FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日、日曜日の夜に家に戻って何気なくテレビのリモコンを廻していたら
どっかで聴いたことがある音楽が流れていました。
「あ、そうそう・・・、この曲はレスピーギのローマの松だ・・・」と思っていたら
この日は、Eテレの夜9時からサンティ指揮/NHK交響楽団の定期演奏会の模様が放映されていました。
私が家に戻ってきたのが夜9時40分頃だったから、
もう少し早く帰宅していれば、
ロッシーニの「どろぼうかさざき」序曲とかベルリオーズの「ローマの謝肉祭」とか
チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」といった私が結構お気に入りの曲を聴けたのに残念・・・・
だけど、「ローマの松」を聴けただけでも御の字ですね。

演奏は素晴らしかったけど、
バンダ(別働金管部隊)は、オケと同じステージ上で吹いても少し効果に欠けるんじゃないのかな・・・・?
このバンダは、例えばパイプオルガンの位置からとか
二階客席からなと゜のように
オケの位置から離れた場所から吹き鳴らすから「遠近感」みたいな効果を感じられるのに
これでは、あまりバンダの意味が弱いかも・・・・
ま、音響の極めて良くないNHKホールだから、元々そういう「遠近感」みたいな効果を期待する方が
間違いなのかな・・・・??
でも・・・、やっぱりN響はうまいですよね・・・・!!
特に管楽器の一人一人が上手なので、ソロでも音が薄い部分でも
全然貧弱と言う感じがしませんし、とても魅力的な音を出していましたね。
(ま、思わずそう感じてしまうのは、吹奏楽コンクールの聴き過ぎによる弊害なのかも・・・苦笑・・)
特にファゴットなんかホント「縁の下の力持ち」みたいに、見えない所で良い仕事をしていました!!

第Ⅳ曲/アッピア街道の松はやっぱりいいですよね・・・・!!

多分この曲は、古今東西あらゆる管弦楽曲の中でも
断トツに華麗で色彩効果もある聴くだけで「スカッ」とした気分になれる曲だと思います。
特に「アッピア街道の松」なんか、
あれを車内の移動時間中に聴いてしまうと、
非常に危ないかも・・・・??
あれは、まさに音楽の「イケイケ」ですね・・・・

さてさて・・・

この曲は第一曲と第四曲はかなり騒々しい音楽で、第二曲と第三曲は比較的静かな音楽で
その「対比」が極めて鮮やかですね。
だけど第三曲/ジャニコロの松なんかしっとりとした感じていいですね・・・・
冒頭のクラリネットのソロも大変美しいし瑞々しい・・・・
ちなみにこの「ジャニコロの松」の部分のラストで、録音テープによる「うぐいすのさえずり」が流れますけど
クラシック音楽史上、この曲は初めて「録音」したものを曲の中に取り入れた最初の曲という位置づけに
なっています。
「ジャニコロの松」は、あれは・・・・「ppの熱演」が求められ
指揮者にとっては腕の見せ所ですね・・・
逆にああしたしっとりとした部分があるから、第四曲/アッピア街道の松の絢爛豪華さが
生きてくるのですけどね・・・・

さてさて・・・・

第一曲/ボルゲーゼ荘の松では、
打楽器に一つ珍しい楽器が登場します。

それが何かと言うと「ラチェット」という体鳴楽器です。
この楽器は別名「ガラガラ」とも言われているのかな・・・・

歯車と、薄い木片などの舌から構成され、
舌の一方を固定し、他方に歯車を合わせ、歯車が回転すると、歯車の歯が舌をはじき
これによって音が出るという基本構造になっています。
これが継続するため、大きなガラガラという音が出ます・・・・

全体を手などで保持して、歯車をハンドルで回して音が出るハンドル式と、
ハンドルをつかんで全体を振り回して音を出す振り回し式の
二つのタイプが楽器として存在します。

1/18のN響の放映では、ちらっとしか見えなかったので正確かどうかは分かりませんか
確かハンドル式だったような感じです。






ちなみに、上記は「振り廻し式」です。

見た目には、確かに木の板が何かクルクルと回転するような感じです。


414zmhCKmmL__SY300_.jpg


こちらは「ハンドル式」です。


この「ラチェット」ですけど、それほどオケでは使用される機会は少ないです。

この「ローマの松」以外では、
ベートーヴェンの「ウェリントンの勝利」とかチャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」とか
R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピケールの愉快ないたずら」くらいかな・・・・
だけど、「ティル・・・」はかなり効果的に使用されていると思います。

何年前かな・・・・・

一度東京芸術劇場の日本フィルのサンデーコンサートを聴いた時
この「ローマの松」が演奏されていて、
この時の「ラチェット」はかなり目立っていました。

上記の方式で言うと「振り廻し式」なのですけど、
打楽器奏者が頭上にこのラチェットを持ち上げ、頭上でこの楽器をブンブンと振り回していましたので
かなり目立っていましたし
とてもインパクトがありました。

ちなみに・・・

「ローマの松」のⅣ.アッピア街道の松では、
ティンパニー・大太鼓・シンバル・ドラが壮絶な大音響を叩きつけていますけど
(あの部分の大太鼓奏者なんて気持ちいいでしようね・・・・)
トライアングルを二人の奏者が鳴らしていますので
かなり金属的な音がホール内の空気を駆け巡りますので、この響きも結構面白いと思います。

ま、実際にはトライアンクル2台でも、
金管とバンダの圧倒的な響きの前にはかき消されてしまいがちですけどね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラチェット

お久しぶりです。
ラチェットですが、以前所属していた市民バンドでコンクールに出場した際に、パーカッションが使ってました。
記憶に間違いがなければ「ぐるりよざ」の第3楽章の後半部分だったと思いますが・・・。
そういえば「ガラガラ」って言ってたような気もします。

ぐるりよざ

某大学の卒業生 様

コメントありがとうございます!!

さてさて「ぐるりよざ」ですけど、Ⅲ.祭りに「ラチェット」が使用されていたかどうかは
ちょっと分かりません。
祭りの後半は、トムトム・大太鼓・ドラ・チャイムが大活躍しますので、
「あれれ・・・、ラチェットなんて使っていたかな・・」という印象です。
あ、すいません、この辺りは正直よく分からないもので・・・

Ⅱ.唄のラストで「魚板」がゴチーンとすさまじい音を立てていたのはすごい印象に
残りましたね・・・

訂正します

今日、久しぶりに当時の演奏を聞いてみたところ第1楽章だったみたいです。
1楽章のゆったりしたテンポのあたりからテンポが変わって、サックスのユニゾンにつながるあたりだったかも知れません。
10年以上前のことで、どうも勘違いしてたようです。
第1楽章といえば「オーグローリーヨーザードーミーナー」と男声コーラスつきでしたが、今はコンクールの規定で歌を歌ってはいけないみたいですね。
今はどうやって表現するのか気になります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1890-ab1cc6ed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |