FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.淀川工業高校

 C/エル・サロン・メヒコ

 1982年のコンクールは、正直に書くと課題曲はコンクールの歴史に残る「課題曲の外れ年」だったと
 思います。
 こんなに課題曲に恵まれなかった年は極めて珍しい・・・・
 というか、課題曲B/序奏とアレグロが抜きんでる課題曲で、この課題曲だけは本当に
 素晴らしいと思います。
 課題曲Dは普通の感じ・・・
 課題曲AとCは、うーーん、「スカ」ですね・・・・(苦笑・・)
 高校の部では、課題曲はBに集中してしまい、Aは2チームのみ、Cも3チームのみしか
 選択しませんでした・・・・
 というか、実力あるチームならばB以外の選択肢が無いような気も・・・・

 ま、といっても私の高校も、とてもあの難曲極まりない課題曲Bはとても演奏不可能でしたので、
 課題曲は結局C/アイヌの輪舞を選択しましたけど、
 ま・・・・、技術的にも難しい部分があまり無く楽は楽だったのですけど、
 印象に残るものは薄かったな・・・・
 打楽器パートで、ドラ・ツリーチャイム・ドラムセットという珍しいものを使用していたのは印象的です。

 この課題曲C/アイヌの輪舞なのですけど、
 私が聴いた限りでは、
 県大会・支部大会の段階では、中間部は比較的どのチームもとにかくテンポよくかっ飛ばしていたような
 印象があります。
 楽譜の指定とか模範テープでは、中間部はそんなにテンポアップしない指定だったと
 思いますけど、何かやたらとテンポを速めて乱暴に奏でるような印象がありました。
 だけど、全国大会の演奏は、高校の部もそうですけど中学の部でも、この課題曲Cを選んだチームは
 スコアの指定を遵守し、節度あるテンポをキープしていたと思います。
 特に当麻中学校の課題曲Cは、まさにこの課題曲の理想像を提示した演奏だったと思います。

 淀川工業も課題曲の選曲は苦労したかも・・・・

 当時の淀工は、課題曲は基本的には選ばないし、ましてや現代系はパス・・・
 となるとAとCしか選択の余地が無いので
 消去法としてCしか選びようがなかったのかな・・・・

 だけど淀川工業の課題曲Cは大変スタンダードな演奏でしたね。
 スコアを隅々までよく読み、無難な解釈と実に端正な演奏だったと思います。
 中間部の踊りのテンポ設定も節度をわきまえた落ち着いた演奏だったと思います。

 自由曲は、とにかくよく練習してある・・・・という印象ですね・・・・
 この「エル・サロン・メヒコ」は、スコアを読むとよく分かるのですけど、
 かなりの変拍子で、指揮者としては大変振りにくい曲・・・・
 おまけにトランペットやクラリネットのソロは大変な聴かせどころではあるのだけど
 大変技術的に難しい・・・・
 コンクールの自由曲としては、決して有利な曲ではないと思いますが、
 ソロも完璧に吹きこなし
 変拍子を変拍子として感じさせないほど楽に聴かせてくれて
 しっとりとした雰囲気も十分醸し出せたし、酔っぱらいみたいな雰囲気も申し分なく
 表現出来ていたと思います。

 技術・演奏ともほぼ完璧な仕上がりで、当然の金賞を受賞していました。

 あ・・・・一つだけ難を言うと・・・・

 自由曲の中盤あたりで、トランペット奏者の一人が「フライイング」をやってしまい、
 一人だけ全合奏のちょっと前に
 飛び出して吹いていたのは、少しこっ恥ずかしいミスだったかな・・・・(苦笑・・)

 淀川工業と言うと、どうしてもここ20年ほどの「同じ自由曲の使い廻し」がとても気になっているのですけど、
 大阪俗謡による幻想曲・ダフクロ・スペイン狂詩曲以外の曲にも
 色々と魅力的な曲は多いし、
 これだけ長年に渡って見事な演奏を披露し続けているのだから、
 丸谷先生もそろそろ「勇退」の時期が近付いているのだから
 最後に新しい挑戦はして欲しいものですね・・・・
 むしろ「新しい朝鮮」が出来るからこその「伝説の丸ちゃん先生」なのでしょうから・・・・

 例えば・・・・

 ○ピータールー序曲

 ○吹奏楽のための木挽歌

 ○バレエ音楽「ロデオ」~Ⅰ.カウボーイの休日

 ○交響詩「ローマの松」

 ○復興(保科洋)

 ○「ビザンティンのモザイク画」~復活の天使

 なんかは、淀川工業のサウンドに合いそうな気もするのですけどね・・・・

 大変古い話ですけど、1991年のサントリーホールで開催された「吹楽」というプレミアムコンサートで
 淀川工業は、小山清茂の「吹奏楽のための木挽歌」を大変しっとりと時に激しく聴かせてくれましたけど、
 ああいう路線も悪くない・・・と思うのですけどね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1887-0e049a93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |