FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「絶対防衛レヴィアタン」は2013年に深夜のテレビ東京で放映されていたものですから
知っている人は限りなく少ないですよね・・・・
ま、私は大好きな作品ですけどね・・・・

だけど実は・・・・

この作品、再放送をされていたにも関わらず、なぜか第三話だけは見逃していて
それがずっと気になっていたのですけど、
年末近くにアマゾンでこのアニメのDVD第2巻をかなりお買得に購入出来ましたので
やっと見る事が出来ました。


縺ア縺ッ繧€繝シ縺ィ_convert_20141213234523


このアニメ、元々はグリーのゲームなのですけど、
ゲーム上のレヴィアタンのキャラ設定は、
「笑顔を忘れた」とか「無口」とか・「滅多に笑わないけど心の中で爆笑している事もある」との事です。
またゲームのデザイン画としては、レヴィアタンも含めて他の2人も比較的大人っぽいタッチで
描かれていて、確かにこれだけを見てしまうと
「レヴィアタンは笑顔を忘れた女の子なんだなー」と思ってしまいます。

だけどアニメでは、
レヴィアタンも含めて全員子供っぽい雰囲気を強調していて、
アニメ版の方がより魅力的です。
またアニメ版のレヴィアタンは、バハムート・ヨルムンガンドよりは喜怒哀楽を出さないけど
微笑むシーンがよくあり、
その笑顔がたまらなく可愛いと思いますし、
あの笑顔は、本当に素敵ですね。

3人構成なのですけど(妖精シロップはいますけど・・)
知的で物静かなレヴィアタン
じゃじゃ馬系のわがままお嬢様、バハムート
天然の心優しい怪力娘なのだけど、限りなく頭は悪いというヨルムンガンドという構成もバランスが
取れていて面白いです。
だけど最終回あたりには、バハムートには結構重たい秘密があったりもしますけど・・・

「絶対防衛レヴィアタン」の特徴は、
タイトルが示唆する通り
「何かを守りたい・・・」
「あなたにとって大切なものとは何・・・??」
「大切なものを守るためにはどうすればよいのか」という
テーマが一貫して守られている点なのかな・・
だからこそ派手な戦闘シーンもそれほど必要ないのかなとも思いますし、
「守ること」に主眼を置いた今どきとしては珍しいアニメでもあるので、
それがほのぼのさ・多少のゆるさ・レヴィアタンの可愛さとも結びついて
何かたまらない魅力を発揮しているのだと思います。

ま、「みんなの笑顔を守りたい」というのは、プリキュアシリーズとも重なる点はありますね。


レヴィア


全体的には、とてもほんわかしていて、ゆるくて
伏線とか難しい設定とか過激なバトルとか悲劇的要素は皆無ですので
とにかく安心して楽しむことが出来るアニメだと思います。

ま・・・、少なくても同じ「魔法少女系」ながら「まどか☆マギカ」みたいな悲劇性・残酷性は一切
ありませんので、
とにかく気楽な気持ちでのびのび楽しむことが出来ますね。

ま、それでも・・・・

たまーーに、

「絶対、奥までいっちゃうもん・・・」

「のどちんこ・・・、え・・・、ち・・・??」

(のどちんこを見たレヴィアタンの)「・・・・、すごく・・・大きいです・・・・・ポッ・・・」

「え・・・・初めての夜・・・、それって初夜・・・・??」

みたいなちょっとエロっぽいネタも盛り込んでいるのが中々面白い感じはありましたね。
(特に再放送で追加された「焚火劇場ミニ」ではそうした傾向がありました・・・・)


レヴィ


第3話は、沼地から現れた巨大な竜ユルルングルがヨルムンガンドの斧を
呑み込んでしまったらしいということで、みんなでユルルングルの体内に入っていき
斧を探しに行くというのが主な話です。
最初のシロップの女子高生フィルター通訳や、ユルルングルがレヴィアタンたちの下着(ウロコ)に
顔を赤らめたあたりも中々お茶目でしたし、
二回も仲間を巻き込んでの転倒を繰り広げたレヴィアタンの
反省猿みたいな「反省・・」のポーズも可愛かったし、、
ちょっとした冒険の中で展開されるシュールでコミカルでお約束でちょっぴりエロい話が満載で
かなり面白かったですね。
物語の後半の回では、こうしたエロネタとかギャグみたいな要素が薄くなっていきますので
これはとても貴重な回・・・とも思いました。

それにしてもレヴィアタンの可愛らしさは半端ない・・・・

あと、この回で笑っちゃうのは、
戦闘シーンにおいて、レヴィアタンは、魔法の武器アイテムとして何と「麦茶」を使用しています・・・・

「魔法少女」というと、光とかビームとか火が定番なのですけど、
まさか好物の「麦茶」を武器として使うとは・・・・
魔法少女系で、武器として麦茶を使用するなんてこのアニメくらいなものでしょうね・・・・

ま、この辺りもこのアニメらしいゆるさというか
戦闘シーンでも重厚感を出さないで「ほんわか系」にするという意図が良く伝わってきて
私としては大変好感は持てます。

出来れば第二期もやって欲しいな・・・・(多分ムリだろうけど・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

りんめろん 様

コメントありがとうございます。

無事な復旧おめでとうございます。
宜しければ是非また訪れてみて下さい。お待ちしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1847-d753583f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |