プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.基町高校

  C/歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲

  前回、市立川口高校の「無言の変革」~そこに人の影は無かったについて
  延々と長文記事を書いてしまいましたが、
  とにかくあの演奏は、その音楽的中身はともかくとして、
  聴く者に「何か思わずのけぞってしまうような圧倒的なインパクト」を残したことは
  紛れも無い事実だと思います。
  前回もチラッと書きましたけど、この1982年の市立川口の全国大会での演奏を生で聴いた人が
  大学時代の吹奏楽団のメンバーの中にいて
  彼に「実際生で聴いてみてどうだった・・・?」と聞いてみると
  「とにかく普門館の会場の雰囲気を呑みこんでしまう圧倒的な威圧感はあった・・・
  問いと違ってそこに人の影は無かったはカリヨンが響いて静かに終わるのに、演奏が終了しても
  会場内は、今のは一体何だったんだ・・・・
  みたいなざわざわした雰囲気がずっと漂っていた・・・・」と言っていました・・・・

  市立川口の次に演奏したチームは広島の基町高校と言う
  市立川口みたいな過激で毒の要素が満載の学校とは全く異質なもので、
  要は、「ごく普通の公立高校」です。
  
  だけど・・・・・

  市立川口の次に演奏するとなると、何かとてつもなく気の毒に感じてしまいますし
  奏者としても相当やりにくいものはあったような気もします・・・・
  だってあの特殊打楽器鳴りまくりのとにかく聴くものを音響だけで威圧しまくった市立川口の
  演奏わずっとステージ袖で聴いて
  そして自分達の本番ですからね・・・・・
  こういう場合、「彼らは彼らの演奏・・・・、自分達は自分達の音楽をするだけ・・・」と
  ある程度気持ちをしっかりと持っていないと
  普門館での本番は中々厳しいものがあると思いますね・・・

  でもさすが・・・・

  ベテラン指揮者の増広先生を擁する基町高校吹奏楽部のメンバーの皆様は
  市立川口のあの過激な演奏にビビる事なく
  おそらくは普段通りの演奏をのびのびと楽しんで吹いていたような印象があります。
  増広先生は、この年で残念ながら勇退・・・・
  だけどこの年配のベテラン指揮者による演奏は、
  いかにも「おじいちゃん先生がゆったりとした子守唄で孫をあやすような」演奏を聴かせてくれ
  とてものびのびとした「手作りの温かい音楽」を聴かせてくれていました。

  課題曲C/アイヌの輪舞も中間部で極端にテンポを煽る事も無く終始落ち着いたテンポを保って
  いましたし、技術的に全然難しくないこの課題曲でも手を抜くことなく誠実に音楽にしていたと
  思います。
  ウィンザーの陽気な女房たちもこの先生の持ち味にドンピシャという感じですね・・・
  この曲は増広先生もかなりのお気にいりの曲だったようで、
  先生の在籍期間中に何度も自由曲として選曲されていましたよね。
  序奏のゆったりとした部分はたっぷりと歌っているし
  アレグロに入ってからも大変生き生きと音楽を語っているし
  「私はこの曲が大好きだ!! そして演奏している生徒たちもみーんなだーいすき!!」みたいな
  愛情たっぷりの「優しいやさしい世界」がずっと展開されていたと感じました。

  この自由曲は、木管、特にクラリネット奏者にとっては結構厄介な曲でして
  出だしから曲が終わるまで、ほぼ「休み」が無い・・・・
  ほとんど吹きっぱなしの状態です。 
  しかも後半に入るほど、細かい音符が続いていくのですけど
  基町のクラリネット奏者たちはそれに臆することなく、終始「ゆとり」を持って吹いていましたので
  同じクラリネット奏者としては
  「すごいな・・・」とも感じるものは相当ありました。

  とにかく基町の「あたたかい音楽」に感謝の気持ちで一杯です!!

市立川口の「斬新な挑戦」も立派なコンクールの一つの形態
  そして基町の「手作りの音楽」も素敵なコンクールの一つの形態・・・・

  やっぱり「吹奏楽コンクール」は一日に何度もこうした方向性が全く異なるチームの演奏を
  脈絡なく聴くことが出来るから
  やっぱりいいものですね・・・・
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1903-3cf685b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |