FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.秋田南高校

 B/パロディー的四楽章より、Ⅳ.ルーセル

 確か1年ほど前の記事で、1982年の東北大会においての秋田南の事を色々と記していたので
 多少は重複するかもしれません。
 1982の東北大会の成績発表&代表校発表の際、
 「全国大会代表は、仙台第一・仁賀保・秋田南」と発表された時、
 仙台第一と仁賀保の全国大会初出場はとても嬉しかったですし、
 仙台第一は自分と同じ「宮城県」という事で、確かに嫌いな高校ではあったのですけど
 やはり地元からの代表は嬉しくもあり、複雑でもあり、来年度に向けての励みにも
 なったものでした・・・・
 (ま、宮城県内の高校で、全国大会への出場は昭和41年の石巻工業以来でしたからね・・・・) 

 だけど・・・・

 何が何でも全国大会に出場してもらい、あのウォルトンの交響曲第一番変ロ短調第四楽章の
 圧倒的に壮絶な演奏を是非東京の普門館で開催される全国大会で
 演奏して欲しいと切に願ってやまなかった「花輪高校」の代表落ちのスカ金は
 かなり落胆したものですし、
 「えー、秋田南は5年連続全国大会金賞を果たし、もう全国はいいじゃん・・」と勝手なことを考え
 ぶーたれていたものですが、
 今にして思うと、秋田南も花輪高校に劣らない素晴らしい演奏をしてくれたと思います。
 だけど、全国大会での素晴らしい演奏に比べて
 東北大会での演奏は、少し硬かったかな・・・
 全体的には堅実で手堅い演奏なのだけど、理性的過ぎて真面目すぎて
 少々面白みに欠ける演奏だったような気がします。

 だけど、全国大会では、秋田南は見事に化けましたね・・・・
 (花輪高校の分まで頑張ってくれたのかな・・・・??)
 東北大会とは見違える程生き生きとした演奏であり、
 歴史に残る演奏を残してくれたと思います。

 だけど結果論からいうと、この1982年の全国大会での金賞を最後に
 秋田南は32年以上全国大会・金賞から遠ざかっています。
 この間、高橋先生・佐藤滋先生・小林先生、阿部先生、そして現役の細谷先生と
 指揮者が交代しても「秋田南サウンド」を30年近くも維持・受け継いでいる秋田南の関係者の方には
 ホント頭が下がる思いですし、
 別に全国での金賞が全てではありませんので、
 これからも素晴らしい演奏を聴かせてくれる事を心より祈っています。
 だけど・・・
 細谷先生は、宮城教育大学・山王中学校でかつて素晴らしい名演を何度も全国大会で
 聴かせてくれていますので
 「新しい秋田南サウンド」を期待しています・・・!!

 さてさて、1982年の全国大会での秋田南は・・・・

 前述の通り、東北大会での少し冴えない印象からものの見事に「大化け」し
 素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

 課題曲B/序奏とアレグロでは・・・
 
 仁賀保の透明感&スピード感溢れる演奏とは全く別のアプローチを聴かせてくれました。
 冒頭のトランペットのソロも、全国大会での仁賀保のようにミスる事も無く無難に終わらせ、
 (反面、真面目すぎて流麗さには欠ける印象・・)
 比較的ゆったりとしたアレグロにおいては、
 スピード感がない代わりにどっしりとした安定感というか、堅実さを強く感じます。

 自由曲の深井史郎/パロディー的四楽章も、
 金管楽器、特にトランペットセクションの硬質な音の響きが
 個人的には引っかかるものがありますが、
 それを埋めて帳消しにするほどの「知的さ」というのか
 「練りに練られた音楽の巧みな構成感」は感じられます。
 何か演奏が「知的好奇心の塊り」というのか「才気煥発」みたいな雰囲気濃厚の演奏でしたね。

 この深井史郎の自由曲は原曲も大変ユニークな曲です。

 この曲が作曲されたのは、第二次世界大戦前なのですけど、
 こんな戦前の日本にも「こんな自由な発想で音楽を創れる人がいたんだ・・・」と感じさせる程
 自由自在な音楽です。
 当時の楽壇は、
 「西洋音楽に影響されずに、日本独特の音楽を創ろう」という雰囲気があったかどうかは
 定かではありませんが、
 西洋音楽に影響を受けることを恐れる雰囲気はもしかしたら何かあったのかもしれません。
 だけど深井史郎は、そうした考え方に対して
 「別に西洋音楽から影響を受けたっていいじゃーん、影響を受けて色々と西洋音楽のノウハウを
 吸収した上で、日本らしい音楽を作り上げても
 おかしくないじゃーん」という考えはあったようです。
 そうした発想から着想したのがこの「パロディー的四楽章」なのです。

 曲自体は

 Ⅰ.ファリア

 Ⅱ.ストラヴィンスキー

 Ⅲ.ラヴェル

 Ⅳ.ルーセル

 というタイトルが付けられ、特にⅡのストラヴィンスキーは
 「花火」・「春の祭典」といった作品を見事に茶化した作品であり、実に聴いていて痛快な楽章です。
 Ⅲのラヴェルは、ひたすら「だるい」所がまた面白いです。
 だけど、全曲のメインは、Ⅳ.ルーセルです。
 「ルーセル」とはフランスの作曲家ですけど、
 実はこの楽章のどこにもルーセルの旋律は引用されていません。
 本当は・・・
 バルトークの「舞踏組曲」の主題の一つをパロディー化した楽章なのです。
 しかし、どうして「ルーセル」の名前を使用しているのに、
 バルトークの作品に転化したのはなぜなんでしょうかね・・・??

 謎です・・・
 
 だけどこの曲の「真のパロディー化した曲」とは
 実は、日本の「さくら、さくら」なのです。
 第四楽章の至る所に
 この「さくら、さくら」がしつこいくらいに引用され
 西洋風なつくりなのに、日本の曲が乱入しているという
 大変ユニークな作品なのです。

 ちなみに深井史郎のこの作品は、ナクソスレーベルからCD化されていますので
 興味がある方は是非聴いて欲しいと思います。
 (山岡重信指揮/読響の演奏も中々の演奏です・・)

 
 さてさて、秋田南高校は、こうしたユニークな作品を実に生き生きと知的に聴かせてくれました。
 「さくら、さくら」の引用も中々功を奏しています。
 原曲は、ピアノが大活躍をしていますが、
 天野氏の吹奏楽アレンジ版では、
 ピアノの代わりに、シロフォーン・マリンバ・ヴィヴラフォーンの鍵盤打楽器をかなり効果的に
 使用し、
 部分的にはなぜか「チャイニース風」な響きも出しています。
 原曲には無い「ドラ」を使用しているのも、意外と華があったりして
 個人的には「悪くないな・・・」とも思ったりもします。
 
 全体的には、秋田南の演奏は堅実なのですけど、
 何か妙に明るい感じもあったりします。
 「明るい」というよりは「屈折した明るさ」なのかな・・・
 何か素直になれない明るさというのか、開き直った明るさというのか
 そんなものも何か感じ取ってしまいます。
 このヘンな明るさは、やはり原曲のヘンなところにも由来するものなのかも
 しれませんよね。

 1976年に秋田南は、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」を自由曲に取り上げていましたけど
 この時も何か「妙に屈折した明るさ」を感じたものでした。
 秋田南は、当時は、矢代秋雄・三善晃といった法人作品に果敢に挑戦し
 見事な演奏を後世に残してくれましたが、
 そうした際は、どちらかというと「暗い陰鬱な表情」を見せてくれました。
 この「パロディー的四楽章」とか「ペトルーシュカ」は、「屈折した明るさ」を
 何か感じるのです。

 秋田南と言うと、比較的「陰鬱なドロドロとした世界」を感じさせてくれる演奏が多いのですけど
 こうした「屈折した明るさ」が感じられる演奏も大好きです。
 最近の演奏ではありませんけど、
 阿部先生時代の
 ラヴェルの「夜のガスパール」とか「クープランの墓」という
 吹奏楽では絶対に表現不可能とされた繊細な音楽を鮮やかに吹奏楽で表現された
 演奏も素晴らしかったです。

 たけど、あれも一つの「屈折した明るさ」の変形ヴァージョンみたいなものかな・・・??

 最後に・・・・

 先日改めてブレーン社から発売されている「レジェンダリーシリーズ」の中の秋田南の
 この「パロディー的四楽章」を聴いたのですけど、
 やっぱり断然面白い・・・・

 改めて感じた事は・・・・

 この第四楽章において深井史郎は何を「メッセージ」として伝えたかったのかな・・・
 
 要は、「外国の作品の勉強をして、影響を受けても構わないけど、
 最終的には、あなた達自身の故郷の日本の事も忘れては駄目だよ」みたいなメッセージを
 発信したかったのかもしれませんね・・・・
 特にあの才気煥発な「さくら、さくら」を聴いてしまうと、特にそうした思いがありますね・・・



 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1877-eb2ee641
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |