FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


現在の吹奏楽コンクールのレヴェルは凄まじい領域に達していますね・・・
1980年代後半までしか現役奏者をしていない私にとっては、最近の高校・大学・一般の部の
驚異的な演奏の数々には感嘆するばかりですし、
とても嬉しく思います。
1980年~82年あたりで、高校の部は一旦頂点を迎え、この水準をどうやって保っていくのか・・・・と
一時期思っていただけに
最近の演奏の「質の高さ」には
本当に頭が下がる思いです。
やはり「音楽」というものは時代の経過に応じて日々進化を重ねるものですね。

ま、そういう中でも、1980年代前半にもこういう素晴らしい演奏があった・・・みたいな事も
伝えたいな・・と思い、
ま、こうして今から30年以上前の演奏も語らさせて頂いております・・・・


2.尼崎東高校

 B/三つの夜想曲より、Ⅱ.祭り

 考えてみると、兵庫県の吹奏楽のレヴェルって驚異的に高いですよね・・・・
 それは昔も現在もほとんど変わりがないと思います。
 中学校では、古い話ですけど、
 私が現役奏者の頃は、今津・伊丹東・宝梅というのが御三家でしたし、
 現在でも、本庄・中山五月台・浜の宮などが素晴らしい演奏をしていますからね。
 高校の部は・・・・
 関西大会は、伝統的に、天理と淀川工業と言う2チームが抜きんでていて、
 全国大会への切符3枚の内、残り1枚を巡って
 毎年毎年、洛南とか大阪桐蔭とか近大付属がしのぎを削り
 これに兵庫県勢が絡んでいく・・・・という
 多分全国でも一番激戦区だと思います。
 兵庫県勢は、兵庫・明石南・明石北・西宮・神戸・尼崎西・尼崎東・御影などが
 過去に全国大会に出場し、いずれもかなり個性的で素晴らしい演奏を聴かせてくれていて、
 特に兵庫と西宮の演奏は(好き嫌いが相当分かれるとは思いますが)キラリと輝く「何か」を私達に
 提示してくれていたと思います。
 だって・・・・
 兵庫と西宮を指揮された吉永陽一先生(ヨーイチ先生)の噂話は、関西を飛び越え、
 その評判は、1982年当時仙台の高校生だった自分の耳にも
 飛び込んできたくらいですから・・・・
 御影の「アクの強すぎる演奏」も大好きでしたね・・・・

 ま・・・、結果として、関西はあまりにも淀川・天理の牙城が固すぎで
 中々兵庫県代表のチームが全国大会に常連的に出場する事は、兵庫高校以外は
 無かったのですけど、
 それでも・・・、出るたびに個性的でときめきが感じられる演奏を毎回聴かせてくれていましたね。

 あ・・・、前振りが長すぎました・・・・

 1982年の尼崎東も、個性的な演奏を聴かせてくれていました。
 (ま、個性的と言うと・・・、同年出場した尼崎西には敵いませんけど・・・・)
 何が魅力的かと言うと・・・・
 一つは音色が大変洗練されている事・・・・・
 この時代は、後の「常総学院」・「習志野高校」みたいな「フランス音楽」みたいに洗練され気品が感じられる
 サウンドはまだまだ少なく、
 どちらかというと「パワー優先」みたいな雰囲気がある中、
 この時代でここまで音色が洗練されていたチームは珍しいとも思います。

 ま・・・、だけど課題曲は緊張していたせいか音が少し固めでしたね・・・・
 序奏が少しギクシャクしていましたけど、アレグロ以降は快適な流れでした。
 自由曲も、やはり少し音は固め・・・・
 朝早い演奏のため、必ずしも普段通の演奏が出来なかったようにも感じられましたけど、
 それでもサウンドは洗練されていました。
 特に何が素晴らしいかと言うと、
 「祭り」において、中間部で一旦静まり、後打ちリズムを背景にミュートを付けたトランペットが
 弱奏でメロディーを吹いていた辺りですね。
 あの部分は大変サウンドに「遠近感」が感じられ、
 いかにも、全然遠く離れた場所から「祭りのざわめき」が伝わってくる・・・・みたいなドビュッシーの意図を
 的確に演奏にも反映していて
 「あ・・・、すごいな・・・」と感じたものでした。

 2006年以降、兵庫県勢は1チームも全国大会に駒を進めていませんので、また以前のように
 何かきらめき溢れるチームの出現を期待しますね。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1855-f42378af
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |