プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1/8は、テレビ埼玉の再放送の「スイートプリキュア」が
年末年始の休みからやっと再開しました。
毎年、1月は、リアルタイム中のプリキュアとテレビ埼玉の再放送中のプリキュアの「最終決戦」が
重なる事が多かっただけに、
今年に限っては・・・
「スイート」の再放送の放送休止があまりにも多く
(夏の高校野球・高校入試特番・衆議院選挙の政見放送)
スイートの最終決戦は、多分2月中旬以降かな・・・・
今年に限っては、二つのプリキュアの最終決戦を同時に見る事は出来なかったですね・・・

ま、それは仕方がないか・・・・

「スイート」の後版組は何だろう・・・・

出来れば「スマイルプリキュア」を再放送して欲しいですね!!

そうですね・・・・

スマイルが終わって、ドキドキとハピネスチャージと続きましたけど
意外とこの二つのシリーズはテーマが重たいというか、シリアスな部分とか謎要素が多く
少し「娯楽的な要素」は弱かったような気もします。

ま、私個人の感想としては、それはそれで全然問題なく、
この両作品は大好きなシリーズなのですけど、
さすがに3シーズン続くと少し重たいかな・・・・
その意味では、次回作の「プリンセスプリキュア」は、お年寄りから小さい子供さんまで
無条件で自然と「微笑み」が沸き起こるような作品を期待したい気持ちはありますね。

その意味でも、テレビ埼玉の再放送シリーズとしてのプリキュアは
是非「スマイルプリキュア」を再度改めて見てみたい・・・とも思いますね。

ま、スマイルは・・・・

歴代でも際立って「ギャグ回」が多く、
シリアス回の方が珍しいという感じのシリーズでしたけど、
それはそれで大有りだと思いますね。





でも・・・・

その中でも、「キュアハッピー」は本当に可愛いプリキュアでしたね・・・・

リアルタイムで最初にハッピーを見た際は
「え・・・、何なのこの反則的な可愛いさは・・・・ずるーい!!」と思ったものですけど
まさしくハッピーは誰からも愛されるプリキュアでしたし、
まさしく「笑顔満点」がこれほど似合うプリキュアはいませんでしたね・・・・
多分・・・ハッピーは、
仲間からもクラスメイトからも家族からも・・・
そして敵幹部からも
制作者からも・・・・(??)
愛されていたのでしょうね・・・・・(笑)


CIMG6378_convert_20140202233305.jpg


そうそう・・・・

こういう被り物のショーの際もハッピーは違和感なく
アニメ同様「可愛らしさ」は遺憾なく発揮していましたね。

2015年の新しいプリキュアも、このくらい「誰かにも愛されるプリキュア」になって欲しい・・・・と
つくづく感じてしまいますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1861-ec0b020f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |