FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在の「吹奏楽コンクール」においては、最も「聴き応え」があるというか演奏に充実感が感じられる
部門は、多分「一般職場の部」だと思いますけど
私が現役奏者の頃は、一番充実感があったのは間違いなく「高校の部」だったようにも感じられます。
1990年代~22世紀の初めに中学・高校で「吹奏楽」を経験しした人たちが
そのまま大きくなっても楽器を吹き続け、音楽を楽しんだ結果が
今日の一般職場の部の充実を呼び込んでいるとも思えるので、
今後ともそうやって生涯にわたって「音楽を楽しむ事」は忘れて欲しくないな・・・とも改めて
思ったりもしますね。
もちろん、私のようにとっくに「楽器」とか「現役奏者」から遠ざかった皆様方も
たまにで構いませんので
「あ、音楽っていいもんだな・・・」と感じて頂ければ、それで十分だとも思います。

1991年の全国大会は、結果的に、
大学・一般・職場の部の三部門が一日で審査を受ける最期の年になっていましたね。
翌年以降は、大学の部は別日程で開催される事になったのですけど、
これって少し対応が遅かったような気も・・・・
だって、一日で三部門の審査というのは、主催者にとっても審査員にとっても聴衆にとっても
メリットは少なかったような気もしますね・・・・

ま、もっとも大変古い話ですけど・・・・

1970年代の全国大会なんかは、年度によっては
中学の部が終了した後に続けて一般の部とか職場の部を開催した年もあったようですね・・・・
ま、今では絶対にありえない話ですけどね・・・・


〇内灘中学校

 B/交響曲第3番「シンフォニーポエム」

 いやいや、これは大変な名演でしたね・・・・
 この年は土気中学校の「ベルキス」というとてつもない名演があったおかげで(?)
 この学校とか出雲一中とか野田の素晴らしい演奏が
 少々印象度が薄い・・・・みたいな感じにもなってしまいましたからね・・・・(苦笑・・)
 自分の感想としては、この年に出場した中学の部のチームの中では
 最も音色が洗練されていて、サウンドに透明感&清涼感があり、
 「サウンドの美しさ」という点においては群を抜いていたと思います。
 そうした音色を有していたので、
 正直、自由曲が開始される前までは
 「こんな洗練された優雅な音色で、こんなハチャトゥーリアンの3番みたいな豪快で荒っぽい曲を
 吹いても大丈夫かな・・・、もしかして選曲ミス・・・??」と
 少々危惧したものですけど、
 なんてことはない・・・、
 これまで聴いた「シンフォニーポエム」とは全然異なるもう一つの「シンフォニーポエム」を
 聴かせて頂いたような印象があります。
 ハチャトゥーリアンのこの曲は、1984年の花輪高校というウルトラ級の名演があり、
 どちらかというと「ゴツゴツした」とか「豪快で粗野」とか「音量過剰」みたいなイメージが既に
 自分の頭の中に定着していましたけど、
 この内灘中の演奏を聴いて・・・
 「そっか・・・、この曲は何も荒っぽくなくてもいいんだ・・・、こういう優雅な演奏も可能なんだ・・」と
 感じたものですし、
 別に音量的な迫力だけでなくても、「音色」と「美感」でも人に「迫力」を伝える事は出来るものだ・・・と
 本当にしみじみと感じたものです。

 ま、このチームも、鳴るべき部分は適度に鳴らしていましたし、
 マリンバのデュエット(注,原曲はクラリネットの二重奏・・・)以降のたたみかけるような雰囲気とか
 スピード感はとても良かったと思います。
 
 全体的に少し「おっとり」している感じはあるのですけど、
 こういう優雅なシンフォニーポエムにも「別の意味の可能性」も感じた事は事実です。

 とにかく素晴らしい演奏でした!!

 ラストのドラのロールもコントロールが効いていて申し分なかったです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1842-078646a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |