FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


お正月休みの間は、何か色々とアニメばかり見ていた・・・・という感じなのですけど
(ま・・・、大半はプリキュアシリーズでしたけど・・・)
それ以外に見ていた作品の中では、
「ガールズ&パンツァー」・「ニセコイ」・「偽物語~物語シリーズ」が特に素晴らしかったですね。
その中でも際立っていたのが・・・・
「偽物語」の中の「月火フェニックス」でしたね。

ま、あれは見る前から
色々な方が既に記事にされていて、
「歯磨きシーンは物語シリーズの中でも圧倒的に人気があるシーン」とか
「物語シリーズの中でも屈指のエロシーン」とか言われてはいますけど、
「その通り!!」としか言いようがないですね。

物語シリーズは、2013年のセカンドシーズンから見始めましたので
ファーストシーズンは、2014年の一年間をかけてじっくりと見させて頂き、
その最終上げが「偽物語」という感じだったのですけど、
とにかく例の「歯磨きシーン」は、凄まじかったですね・・・・(笑)

うん、確かにあのシーンは物語シリーズ屈指の名シーンであり、
内容的には・・・・R10指定にされても文句が言えないほど素晴らしい「エロシーン」の連続でしたね・・・

あれは・・・本当にお正月早々
「いいものを見させてもらった・・・」
「ごちそうさま・・・!!」という感想ですね。

物語シリーズのファーストシーズンは、戦場ヶ原ひたぎとか羽川翼の時のように
かなりシリアスで重たい話も多いのですけど
(ちなみに私の中では、「物語シリーズ」で一番大好きなヒロインは、戦場ヶ原ひたぎに尽きますけどね・・・)
この「偽物語」は、正直・・・・
うーーん、別に無くてもストーリーの大勢に影響は全く生じない
どちらかというと「膨大な無駄話」というか「番外編」というのか「エピソード」という感じが
漂います。
ま、勿論、「戦場ヶ原ひたぎ」を語る上で絶対に外せない「貝木泥舟」は、この「偽物語」で登場しますけどね・・
とにかく印象としては、「偽物語」は一つのファンサービスみたいな感じですね・・・・

「偽物語」は、暦の「でっかい方の妹」の火憐(かれん)がメインキャラの「かれんぴー」と
「ちっちゃい方の妹」の月火(つきひ)がメインキャラの「つきひフェニックス」から構成されますけど、
「かれんビー」はDVD3巻から構成されているのに
「つきひフェニックス」はDVD2巻の収録に留まり、
しかも上巻の方は、
主人公のはずの月火の登場はほんのわずか・・・・
ほとんどが暦と火憐から構成され、
月火の主な登場は下巻から・・・・という何か気の毒な感じがありますね・・・・(苦笑・・・)

その上巻の方に例の「歯磨きシーン」が登場するのですけど
あれを見てしまうと、
正直・・・、下巻の方の
「月火の正体は実は・・・」みたいな物語の核心の話がほとんどかすんで見えてしまいますね・・・・(苦笑・・)

とにかくそのくらい凄まじいインパクトがありましたね・・・・

だって・・・「つきひフェニックス」の上巻の中の丸々一話をそっくり「歯磨き」だけで
使っていますからね・・・・





o0600043612002539505_convert_20150113133643.png


o0800045011820640852_convert_20150113133716.png


ま、話としては・・・・

火憐が兄の暦に
暦の知り合いの神原駿河を紹介して欲しいと依頼をするものの、
エロの塊りでもある(?)神原を妹に出来れば引き合わせたくない暦は
「暦が火憐の歯を磨いて5分間耐えることができたら火憐の勝ちで、神原を紹介をする。
 5分以内に音を上げたら暦の勝ちで、紹介はしない・・」と持ち掛け
「歯磨きプレイ」を開始する・・・

そういう話です。

暦に言わせると・・・
「歯磨きを他人に任せるという経験は、通常ありえるものじゃない。
散髪やマッサージとかと違って、普通は自分でできるし、自分でやるもんだからな。
つまり、他人に歯を磨かれる行為にはかなりの心理的抵抗が生じるってことなんだ」という事なのですけど

ま、一つの「羞恥ゲーム」みたいなものなんでしょうね・・・・

だけどその「歯磨きプレイシーン」が実にエロ過ぎて、こわい・・・・・(苦笑・・・)

シリーズでも珍しくスカートを穿いていた火憐が妙に珍しく可愛く見えたというのもありますけど、
あれは・・・・
とにかく火憐の声優さんの喜多村英梨さんの「あえぎ声の演技」がまさに「神業」の域に達する
「迫真の演技」でしたね・・・・
とにかくあの喘ぎ声は・・・・
うーーん、妄想エロに浸りがちな(?)中学生・高校生には
聞かせてはいけませんね・・・・
喜多村さんは、フレッシユプリキュアで「キュアベリー」も演じられていましたけど、
あの声は・・・
うーーーん、プリキュアでは「厳禁」でしょうね・・・・(苦笑・・・)

ちなみに・・・・

その出来は、原作者の西尾維新も
「ここまで過激だったか?」と原作を読み返したほどだった・・・・という話が残されています・・・
ちなみに、原作者の担当編集が物語シリーズを通じて一番絶賛したという
エピソードも残されています・・・・


001_convert_20150109163804.jpg


うーーん、だけど、
あそこまで「歯磨きシーン」が凄いと、
「つきひフェニックス」の主人公の月火が少し気の毒・・・・(苦笑・・)

ま、だけど、月火は・・・・・

物語シリーズの中でも屈指の「キレキャラ」というか、
あの凶暴さは・・・・
うーーん、もしかして戦場ヶ原姉さんよりも怖いかも・・・・

そんな中・・・・

先日いつもの中古おもちゃショップで月火のミニフィギュアが100円で売られていましたので、
ついつい「つきひフェニックス」での冷遇(?)が可哀想になって、
思わず買ってしまいました・・・・

でもやっぱりフィギュアの世界でもも月日は凶暴でした・・・・・(苦笑・・・)

「つきひフェニックス」では、
影縫余弦(かげぬいよづる)と斧乃木余接(おののきよつぎ)も初登場するのですけど
その二人すらもかすんで見えてしまうからな・・・・
やっぱりあのシーンはすごい・・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1872-44a61ca4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |