FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


毎年1月になると・・・・・

最終決戦はそれはそれですごーく楽しみなのですけど
やはりどうしても次回作もついつい気になってしまいます・・・・(苦笑・・)

あ・・・、勿論今現在も、
いまだに昨年の「めぐみの大泣き」がずーーっと引っかかっていますし
めぐみは「最後は盛大に誠司に愛の告白をしちゃえ!!」という気持ちは全く変わっていませんし、
とにかく「ハピネスチャージ」の年明け一回目の放送が楽しみで楽しみで
仕方が無いというのは全く変わりがありません。

それでも・・・・

「新しいもの好き」という日本人本来の性分が私にも出るせいか、
ついつい
「さてさて、次回の新しいプリキュアは・・・・」と「プリンセスプリキュア」をついつい横目でチラチラと
見てしまいますね・・・・(苦笑・・)

ま、次回プリキュアもすごーく楽しみなのですけど、
一つだけ要望事項があるとすると・・・・
「今回は恋愛要素はごく少なめに・・・・!!」
という感じですね・・・・
うーーーん、「プリキュア」の世界は、
あくまで「一生懸命頑張る女の子が自分の夢を見つける物語」でもあるのだから、
あんまり濃厚な「恋愛要素」は・・・・
歴代プリキュア達が受け継いできた「美しきプリキュアの世界」との相性は必ずしも
良くは無いような気がしてなりません・・・・

これって以前も書いたけど、
「プリキュア」と「恋愛要素」のお手本となるべき事例は、
フレッシュプリキュアのラブと大輔の「あまずっぺー関係」あたりで留めるべきであり、
プリキュア5ののぞみとココについては・・・・
うーーん、私の感覚では・・・・
「あえない・・・・」(美墨なぎさ風・・・・苦笑・・・)
特に・・・・・
映画「お菓子の国のハッピーバースディ」の中でののぞみとココの「キスシーン」は・・・・
うーーん、あれは・・・・
私的には・・・「絶対に認めません・・・・!!」という感じなのかな・・・・(苦笑・・・)
あのシーンのココを見ると、ついつい・・・・
「のぞみをたぶらかすココは爆発炎上してしまえ!!」と叫びたくなってしまいますね・・・・(苦笑・・・)

ついでに・・・・

「めぐみを大泣きさせる地球の神、ブルーもミラージュと共に末永く爆発しちゃえ!!」と
言いたくなってしまいますね・・・
あ、このネタは最近でもこのブログでも散々語りましたね・・・・(苦笑・・)


繝上ヨ繝励Μ_convert_20150105203126


毎年そうなのですけど、
新しいプリキュアの第一回目は何か緊張しますね・・・
不安半分、期待半分という感じですね・・・
うちの奥様は、毎回性懲りもなくNHKの大河ドラマとか朝の連ドラを欠かさず見ているのですけど
やはり第一回放映は、かなり身構える・・・と言っています。
ま、それと同じようなのですね・・・・

とにかく「プリンセスプリキュア」も今からとても楽しみにしていますし、
この一年間の私の「生きがい」の一つですね・・・!!

プリキュアシリーズの第一話というのは、
各プリキュア達のキャラクター紹介・妖精と敵キャラの背景などで
バタバタする内に終わってしまう事が多いと思います。
だけど、ふたりはプリキュアMHやプリキュア5GoGoは、2シーズン目という事で
キャラクターや背景の説明をそれほどしなくても良いせいか、比較的余裕を持った作りと
なっています。

そんな中、「ハートキャッチプリキュア」だけは少し例外的だと思います。
ハートキャッチの第一話は、本当に「深い」ものを感じます。

冒頭から、ムーンライトとダークプリキュアのガチバトルから始まり、しかもまさかの
プリキュアが敗北する展開・・・
正直最初にこのシーンを見た時は、そのあまりの予想外の展開に
衝撃と新鮮さを感じました。
つぼみの登校シーンで、「四つ葉のクローバー」を見つけるシーンは、
前作「フレッシュ」からの無事引継ぎ完了を示唆するシーンでもあり、何か妙に印象に
残っています。

だけどハートキャッチの第一話で優れている点は、
つぼみとえりかのその時点での弱点・ココロの痛み・コンプレックスに感じている点を
容赦なくさらけ出し、

例えば・・・・

つぼみ→人見知り・内気・気弱さ
えりか→図々しさ・姉へのコンプレックス・他人への思いやりの欠如

(ま、ハピネスのひめは、つぼみとえりかの欠点を一人で抱え込んでいましたね・・・、この辺りが
 「一人ハートキャッチ」と呼ばれる由縁なのかな・・・・)

結果的にこの段階から、最終回に至るまで、この二人の成長を描くという点では
本当に面白い試みだったと思いますし、
成功したと思います。
その意味では、マリンが「うざ可愛い」とか一部で行われているプリキュア総選挙で
ぶっちぎりの一位獲得というのも何となく分る気がします。

そうした二人の弱さをさらけ出した後も、
妖精二匹とつぼみの出会い・敵幹部の登場・キュアブロッサム誕生など
唐突な展開にも左程違和感を感じることなく物語が進展していく演出には
本当に感服させられたものでした。

「ハートキャッチ」って、「キュアマリン」という
「歴代でも突出した一人だけ毛色が異なるプリキュア」のおかけで(?)
;歴代シリーズの中でも
「屈指の変化球シリーズ」とか言われますけど、
いやいや、ハートキャッチはよーーく見てみると、かなり「重たい要素」も内在しているのですよね・・・
つまり「人の心の弱さ」とか「他人には見せたくない心の隙間」とか
そうしたものを容赦なく抉っている側面もあると思います。

ま、そうした重さを回避するために、
ああいう「マリン」という歴代でも屈指のヘンな変化球プリキュアを持ってきたのかもしれませんよね・・・

ま、私は「キュアマリン」が大好きですし、
「アクア・ビューティ・ダイヤモンド」と並ぶ「大好き青系四天王」の一角なのですけどね。

さてさて・・・・

ホント、今年の「プリンセスプリキュア」は、私にどんな「ドキドキ」を提示してくれるのか・・・・

今からすごーーく楽しみです!!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1850-4de917c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |