プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1/28(水)の南関東はとにかく寒かったですよね・・・・
前日が奇跡的な「小春日和」のポカポカした陽気だっただけに、この寒暖の落差は
かなり堪えます・・・・
というか・・・・
木曜と金曜はもっと寒くなるみたいですね・・・
金曜は雪の可能性もあるとか言っていましたけど・・・・

こういう時って、「内勤」がたまーにですけど羨ましくなることもあったりします・・・

自分のように、「営業担当」ではないけど、一日外を廻っているような立ち位置の人間にとっては
こうした寒い日は出来る限り室内で仕事をしたい・・・・
だけど中々そうもいかない事情もあったりするものでして・・・・(苦笑・・)
あまり極端に寒いと、工事担当の方もよく
「こんなクソ寒い時に現場管理もへったくれもない・・・、こういう時は見積もり作成に専念する・・・!!」とか言って
なぜか内勤に専念する方もいますけど、
「おいおい、現場管理と工事進捗監理があんたらの役割だろう・・・・それを怠るからこんなつまらんクレームばかり
起きて、CS担当の自分があとで痛い目にあうっちゅーに!!」と
余計なツッコミを入れたくもなりますけど
ま、それを言ってしまうと・・・・
かえってややこしい事態になってしまいますから・・・・
それは自分だけの胸に秘めておきましょう・・・・

何か先日感動的な最終回を迎えた「ハピネスチャージプリキュア」のマヌケ三幹部の一人の
ナマケルダが「生瀬さん」として無事に人間社会に復帰を果たし
「会社勤めは面倒くさいですぞ・・・」とナマケルダらしい発言をしていましたけど、
ま、その発言には・・・・・
かなり同感するものがあったりしますね・・・・・(笑)

さてさて・・・・

そんな寒い日には、「生姜」が自分の中では密かな(?)マイブームになっていたりもします。

先日の記事の中で

「家ですりおろした生姜を
容器に入れて普段持ち歩き、
例えば・・・・
温かい緑茶や紅茶、スープ・うどんやそばに入れるだけでも
瞬間的にはかなり温まったような感じもします」

と書きましたけど、

最近コンビニを覗いてみると、何か面白い飲み物が売られていました。

それが何かと言うと、伊藤園で発売されている「大地のスーパーフード ジンジャー&アップルシナモンMix」」です。





これは・・・・

ペットボトルタイプでは生姜を11g分、紙パックタイプでは生姜8g分を使用し、
その他に、りんご果汁・りんご酢・シナモン(桂皮)を加えることで、フルーティーに飲みやすく仕上げています。
ま、一つの「健康飲料」という感じですね・・・・

これって、今現在ならば・・・・

ファミリーマートでTカードを提示して購入すると、Tポイントが50ポイントも付与されますので
かなりのお得感はあると思います。
先日自分自身も、5本まとめ買いしてしまい、250ポイントも貯め込んでしまいました・・・・

この飲料の味なのですけど・・・・

うーーーん、何て言うのかな・・・・

いかにも「生姜」という感じです・・・、生姜にフルーツで味付けしたような感じで、
「甘ったるいのだけど辛い」という何とも言えない奇妙なアンバランスがあり、
その感覚が結構面白いようにも感じられます・・・・
ま、「生姜」が苦手の方は、止めておいた方が無難なのかも・・・
一見飲みやすいのだけど、二口三口飲み続けると、喉に「独特な辛さ」が伝わってきて
何とも言えない不思議な違和感が伝わってきます・・・・
ま、舌を激しく刺激するようなビリビリとした辛さではないのですけどね・・・

これって「ホットタイプ」は無いのかな・・・・と思って探してみたのですけど
無いようですね・・・
冬なんだし、生姜だから「温かいタイプもあってもいいのかな・・・」と思い、自分の家で温めて飲んだのですけど、
これは止めておいた方がいいかもしれません・・・・
ヘンに温めると「辛さ」だけが伝わってきて、
少なくても「美味しい」とは思えませんでしたね・・・、ま、普通にコールドタイプを飲んだ方が
いいかもしれません。

でもな・・・・

あの独特の甘さとジンジャーの辛さは面白いけど、かなり「クセ」はありそうだし、
大衆受けする飲み物ではないですね・・・・
何か面白い使用方法ないかな・・・と思っていたら
いい方法を一つ発見・・・・!!
何かというと「豚の生姜焼き」です。
豚のロース肉と玉ねぎを炒めて、生姜そのものと、濃口醤油+ぼん酢を加え
この伊藤園のジンジャー&アップルシナモンを入れると
甘さと辛さとフルーツ感がうまーくミックスされて
自分で言うのもなんですけど
「あれれ、意外と美味しい・・・」と思ったものです・・・・

うん、これならばご飯は何杯でもおかわりできそうですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

斬新!

生姜焼きにジンジャー&アップルシナモン…。
ジンジャー&アップルなら判るけど、シナモンも入ってるのよね。
でも、確かにフルーティになるかもしんない。
お肉もやわらかく仕上がりそうだし。
生姜焼きって、なんであんなにごはんと合うんでしょうね。

ちなみに私は、スライサーで薄くスライスしたものをハチミツに漬け込んどいて、エキスが出たらお湯に溶かして飲んでます。もちろん、柔らかくなった生姜も一緒にいただいちゃいます(笑)
ゆず湯の生姜バージョンですね。
これを紅茶に入れても美味しいですよ。
甘い紅茶が好きならですが…。

おこたに入って飲む生姜湯…。
立派なおばあちゃんになれます(笑)

Re: 斬新!

mama.ikuko 様

なるほど・・・・

「ゆず湯の生姜バージョン」ですか・・・
これは美味しそうですし、確かに紅茶にも合いそうですね。
ちなみに、うちの奥様なんかは
既に砂糖を入れてある紅茶に杏ジャムをいれ、「ロシアンティー」みたいにしていますけど、
これはいかにも「甘党」の発想ですね・・・・
自分なんかは、やっぱり「わかめスープ+卵+大量の生姜」ですね・・・

たしかに「こたつにミカン」とか「こたつで生姜湯」は合いそうですし
日本人の「心のふるさと」というか「冬の風物詩」みたいな感じですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1909-30c3bd3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |