交響的断章
 市立川口の「無言の変革」~そこに人の影は無かった
 福岡工大付属の春の猟犬
 あたりが真っ先に思い浮かびますが、
 その中でも特に特に素晴らしい演奏を聴かせてくれて、あのコンクールから既に30年以上経過
 しているのに、いまだに自分の中では
 「受け継がれている名演」というと、

 やはり・・・・

 仁賀保の演奏と
 就実高校の「幻想舞曲集」ですね・・・・

 この二つのチームの演奏は、その後の私自身の音楽関連の趣味形成を語る上では
 絶対に外すことが出来ない「不滅の名演」の一つだと
 今でも確信しております。

 とにかく1982年の就実高校の「幻想舞曲集」の演奏は素晴らしかったし、
 少なくとも「私」という存在に対しては、確実に「何か」を伝えてくれた演奏だと思います。

 就実の課題曲は、D/サンライズマーチを選択していました。
 「サンライズマーチ」というと、どうしても大学の部の亜細亜大学の歴史的名演、特にあの輝かしい
 金管セクションの堂々とした語り口がまさに「名演誉れ高い演奏」だとは思いますが、
 亜細亜大学とは全く別のアプローチで聴かせてくれたチームもありました。
 その一つが就実高校だと私は思います。
 亜細亜が華麗で分厚い金管セクションを全面に押し出した「戦車軍団」みたいな行進をイメージしているのに対して、
 就実は、木管セクションを前面に出し、金管セクションはかなり控えめに抑制しているのが特徴的で
 両者の対照的な演奏は、何度聴いても
 「これって、本当に同じ課題曲なのか・・・・指揮者・演奏団体によって曲と言うものは随分と
 変わるものだ・・・・」という事をまさに立証した演奏のように聴こえます。
 亜細亜の分厚いトランペットによる第一テーマの後は、トロンボーンが第二テーマを奏でていますけど、
 就実の場合、この第二テーマは、トロンボーンではなくて
 バリトンサックス等をメインにした木管低音セクションの方を浮き上がらせていて、
 亜細亜との違いをかなり鮮明にしているような気もします。
 就実の「サンライズマーチ」は、トリオも爽やかに朗々と吹いていますね・・・・
 1983年に出版されたエイト社から出ている「吹奏楽と11人の先生」の中で、就実高校の村松先生の事も
 かなり詳細に取り上げられていて、
 このトリオの部分については、
 「夏の青い空、輝く太陽、我ら青春の歌声のせて、歌えよ響けよ、我らが就実、全国大会の金賞目指して・・」
 みたいな即興の歌詞をつけて生徒たちに歌わせたところ、演奏自体もそれまでただ漠然と吹いていたものが
 急に生き生きと音楽として呼吸しだしてきた・・・・
 と語られています。
 あれを読んで、
 「なるほど・・・、だから就実のマーチのトリオの部分は何か歌心が他とは少し違っているな・・・」と感じたのは
 その辺りにも原因があるのかもしれませんよね。

 でも・・・・

 圧巻は自由曲の「幻想舞曲集」でしたね・・・・

 この曲自体、大変繊細に作曲されていてその「ひそやかさ・だるさ・凛とした響き・透明感」を
 表現する事は大変難しいと思います。
 ましてや、管弦楽ですらあの繊細な色彩を十分に表現するのが極めて難しいのに
 それを「吹奏楽」という形態にアレンジして演奏するのですから、
 村松先生の当時の御苦労も大変なものがあったのではないかと推察されます・・・・

 だけど・・・・

 就実の「幻想舞曲集」は、ほぼ「完璧」に近いと思います。

 Ⅱ・夢も、まず何が素晴らしいかと言うと、
 木管を中心とするソロ陣の音色・サウンドとしての魅力が大変素晴らしく、
 ああした「陶酔感」・「ファンタジー感」を音だけで表現する事は大変難しいのに
 音そのものだけで十分そうした感覚を見事に表現していたと思います。
 特にコールアングレ・フルートが素晴らしい!!
木管セクション、特にクラリネットの「音のひそやかさ」は他校では絶対にマネができないような
 「美的限界」をとっくに超越したゾクゾクさせられるものがありました。
 あまり目立たないけども幾分ヴィヴラートを掛けたトランペットの弱奏も小太鼓の弱奏も
 木管セクションを陰から見事に支えていたと思いますし、
 コントラバスの低音の支えも実に良かったですね!!

そして・・・・

 更にⅢの「酒宴」はまさに圧巻でしたね!!!!

ファンタジー感・陶酔感にプラスして、なにか「憑りつかれた様な狂気」みたいな香りも
 決して嫌味にならない程度に抑制されて表現されていましたし、
 やはり木管、特にクラリネットセクションの「音の粘り」は「素晴らしすぎる!!」以外の言葉しか
 出てきません・・・!!
なんであんな繊細で美しい音を出せて、どうしてあんなに優しくもあり陶酔感と焦燥感に溢れた
 表現が出来るのだろう・・・・
 本当に演奏者は、普通の女子高生なのだろうか・・・・
 何か特別な訓練でも受けているのか・・・
 みたいに勘ぐってしまうのですけど
 「普通の高校生と普通の先生が手作りで作り上げた音楽」なのですよね・・・・

 一体どうすればあんなに美しくもあり妖しくもある世界を構築できるのだろう・・・・

 あの演奏から既に30年以上経過していますけど、その「答え」はいまだに出てきません・・・・

 とにかく「吹奏楽コンクール」は過去も現在も素晴らしいドラマを私達に見せてくれていますけど
 1982年の就実高校のあの「幻想舞曲集」の演奏は、
 私にとっては・・・・
 「奇跡の演奏」以外の何者でも無い・・・・
 自分の心の中では・・・・、もはや「伝説」の領域ですね・・・・
 就実高校としても、この年以降は、素晴らしい演奏を聴かせてくれた年もありますし、
 「期待外れ・・・」みたいなスカ演奏の時もあります・・・・
 要は、音楽と言うのは、特にコンクールにおいては、
 一発勝負みたいな怖さとか「一期一会」みたいなものは多々あると思うのですけど
 就実のこの年の演奏は、まさに「奇跡の出会い」みたいなものですね・・・・

 とにかく・・・・

 あの奇跡の演奏から既に33年程度経過していますけど
 村松先生、当時の就実の演奏者の皆様に、33年後の私が埼玉の地から
 「ありがとう!!」と感謝の言葉を申し上げたいです!!
心の底から敬意を表したいと思います。

 就実の「幻想舞曲集」は、ティンパニーは2台しか使用されていません。
 普通ティンパニーは4台で1セットなのですから、これは珍しいパターン・・・
 だけどティンパニー奏者のリズムの決め方は、とにかく「打点」がしっかりと叩きこまれているから
 ともすれば「ふわふわ」とした感じに陥りやすいこの曲をリズムの面から支えていました。
 Ⅲ・「酒宴」においては・・・・
 アルトサックスが良い音を聴かせてくれていました。
 特にラスト近くで一旦静かになり、その静粛の中、アルトサックスが朗々とソロを奏でていましたけど
 あれは本当に「うっとりとさせられる陶酔感」もありましたし
 「危険な香り」もありました・・・・
 そしてラストは全員でズドンと決めてくれ、
 とにかく「凛としたもの」・「決然としたもの」も見せてくれて終わらせ方も完璧でした・・・!!

この吹奏楽アレンジ版による就実の「幻想舞曲集」を聴いた後、
 とにかく当時住んでいた仙台市内のレコード店を色々と探してみたのですけど
 トゥリーナという作曲家自体の作品が一つも見当たらない・・・
 当然この曲のレコードも入手できませんでした・・・・
 1984年に上京し、一人暮らしをするようになって以降、
 秋葉原~神田あたりを探索してみると・・・・
 すぐにこのトゥリーナの「幻想舞曲集」を発見する事が出来ました・・・・
 (うーーん、さすが東京は違う!!)

あんなに仙台で散々探し回っていたレコードが結構容易に発見することが
出来ましたからね・・・

入手したのは、アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団の演奏でした。
このレコードジャケットも、いかにもスペインの田園風景みたいな感じで
すごく気に入りました。
このレコードは今でも自分の「宝物」みたいな感じもします。
ま、確かに少々音源が古いもので、決して完全な録音ではありませんけど
このアンセルメ盤を超える名演は、いまだに出てきていないと思います。

トゥリーナは、ファリアと大体同じ時期の作曲家でしてファリアの親友でもあります。
ファリアの一番有名な作品のバレエ音楽「三角帽子」の初演当時の音楽を担当したのが
確かアンセルメでしたから、
もしかしたらそのあたりの絡みでアンセルメがこの「幻想舞曲集」を録音したのかな・・・??
「幻想舞曲集」は、元々はピアノ曲なのですけど、
トゥリーナ自身によって管弦楽にアレンジされています。

この曲は以下の三曲から構成されています。

Ⅰ.情熱

Ⅱ.夢

Ⅲ.酒宴

吹奏楽コンクールでは、82年・就実、92年・三重大学のようにほとんどの場合ⅡとⅢの組合せですけど
実は意外といいのがⅠの情熱なのです・・・
ま、「情熱」といってもフラメンコとか闘牛みたいな華麗なものではなくて、
心の中の「うす暗い情念」という感覚に近いです。
決して華やかに盛り上がる部分ではありませんけど、
何か人間の心の深層のどす黒い面を何か暗示しているようにも聴こえてしまいます。
Ⅱの「夢」は本当に素晴らしいです!!
何かこの部分を聴くだけで「とろけてしまいそうな」感覚に陥ります・・・
Ⅲは全体に静と動の対比が素晴らしいです!!

でもⅠの「情熱」がある意味ホント、スペインらしい感じなのですよね・・・

確か就実高校も、支部大会で落ちましたけど、ⅡとⅢではなくて、ⅠとⅢの組合せで
臨んだ事もありましたね・・・

トゥリーナというと他にも

〇セビリア交響曲

〇交響詩「ロシーオの行列」という素晴らしい作品を残しています。

アンセルメ以外では、
ナクソスレーベルのダルマン指揮/カスティーヤ・イ・レオン響もいいですけど
最近発売されたメナ指揮/BBCフィル も中々素晴らしいと思います。







話は少しそれますけど、
この「幻想舞曲集」を聴いていると
何かこの曲に妙にマッチする漫画を思い出してしまいます・・・・

何かと言うと・・・・

高橋葉介という漫画家の「ヨウスケの奇妙な世界」という確か4~5冊から構成される漫画なのですけど、
あの妖しい作風、繊細さと粗さが混在したタッチ、
「ハピネスチャージプリキュア」ではありませんが「愛は幻、幸せは一瞬・・・」みたいな事を表現した世界観・・・・

なんかあの漫画を読むと
この就実の「幻想舞曲集」の繊細さと妖しさの世界とが
妙にリンクしてしまうのですよね・・・・
特に・・・・
「不発弾」・「卵」・「墓堀りサム」・「ミルクがねじを回す時」・「笛」・「触覚」・「荒野」といった作品が
特に印象的でしたね・・・
ま、ちと悪趣味に走り過ぎているけど・・・・(苦笑・・・)

最後に・・・・

就実高校は昨年久しぶりに全国大会に出場し、ま、結果は銅賞という結果になりましたけど
とにかく「共学校」としての新しい歴史が始まったのです。
村松先生の時代を超える「素晴らしい演奏」をとにかく期待していますし
それは出来ると確信しています!!

村松先生は現在もご健在で、たまーに演奏会で指揮をされているとも聞いております。
とにかくいつまでもお元気で過ごされて欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1911-481b1fa9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |