FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇土気中学校

 A/バレエ組曲「シバの女王ベルキス」~Ⅱ.戦いの踊り Ⅲ.暁のベルキスの踊り Ⅳ.狂宴の踊り


 とにかく文句の付けようが無い演奏でした!!

 私自身、普門館の客席からこの演奏を聴いていましたけど、とにかく「圧倒された・・・」の一言に
 付きますね!!
勿論細かい事を言うとキリが無いと思いますし、特にⅣのラスト近くのトランペットセクションは
 細かいミス&音の外しがあるとか、少しヘロヘロ状態だったとか
 全体的に少し強引なドライヴで、音楽がかなり威圧的に聴こえるとか
 ま、確かに色々あるのですけど、
 そんな細かい事なんかどうでもよくなる程、
 全体的な印象は素晴らしいものがありましたね!!
とにかくサウンドが輝いています!! キラキラしています!! 「一つ一つの音」に生きる力が漲っています!!
 そんな感じの素晴らしい演奏でした。

 課題曲も、あんな難解な現代音楽を易々と消化していましたけど
 この課題曲A/斜影の遺跡は、スコアで見ても、正直何をいいたいのかさっぱり分からないし
 とにかく複雑だし、不協和音に満ちているし、
 「正体不明・意味不明」の課題曲で、とにかく技術的には大変高度なものがありますし、
 少なくとも中学生が吹けるような曲ではないはずです。
 だけどこの年の土気が吹いてしまうと、こんな難解な課題曲でも
 行進曲の課題曲とかスウェアリンジェンの簡単な序曲を吹いているかのように
 「簡単そうに」吹いてしまっている事は、まさに「驚異」以外の何者でも無いですね・・・
 勿論、その過程の練習においては色々と大変な事もあったと推察されますけど、
 本番で、しかも、5年連続金賞が掛った大変大事なステージで
 これだけ「余裕と自然さ」をキープした演奏が出来てしまうこのチーム、そしてそれを指導された加養先生に
 本当に敬意を表したいと思います。
 課題曲ラスト近くの木管セクションのトリル音に乗っかったクレッシェンドは、
 あれはとにかく中学生の域を超えていましたね・・・・

 だけど・・・・

 それ以上に圧巻だったのは、自由曲のベルキスですね。

 冒頭のティンパニーソロからして只者ではない雰囲気・・・・
 自由曲全体に言えるのですけど、
 とにかくこの演奏は、最初から最後まで終始「攻める気満々の積極性溢れる」演奏でした。
 ここまで指揮者と奏者が全員一体となっての積極果敢な演奏は、極めて印象に残るものでした。
 ま、勿論、技術的にはかなり細かい部分まで配慮されているし、
 よく下手なチームが陥る「音色を破壊してまでの強奏」は全く見られなかったし、
 鳴っているようでいて、木管対金管対打楽器のバランスは的確にキープされていたと
 思います。
 Ⅱのクラリネットの甲高い音のソロもお見事でしたし、
 ドラム担当の打楽器奏者の打点の決まり方は、最高でしたね・・・・!!
Ⅲは一転してしっとりと決めていたけど
 他のチームの演奏の場合、もう少し長くやるところを比較的短めに打ち切って
 (やや強引に音を伸ばし気味にして終わらせて)
 速やかにⅣの後半に突入していったのは、
 「一気呵成に終わらせたい・・・、スピード感を持って終わらせたい・・」という指揮者の意図の表れなのかな・・・
 Ⅳはやや強引な感じもあったし、
 ラストのトランペットセクションの「ヘロヘロ感」は、ま、ご愛嬌として、
 少し音色が荒れ気味の傾向も無くは無かったのですけど、
 それ以上に、奏者の積極果敢に最後まで攻めて攻めて攻め抜くの姿勢が貫かれたのが
 とても良かったと思います。

 とにかく聴いていて、
 「ガツンとやられてしまった・・・・!!」・「ノックアウトされてしまった・・・!!」・「生命力に脱帽・・・」
 といった思いの方が強かったです。

 演奏終了後のブラボーコールは、多分・・・・自然発生的なものだと思いますし、
 拍手がしばらく鳴り止まなかったのは、
 多分私が感じた事は、普門館の聴衆の大半の気持ちだったようにも思えます。






さてさて・・・・

昨年9月頃に書いたと思いますけど、

中沢けいさんの小説/楽隊のうさぎにおいて、
この「シバの女王ベルキス」が登場します。
ちなみに中沢さん自身は、この1991年の土気中の演奏をガンガン聴いて
ガンガンイメージした・・・・と
後に記されています。

その「楽隊のうさぎ」なのですけど、

ストーリーは特に複雑なものはなく、
掻い摘んで書くと・・・
「小学校時代の、いじめなどの嫌な思い出から、なるべく学校にいる時間は短くしたいと思っていた克久は、
なりゆきで最も学校にいる時間が長い「吹奏楽部」に入り打楽器を担当する事になる。
先輩や仲間たちとの交流を深め、しだいに音楽の世界にのめり込んでいき、
最後は普門館の全国大会の「シバの女王ベルキス」の演奏シーン、そしてブラボーコールで終わる・・」
という感じのものです。

だけどこの小説、単なる吹奏楽の話ではなくて、
吹奏楽部に在籍している「克久」という10代前半の男の子が吹奏楽部の活動を通して
成長を遂げていく、同時に反抗期とか親との関わり方みたいに
いかに子供が親離れをしていくのかといった側面のお話も色々と興味深いものがあると思います。
この小説は、小学生の頃みたいなまだ「自分」というものを持っていなくて
そして自分というものに確固たる意義と役割と自信が持てなかった少年が
「吹奏楽部」という音楽組織の中で、「全体とパーカッション」・「パーカッションの中でのティンパニーの役割」
みたいな事を日々体験しているうちに
「自分」という存在に気が付いていき、「自我」を確立していく・・・・
そんなお話の側面もかなり強いと思いますし、
「母親からの自立」・「親離れ」みたいなテーマも絡めていたと思います。
単なる「吹奏楽小説」ではなくて、親子の自立という側面も同時並行で進めている点が
大変素晴らしいと思います。

1991年の土気中の演奏が、後にこうした小説の世界の中でも色々と影響を与えていた・・・・というのは
何だかとても興味深い話ですし、
それだけ土気中のベルキスの演奏は、
聴く人に「何か」を伝えるものがあったという事なのかもしれませんね。

そして・・・、私自身には間違いなく「何か」は伝わりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1845-7427f064
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |