プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.嘉穂高校

 D/バレエ音楽「三角帽子」

 この年の全国大会・高校の部なのですけど、
 個人的な印象としては、大変印象に残るチームは比較的午前中に集中した感じがあります。
 ま、昼休みの休憩後の後半も、市立川口・就実・首里・福岡工大付属と素晴らしい演奏を残して
 くれたチームもでるのですけど
 全体的な印象としては、帯広三条・逗子開成・観音寺第一・仁賀保・屋代・尼崎西・名電・秋田南・
 富山商業などが出場した前半の方の印象が極めて強いですね。
 
 私自身、何度も全国大会は聴きに行きましたけど
 やはり全体的な感想としては、午前よりは午後に出場するチームの方が
 普段の実力とか練習の成果を十分発揮し、名演を残しているような感じもあります。

 そんな中、この年は不思議と午前中に出場したチームの方が
 自分にとってはインパクトを残してくれる演奏が多かったような気もします。

 嘉穂高校は・・・
 うーーん、プログラム11番でお昼にも近いから
 「コンディション不良で普段の練習の成果が発揮できなかった・・・・」という訳ではなかったと思いますが
 何か印象としては、
 「細部の詰めが少し甘いな・・・」と感じさせるものでした。
 前年度の「ガイーヌ」のレスギンカ舞曲のあまりにも完璧で驚異的な木管セクションのテクニックを
 堪能させてくれた素晴らしい演奏とどうしても比較してしまうのですけど
 何か細かい部分が消化できていない、音符に書かれている事を完璧に音にしていない、
 特に木管セクションの指が廻っていない・・・・と
 感じさせる部分が比較的目立っていたと感じます。
 勿論、全体的な雰囲気はかなり良かったです。
 音楽が全体的には大変生き生きとしているし、いかにも「スペイン音楽」みたいな躍動感は
 十分伝わっていました。
 特に課題曲D/サンライズマーチは、技術的に平易と言うせいもありますが、
 チーム全体の「若さ」というものが特に遺憾なく発揮されていたと思います。

 このチームの指揮者の竹森先生は、何度も普門館でその指揮を拝見しましたけど、
 ホント、大振りをしない先生です。
 ポイントポイントだけを的確に指示を出すという感じで、
 決して大げさな表現とかせずに、
 とても音楽に「誠実さ」を感じさせてくれ、
 音楽がいかにも「手作り」という感じがします。
 いかにも、「公立の普通の先生と普通の生徒たちが手作りで一生懸命音楽を創り上げた」という
 雰囲気がよーく伝わってくるのが
 このチームの伝統的な雰囲気だったようにも思えます。
 嘉穂高校は、吹奏楽の名作オリジナル作品とか親しみやすいクラシックのアレンジ作品を
 自由曲に選ぶ傾向が強いのですけど、
 時折、「スキタイ組曲」みたいな過激な曲を選んだりしていて面白いものがあります。

 この年の「三角帽子」は、木管セクションにやや難があったものの、
 金管セクションや打楽器は、「タッ、タッ、タッ!」みたいなスペイン独特のリズム感覚の歯切れのよさとか
 生き生きとした躍動感があっただけに
 少し勿体ない感じはありましたね・・・・
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1886-7a9ded18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |