プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いよいよ「ハピネスチャージプリキュア」も次回で最終回!!

そしていよいよ「プリンセスプリキュア」の登場ですね!!

どちらも期待感で一杯です。

ま、というか・・・・「ハピネス」については、
前回の「めぐみと誠司」の「今後の愛の示唆」でもって、大体完結したようなもの・・・・
自分にとっては前回でもって「ハピネスの物語は一応完結・・・」みたいな感じもありましたので、
正直、残りの問題である「レッドをいかに料理するか・・・」という問題は
うーーん、正直、「本流から外れている・・」みたいな感じもあります。
ま、その辺りは歴代プリキュアも大体同じ傾向でして、
別に「最終決戦」自体は大した話ではない・・・・
むしろ、その最終決戦に至る「心の持ちようの変化」とか「その最終決戦の前にどのような提示がなされるか・・」
みたいな方が大切みたいな感じもあったりもします・・・・

ま、それに・・・・・

うーーーん、レッドの話は・・・・
あまにもしょっぱすぎて少しテンションが下がりました・・・・(苦笑・・・・)

あれでは・・・・・

リストラされた中年サラリーマンが会社に逆恨みし、機関銃を社内で乱射しまくり
関係ない多くの人達に多大な迷惑を掛けた・・・・みたいな話ですね・・・(苦笑・・・・)

というか・・・・

かつて自分が守護したレッドという星が壊滅したのは
それはその星の守護神とも言えるレッドの責任以外の何者でも無い・・・・
それを全く無関係の地球に対して
「逆恨み」とも言える感情で崩壊に追い込む事時代、まるで「逆恨み」の話・・・・

ま、その辺りは歴代プリキュアの敵の最高親玉たちも
「なぜこの世を崩壊に追い込まなくてはいけないのか・・・」という動機付けが
必ずしも明確になってはおらず、
その意味では、ま、レッドの主張は・・・・、一応しょっぱい理由とはいえ
動機付けにはなっているから、まだマシかも・・・と思う反面、
本当に地球をはじめとする神々にはロクなのしかいない・・・とも感じてしまいますね・・・・・(苦笑・・・)

ま、そういうレッドが、
地球の神、ブルーが、ミラージュをはじめ色々な女の子をたぶらかしているのを見て
「カチン」と来てしまうのも、ま・・・、決して分からなくはないのですけど・・・
あれれ・・・、そうなるとやはり諸悪の根源は
結局は「ブルー」という事になってしまうのかな・・・・(苦笑・・・)





それでも・・・・

やっぱり「キュアラブリー」は、ハピネスの物語の主人公です!!

やっぱりラブリーこそがハピネスの主人公なのです!!

ああいうジコチューで理不尽な一応「神」に対しても・・・・

「思いや願いは決して消えたりはしない。あなたもよく知っているはず。
あなたはブルーと同じ。この星の生きとし生けるもの全てを愛していたんでしょう? 
失った悲しみだけじゃない。幸せな気持ちだってあったはず」
と言い切ってしまうラブリーはやっぱり素晴らしい!!

ダメでどうしようもない神々さえも、「超越」ではなくて「包み込んでしまう」その優しさと強さ・・・

それが「プリキュア」たる由縁なのです・・・!!

何か・・・・

今回の話は、

「キュアラブリーは無敵なんだから・・」というよりは

「キュアラブリーがあんたみたいな腐った根性を叩き直す!!
顔を洗って出直してきやがれ!!
私はプリキュアやって色々ミスったし失恋もした・・・
一度別の星を救えなかったという理由だけで私達を巻き添えにするな!!
一緒に滅ぼうだと・・・・!? ふざけんな!!
その腐った根性をこのキュアラブリーがフォーエバーラブリーフォームで叩き直してやる!!
その上で、改めて大森食堂で一緒にご飯を食べて
今後について色々と語ろう!!」

みたいな後日談みたいな脳内妄想が湧いてきそうな話でしたね・・・・


184c37e2_convert_20150119231850.jpg


61b2f012_convert_20150119231733.jpg


それにしても、やっぱりラブリーは主人公に相応しい!!

物語の中盤までは
「ハピネスの物語の主人公はプリンセスなのか・・」とも思ったほどですが、
やっぱりラブリーは素晴らしい!!

さすが私の「歴代プリキュア大好き四天王」の一角ですね・・・・!!

それにしても・・・・

前作の「ドキドキ」同様、
今回も主人公のピンク系一人だけが最終変容フォームになってしまうのかな・・・・
ドキドキでは、マナのみが「パルティノンモード」を得て
最終決戦では、ほぼ一人で撃破・・・・という結果になってしまいましたけど、
今回も「フォエバーラブリー」仕様を得たラブリー対レッドという一対一の戦いになるのかな・・・・

でも泣いても笑ってもあと一回で最終回・・・・

最終回は正座でもして心してみようかな・・・・(笑)

誠司との関係は・・・・
まだ正式な「愛の告白」はしていないけど、
個人的にはあのままでよいと思います。
だって・・・
誠司とめぐみは、既に心の中で通い合っていますからね・・・・
そういう時、かえって「言葉」は邪魔になるかも・・・・

さてさて、そうしている間に「プリンセスプリキュア」が近づいてきています。

前回の予告は、トゥインクルがメインでしたけど、
やっぱりトゥインクルは実にいいですね・・・・!!
私が放映開始前からピンク系ではなくて黄色系にハートキャッチされてしまうのは
初めてですね・・・・

さてさて、実際に放映が開始されるとどうなるのかな・・・・

それもまた楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1888-84e321fa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |