プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽カテゴリで、過去の全国大会・支部大会の演奏について記事にする事も
多いのですけど、
それを書く際に、やはりそのチームの演奏を改めて聴くことも結構多いです。
というか、最近ホント、マジで記憶力&頭の悪さに拍車がかかり、過去の演奏についても
「記憶」だけで書いてしまうと、
後で「あ・・・、いっけね・・」なんてこともあったりもしますので・・・・

だけど私が記事にするのは、1980年代~90年代の演奏が多いので
その音源は・・・・
勿論、CDとか最近ではYou Tube等でダウンロードしたものが多いのですけど、
トラヤ・日本ワールドレコード社・ブレーンの「カスタムテープ」という音源も結構多いです。
この「カスタムテープ」には、課題曲も自由曲も収録されていて、
拍手・アナウンスなど全てが含まれていますので、資料としても大変貴重だと思います。
最近、ブレーン社の「レジェンダリーシリーズ」とか過去の名演集等で
結構過去の素晴らしい名演がCD化される事も多く、
私としては大変有難い限りなのですけど、
大抵の場合、それは「自由曲」のみの収録で、課題曲の演奏は含まれない事がほとんどです。
カスタムテープの場合、
実況アナウンス・課題曲・自由曲・拍手・会場の雰囲気があますところなく収録されていて
当時の雰囲気を知るにはかなり貴重なものとなっていますけど、
それを保存するものは「カセットテープ」なので、
やはり10年以上経過すると、音のひずみとかが出てきますし、
またテープですので、デッキにテープが絡んでしまう危険性もあったりします。

確か1990年代の後半頃だったかな・・・・

従来の「カセットテープ」に代わる保存用ツールとして「MD」(ミニディスク)が世に出てきたのは・・・・

最初にこれを見た時は・・・
「これすごーい、カセットテープみたいにかさばらないし、テープみたいに音がひずんだり機材に
テープが絡む心配も無い・・・・
永久性はないけど、ある程度音質はキープできるし・・・
これは・・・
もしかしてカセットテープに代わる救世主・・・??」と思ったものでしたけど・・・・

実際は・・・・

うーーん、思ったほどは普及しませんでしたね・・・

というか、このMDが登場して間もなく、i-Podが登場し、あっという間に普及し
「CDで音楽を聴く時代」から「ダウンロードして音楽を聴く時代」に
変わってしまいましたからね・・・・

だけど・・・

1990年代中ごろ、私なんかは
「カセットテープなんて時代遅れ・・・、これからはMDが中心となる・・・」みたいに勝手に予測し、
当時持っていたトラヤ・ブレーン・日本ワールドレコード社の「カスタムテープ」をほとんど
MDに移し替えてしまいましたからね・・・・(苦笑・・・)

だから・・・・

いまだに・・・・

非常にアナログな話でお恥ずかしい限りなのですけど、
過去の吹奏楽コンクールの実況中継の録音を聴く場合、
いまだに「MD」で聴くことも多いです・・・・

ま、だけど、MDの音質はそれほど悪くないし、
普門館の広い会場で独特に響き渡る音を結構今でもクリアに再現していますから、
ま、それはそれでいいか・・・・

先程「カセットテープ」とか言いましたけど、
最近の若い世代の皆様、もしかして平成生まれの皆様方は・・・・
既に「カセットテープ」なんて言葉自体、既に「死後の世界」なのかもしれませんよね・・・・・






「ドキドキプリキュア」第四話(四葉ありすがプリキュアとして覚醒した回・・・・)で
登場した怪物(ジコチュー)は、
まさしくその「カセットデッキ」なのですけど、
主人公ピンク系プリキュアのキュアハートが
「カセットってなーに?」と六花に訪ねていたくらいですから
ま・・・、確かに「カセットデッキ」自体、過去の遺物なのかもしれませんよね・・・・・

最近、何かうちのミニコンポ(→これも死語の世界かも・・・・・??)に掲載されている
「MDデッキ」の調子が今一つ・・・・
たまーに音が飛んだりします・・・・

まずい・・・・、これが壊れたら・・・・

あの膨大な「過去の吹奏楽コンクールの実況録音」が聴けなくなってしまう・・・・(苦笑・・・)

壊れたら修理を・・・と思っても
修理できる所がもうないかも・・・・
「部品取り寄せ」となっても、その部品自体が存在しないかも・・・・

やっぱり、私、アナログ人間ですね・・・・・(苦笑・・)

そうそう、だけど「カセットデッキ」は、その手ごろさとか過去の古いカセットを聴きたい人のニーズもあるようで、
ラジオの通販では、
今でも結構人気商品のようですね・・・・

そういえば・・・

むかーし、「CDMD付ラジカセ」なんてのもありましたけど、
さすがにこれは中古品すらないでしょうね・・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

実はまだMD持ってます(笑)
しかもHi-MDです。
娘のピアノの練習の復唱用にメモリーレコーダーを最初購入したのですが、マイクを変えても音質がイマイチなので
思い切ってまだラインナップされていたsonyのポータブルMDレコーダーを購入しました。
流石にHi-MDのPCM録音はマイクさえしっかりしたものを選べばなかなかの臨場感で録音できます。
その昔ベータカムでPCM録音した時のことを思い出しました。
そろそろハイレゾの時代が一般化しつつあるので、また新たな録音機器が出てきてますね~。
楽しみです。

ミニディスク

エンドー 様

コメント頂きありがとうございます。

私と同じように「MD」をお持ちでしかも現在も使い続けておられる方からのコメントは
大変嬉しいものがあります。
何か「仲間がいた・・・」みたいな気持ですね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1895-05b7bf18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |