プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9.名古屋電気高校

 B/交響的断章

 名古屋電気高校は、翌年の1983年以降は学校名が「愛知工業大学名電高校」と名称が変わり、
 この年以降は男女共学となり、演奏ユニフォームも青のブレザーに変わりますので
 学ランの男子校のしての姿はこの年が最後という事になります。

 最近の吹奏楽コンクールでは、「男子校」というのはめっきり少なくなりましたね・・・

 淀川工業もとっくの昔に共学化されているし・・・・

 だけど、この当時はまだまだ男子校は健在でして、
 この名古屋電気の他に、仙台第一・錦城・逗子開成・淀川工業あたりが頑張っていましたね。
 当時の東海ブロックなんかは、
 この名古屋電気の他に浜松工業・東邦といった男子校も全国大会の常連でしたから
 何か「男子校」の牙城みたいな感じはありましたね。

 そういう私も男子校出身なのですけど、
 男子校の吹奏楽部の悩みは何と言っても、木管楽器、特にクラリネット奏者の絶対的不足・・・・
 自分の時は、クラリネット奏者がわずか5人しかいなくて、
 毎年毎年、クラリネット奏者の確保には頭を悩ませたものです・・・
 中学時代にクラリネットの経験がある男子は、既に当時から少なかったものですから、
 元々経験者が少ない・・
 そこで・・・、どうするかと言うと・・・・
 「クラリネットは素晴らしいよ・・・」などと言葉巧みに誘導し(たぷらかして・・・??)
 金管楽器経験者を毎年毎年クラリネットにコンバートしたものですね・・・・(苦笑・・)
 でもあんまり強引にたぶらかすと、
 「希望楽器が吹けないなら退部する・・」とか
 「クラリネットは難しいから、やりがいがない・・・、コンクールまでは我慢するけど
 コンクールが終わったら元のパートに戻して・・・」という
 部員が多かったですね・・・
 ホント、男子校にとっては「クラリネット奏者不足」には泣かされるものです・・・・・(苦笑・・)

 だから・・・・

 思うのですけど、当時の名電とか淀川工業とか一体どうやってクラリネット奏者を集めたのでしょうか・・・
 また男子校で一体どうすればあんなに毎年優秀なクラリネット奏者を確保し続ける事が出来るのか・・・
 当時は・・・
 「うーーん、是非教えて欲しいもんだ・・・」と思いましたね・・・・
 ま、結局は、教え上手な先輩やOBの存在とか「伝統の強み」という感じなのでしょうね。
 私の高校もひどい時は、トランペットとトロンボーンが8人も奏者がいるのに
 クラリネット奏者はわずか4人・・・・
 それでもコンクールは無理矢理出る・・・みたいな時代が結構長く続いていましたね・・・・
 
 名古屋電気高校は、金管も木管も全員優秀な奏者ばかりでしたし
 特に瞬発力ある打楽器奏者の機敏さは、本当に素晴らしかったですね。

 課題曲B/序奏とアレグロは、
 多分・・・・この年の高校の部ではNo.1の仕上がりだったと思います。
 冒頭のトランペットのソロもヴィヴラートかけまくりの大変魅力的なものであり、
 アレグロに入ってからのスピード感・切れの良さは、仁賀保高校にも勝るとも劣らない素晴らしいものが
 ありました。
 全体的には「安定度」の観点からは、名電は仁賀保よりは数段上をいっていたと感じます。

 自由曲のネリベル/交響的断章も「圧巻」の一言に尽きますね・・・

 名電は1973年にもこの「交響的断章」を自由曲として演奏していますが、
 この時は・・・・
 うーーーん、すごい粗くてガサツな演奏・・・・パワーで押しまくりの「乱暴」な演奏てす。
 (ま、確かにネリベルらしいすさまじいダイナミックスレンジの落差なんですけどね・・・・)
 1982年の名電は、1973年の演奏よりは数段洗練されていて
 とてつもなく鳴っているのですけど、それが少しも「うるさい・・・」とは感じない演奏になっています。
 どこが違うのかな・・・・
 やっぱり思うのですけど、ネリベル特有の「不協和音の響かせ方」の扱いの違いかな・・・
 73年は音量で人を圧倒・・・
 82年は、「響かせ方によっては不協和音もオルガンのような静粛で荘厳な響きになる・・・」という事を
 証明した演奏とも言えると思います。
 金管・木管が大変上手にブレンドされ、響きに「濁り」が全くない・・・
 その為、とてつもない不協和音の響きが、あたかも「オルガン一台」のみで演奏されているように
 神のように圧倒的で荘厳なサウンドを聴かせてくれています。

 BJの村井氏の講評では、
 「同じレストランでも・・・・
 この味を食べて下さい!!と威嚇するように出してくるのが名古屋電気
 この味はいかがですか・・?と優しく親しみやすく語りかけるのが福岡工大付属」
 とか言われていましたけど
 これはかなり的確な例えなような気もします。

 確かにこの年の名電は、「絶対的な何か」に指揮者を含めた全員が「へへーーーーっ」とかしこむような
 演奏スタイルだったようなイメージもありますね。

 「交響的断章」は、冒頭からガツンと強烈な不協和音で開始されます。
正直、この冒頭だけで脳みそがノックアウト寸前ですね・・・・
前半は、とにかくメカニックというか無機質な機械的な音が響き渡りますが、
前述の通り、こうした不協和音でも響かせ方によっては
オルガンの音のように荘厳に重厚に美しく響くものなのですよね・・・
中間部においては、シロフォーンがまるで「シロフォーン協奏曲」みたいにバックの管楽器を差し置いて
ちょこまか動き回り大活躍をします。
ラストは、壮大な不協和音の塊でズドンで終わられます。

以前取り上げたギリングハムも「不協和音」とか「メロディーラインの不明確さ」はネリベルと
大体似ているのですが、
ギリングハムの場合、無機質の中にも、コラール的要素とかメッセージ性を盛り込んだり
抒情的な歌を盛り込んだり、
「人間としての感覚」の要素も相当あるのですけど、
ネリベルの場合、ホント人の感情が入り込む隙間がないほどの無機質・メカニックな
感じですね・・・
だけどネリベルの場合、
多くのクラシック現代音楽が陥り易い「音の羅列」だけではなくて、
そこにダイナミックレンジの幅の広さという要素を強烈に盛り込んでいますから、
印象度としても音楽の中身としても
素晴らしいものがあるし、人の心を打つ何か魔物みたいなものが曲の中に
潜んでいるのだと思います。

それにしても・・・・

「不協和音も響かせ方によっては美しく響く」という事を自分に認識させるきっかけを
作ったのは、ネリベルの「交響的断章」だったと思いますし、
そうした事を自分に音楽を通して教えてくれたこの年の名電高校の演奏には
本当に心から感謝をしたいと思います。

本当に素敵な音楽と演奏をありがとうございました!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1881-5fab53d6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |