FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


以前から何度か書いている通り、
元々このブログを開設した理由は、
既に30年以上前の吹奏楽コンクールの「自分にとっては一生忘れる事が出来ない素晴らしい演奏」を
何か「記録」として残していきたいという思いで始めたものでした。
過去のそうした素晴らしい演奏、特に花輪と大曲のように支部大会止まりで全国大会に進めなかった
チームのあまりにも素晴らしい演奏を、「忘却の彼方」というように埋もらせたくなかった
気持ちがあったと思います。

一例をあげると、その具体的な演奏とは・・・

〇1982年・東北大会/花輪高校 ウォルトン 交響曲第一番変ロ短調終楽章

〇1982年・全国大会/仁賀保高校 矢代秋雄 交響曲第四楽章

〇1982年・全国大会/就実高校 トゥリーナ 幻想舞曲集

〇1981年・東北大会/大曲高校 三善晃 交響三章第二楽章

〇1982年・全国大会/屋代高校 松村禎三 交響曲第三楽章

〇1994年・全国大会/関東第一高校 ロースト カンタベリーコラール

〇1990年・都大会/都立永山高校 フーサ プラハのための音楽1968

〇1987年・全国大会/雄新中学校 ワーグナー エルザの大聖堂への厳かな行列

あたりが代表的なものだったと思います。

ま、そういう観点から言うと、
上記の演奏の中でも特に伝えたかった
1982年の花輪高校のウォルトンの一番とか1981年の大曲高校の三善晃/交響三章第二楽章については
一昨年、昨年かなり執拗に記事にしてしまい、
正直、気持ちとしては・・・・
「あーー、これでこのブログを開設意義は全て果たす事が出来た。
何か気持ちとしてはブログ上やり残したことは無い・・・
だから後は気楽な気分で、吹っ切れた気持ちで、更新していこう・・・」と感じるようになり
現在では、何か以前よりは全然楽な気持ちと言うか
自由自在に気ままに書いているような気がします。

ま、だから現在では、大好きな「プリキュア」を中心に自分らしく日々更新しているような気がします。

自分が伝えたかったことは、後世に受け継ぎたかったものとは、
一点集中主義ではありませんけど、
とにかく1982年の東北大会の花輪高校のあの素晴らしすぎる演奏・・・・

だけど、

その目的を達成した後は、「余生」(・・・??)ではありませんけど、
とにかく気楽な気持ちで、プリキュアをはじめ、吹奏楽・クラシック音楽・プリキュア以外のアニメ等を
記事にしていければいいな・・・と思っています。


そう思っていたら・・・・・

実は、私、記事にしているようでいて、1982年の全国大会の高校の部の事は
あまり書いていなかったのですね・・・・(苦笑・・・)

もしも「タイムマシーン」があるとするならば、実行してみたい事は
1980年と1982年の吹奏楽コンクール全国大会・高校の部に時間旅行し、これらの年の演奏を
是非聴いてみたいと妄想しています。
そのくらい、1982年の高校の部の素晴らしい演奏の数々については
思い入れがあります。

そこで・・・・

自分の「忘備録」も兼ねて、改めてこの1982年の全国大会・高校の部の事を記事にさせて
頂きたいと思います。
(ま、既に33年前のコンクールなのですけどね・・・・・)


1.帯広三条高校

 D/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

 全国大会初出場でプログラム一番は、かなりシビアな条件でしたね・・・・
 結果的に評価の上では銅賞となっているのですけど、
 私個人としては、
 「銅賞・・・・?? ありえない・・・」という感じですね・・・・
 ま、確かに課題曲のマーチは少しつんのめり気味で、朝一番のせいか音が固いのが
 とても気になりましたし、
 少し金管セクションが強すぎたかな・・・・
 だけど自由曲で真価を遺憾なく発揮していたと思います。
 課題曲で少し力みがちだった金管セクションが自由曲になると途端に肩の力が抜けて
 大変丸みがあるマイルドな音色になり、
 特にトロンボーンセクションは素晴らしかったと思います。
 特にⅣ.合戦とナポレオンの敗北におけるトロンボーンのグリッサンドは、あれは絶対に銅賞の評価では
 ありません・・・
 金管全体の透明感はうっとりさせられるものがありましたね。
 アルトサックスの少しとぼけたようなソロもかなり魅力的でしたね・・・・

 ホント、何か銅賞が気の毒になるような演奏でしたし、
 この演奏が銅賞という結果で終ったのは、何か割り切れないものは今でもありますね・・・・
 ま、それだけこの年の高校の部のレヴェルが異常に高かったと言えるのですけどね・・・・
 (その反動のせいか、83年と84年は幾分レベルは下がってしまう・・・・)
 
 特に「素晴らしいな・・・」と感銘を受けたのは、
 (あくまで個人的印象ですけど・・・・)第Ⅵ曲「皇帝と廷臣達の入場」における
 前半のトランペットによるメロディーラインの提示が終わった後の
 トロンボーンのスラーですね・・・・
 あれは何かいかにも「青空の下で、白い雲がすーーーっと動いていく・・・」みたいな清涼感が
 感じられ、
 個人的には大変好きな部分です。

 金管の透明感も良かったけど、木管セクションも実に安定感がある動きを見せていました。
 瞬発力ある打楽器セクションも申し分ないです。

 これ本当にプログラム一番なのかな・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1849-f8df26cc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |