FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前作「ドキドキプリキュア」のベスト1回は・・・?と聴かれると
多分迷うことなく、第40話のまこぴー新曲発表会を挙げると思いますけど、
それでは「ハピネスのベスト1回は・・?」と聴かれたら
これも文句なく「アンラブリー回」と言うと思います。
そのくらい、あれは大変インパクトがあり内容的にも素晴らしいものがありました・・・・
あれは・・・・、多分自分の中でも歴代プリキュアのベスト10の回に入れても構わない回だとさえ
思っています。

ハピネスの物語は、勿論このアンラブリー回以外でも
ひめといおなの確執解消の一連の流れの回とかファントムを看護するゆうゆうの回とか
ファントムVSキュアハニーの戦いの回とか
クイーンミラージュVSラブリーの戦いの回とか
先日の誠司悪堕ちの回とか
色々と名場面は数多くありました・・・
だけどあの「アンラブリー回」だけは別格ですね・・・、あの回は特に神がかっていました・・・・

というか、あの回を改めて見てみたのですけど
とても日曜の朝8時半から放映されている健全な幼児番組とは全然思えないですね・・・・
あそこまで、めぐみの「心の弱さ」に踏み込みめぐみの心の隙を抉るとは・・・・
今見ても、「信じられない・・・」という感じですね・・・・
極めて感銘度の高い回だと思います。
(ま、もっとも、映画「人形の国のバレリーナ」もめぐみの軽はずみな余計な一言が
 最終的にめぐみ自身を苦しませ、めぐみの心の弱さをこれでも・・・!!という程抉り出している
 とてつもない名作誉れ高い作品ですけどね・・・)

余談ですけど・・・
ファントムの正体は、ミラージュのかつてのパートナー、妖精ファンファンという事が判明したのですけど、
何かあの泣き顔みたいなファンファンの顔とあのファントムの雄姿が全然一致しないのですよね・・・(苦笑・・)

ましてや・・・・

ファントム=アンラブリー=妖精ファンファンと全然リンクしてこないのですよね・・・・(苦笑・・・)

でもね・・・・

現在のファンファンは大使館に居づらいだろうな・・・・

夜になると・・・・

どうせひめはグースカぴーすか大爆睡でしょうし、
寝室では・・・・
ブルーとミラージュがイチャイチャしているから、いたたまれないかもしれませんよね・・・(苦笑・・)

うん、やっぱりそうですよね・・・・

ファンファンは、おおもりご飯に居候すべきですね・・・・!!

そして・・・・

毎回毎回ご飯の度にゆうゆうに「ごちそうさま・・・」みたいなセリフを言ってくれると
何かそれだけで幸せな気分になれそうですね・・・・(苦笑・・・)





d0739677_convert_20140902192058.jpg

eba095a5_convert_20140902192130.jpg


でも・・・・

アンラブリーのえぐい心理攻撃はすさまじかったな・・・・
耳元でささやくように
「めぐみは本当は誰の役にも立っていない・・・」と言う所は
「小悪魔・・・」以外の何者でも無いですね・・・

ま、だけど
あの回の「めぐみは本当は誰の役にも立っていないのでは・・・・?」という疑問から
深大寺マミさんのロケット発射のお手伝い時の
「何でもかんでも足を踏み入れるのではなくて、自分に出来る事から始めてみよう・・・」みたいに
変化していき、
そして・・・・
最終的にめぐみが出来る事、そして一番望んでいる
「この小さな街で誠司と共に生きていく・・・」という「めぐみ自身が見つけた幸せ」に出会っていくという
物語になっていきましたので、
やはりあの「アンラブリー回」の重要さはとてつもないものがありましたね。

以前も書いたのですけど、年末年始のお休みの際に、
ハピネスの物語を第一話からずーーーっと見続けていたのですけど、
ひめといおなの確執解消あたりまでは、
ハピネスの主人公は「ひめ」のようにも感じてしまうほど、ピンク系主人公なのに
扱いはやや不遇かな・・・とも思わなくはなかったのですけど、
後半以降は、やっぱりハピネスの主人公は・・・・、言うまでも無く「ラブリー」でしたね・・・・

ハピネスの物語は、ゆうゆうといおなという最初の段階から比較的完成されたキャラがいて、
それに対してひめとめぐみというポンコツキャラがいて、
前半はひめの成長を、そして中盤から後半にかけて「めぐみ」の成長を大きく描いていたと思います。
やっぱり主人公が序盤にポンコツだと、その分その後の「成長」をドキドキしながら見れるから
そうした傾向の方がやっぱりプリキュアらしいですよね。

さてさて・・・・

間もなく「プリンセスプリキュア」が始まるのですけど、
うーーん、やっぱり何度予告編を見ても
フローラは「アホ」にしか見えない・・・・・(苦笑・・・)
フローラは、「花のプリキュア」という扱いらしいですけど、
「花」というと、2代目のSSもモチーフは「花鳥風月」で、キュアブルームというか日向咲というのが
「花」のプリキュアでしたけど、
フローラもブルームも「明るく元気なおバカさん系」というのは何か似ているかも・・・・??

それにしても・・・・・

「キュアトゥインクル」(きらら)は一体何ですか・・・・あれは・・・、
マジで可愛過ぎますし、
黄色系なのにピンク系主人公の人気を一人で食っちゃいそうな勢い・・・・(苦笑・・・)
よーく見てみると、トゥインクルは「3番目のプリキュア」という事で
まだしばらくはプリキュアとしての姿をお目に掛れないのですね・・・、マジで残念・・・・

さてさて、話をハピネスに戻しますと、
何度見てもレッドの「青い地球を見るとムカムカする・・・」という例の主張はやはりしょぼいですね・・・(苦笑・・)
あんなつまらん理由で侵攻される地球人はたまらんでしょうね・・・・
言い換えると理不尽な主張・・・・

フレッシュあたりから芽生え始めたテーマでもあり
ドキドキで顕著になった
「敵と仲良くする事は出来ないのか・・」という問いなのですけど、
それは今作のハピネスではどうなるのか・・・・
あんなしょぼい理由で世界を破滅に追い込もうとするレッドに対しても
それでも「敵と仲良く出来ないか・・・」という理屈は通用するのか・・・という点も少し着目しています。
「敵と仲良く・・・」という表現よりは
そうですね・・・・
「敵を許すことは出来るのか・・・」という問いに置き換えても良いと思います。
この場合の「敵」とは
プリキュア達のさりげない幸せの場でもある「日常」を破壊するものだと思います。
プリキュア達は、別に「国家」対「国家」とか「イデオロギー」対「イデオロギー」という事で戦っている訳でも
なんでもない・・・・
あくまで、「自分達の日常をぶち壊すもの達」との戦いなのです・・・・

確かにレッドの行為はとうてい許しがたいもの・・・・

だけど確かにレッドにも遠い過去においては、そうした「小さな日常の幸せ」を守護する立場にいたもの・・・

果たしてその辺りの最終的な兼ね合いをどうやって
プリキュアらしい決着で収めるのか・・・・
レッドを許すことは出来るのか・・・・
それともまさかまさか・・・・、ブルーがレッドと刺し違えるか・・・・・??
(もしもブルーが最後の最後にそうした刺し違えという選択をし、レッドと共に消滅したら・・・・
 少しはブルーの株も上がってエンディングを迎えるのかな・・・・苦笑・・)

そのあたりも「最終回」は、心を締めて見ていきたいと思います。

ま、本当に泣いても笑っても後一回で終わりですからね・・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1892-a2fc888e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |