FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年末年始は、ほとんど外出する事も無く、夫婦二人揃ってほとんど「引きこもり状態」・・・・(苦笑・・)
ま、外は寒いですしね・・・
それに・・・
年末年始休暇も1/6までですので、あと少しで終ってしまう・・・・・(泣・・・・)
残りわずかのこの「リフレッシュできる時間」をゆっくりと過ごしたいものです。

何か年末年始は、ずーーっと「プリキュア」ばかり見ていた・・・・という気もするのですけど(苦笑・・)
こんだけプリキュアばかり見ていると、
さすがに少々飽きてきます・・・
そんな時に・・・・
大晦日でレンタルしてきたDVDが活用できます・・・・!!
「物語シリーズ」~「偽物語」・「這寄れ! ニャル子さん!」・「ニセコイ」・「らき☆すた」などを
堪能しておりました・・・・

特に面白かったのは・・・・

「物語シリーズ」から「偽物語」、この中に収録されている「つきひフェニックス」の上下巻なのですけど、

いやいや、これ、すごい・・・・、驚きました・・・・・

ネット上の色々な方の反応とか感想を事前に見ていて、ある程度予想はしていましたけど、
ここまでやってくれるとは・・・・
というか・・・・、この「つきひフェニックス」の上巻って
何か・・・・R18指定でもいいような感じですね・・・・
「歯磨き」シーンという日常普通に行われる行為を・・・・
あんなにエロチックに官能的に延々10分以上も描くことは出来るものですね・・・・

何か・・・・

新年早々、「ごちそうさま・・・!!」という感じですね。

いずれ機会があればこの「つきひフェニックス」の感想は書いてみたいと思います。

だけど・・・、「月火ちゃん」が主役のはずなのに、上巻では月火がほとんど登場してこない・・・というのも
何かいかにも「物語シリーズ」らしい仕掛けですね・・・・

あ・・・、またまた冒頭から話がそれてしまいました・・・

ツタヤでレンタルしてきた中で、「物語シリーズ」と並んで面白かったのは・・・・
「ガールズ&パンツァー」ですね。
この作品は以前にもこのブログでも何度か取り上げた事がありますけど、
改めて視聴してみると、やっぱり最高ですよね・・・・!!





「ガールズ&パンツァー」は、昨年夏に
アニメ本編では未公開だったアンツィオ高校との激戦だった部分をクローズアップした
「これが本当のアンツィオ戦です」という映画が公開されていましたけど
ただこの映画は残念なことに全国で15の映画館でしか公開されず、
埼玉で唯一公開されていた映画館が家から少し遠いせいもあり、見に行けず、
そのDVDもまだ見ていないので、
ツタヤ等で旧作扱いになりレンタル料金が安くなったら絶対に見てみたいと思っています。

余談ですけど・・・・

「ガールズ&パンツァー」に登場する声優さんって歴代プリキュアの声優さんがかなり多く、
シャイニールミナス・レモネード・ミルキィローズ・ベリー・ハッピー・ピース・ハート・ロゼッタの声優さんが
ガルパンでも出ていました。
ちなみにガルパンの主役の西住みほの声優さんがキュアロゼッタです。


136966017012313128501_sks_1024_768_convert_20150104172613.jpg

このアニメで特に感じた事は、BGMの吹奏楽による「マーチ」が実に素晴らしいし
映像とよく合っていると思います。
うん、やはり「戦車」と「吹奏楽のマーチ」の相性はもはや鉄板ですね・・・・
第一話の冒頭から既に登場しているガルパンのメインテーマ曲とも言える
「戦車道マーチ/パンツァー・フォー」の勇壮なマーチが実にこのアニメとマッチしていますね。
やはり弦楽器がない所が「重厚感」とか「堅苦しさ」を回避でき
吹奏楽による「どこまでも明るい響き」と「爽やかさ」を演出出来ていると思います。

この「ガールズ&パンツァー」の戦車道マーチは
実にノリがいいですね。
ティンパニーのズトンズトンという打点が見事に決まっていますし
小太鼓のリズムが実に秀逸
ピッコロの音も「軽やかさ」を演出出来ていて
ティンパニーの重厚感との鮮やかな対比もさりげなくアピールしていると思います。

やはり吹奏楽の一つの醍醐味は、
マーチとダンスなのかな・・・・


ダージリン


今回レンタルしてきたのは、第2巻です。

この巻は、聖グロリアーナ女学院との練習試合がメインになっていますけど、
私、結構最近まで、
この学校で登場する、ダージリン・アッサム・オレンジペコって
イギリス人だと思っていましたけど、
実は日本人だったのですね・・・・(苦笑・・・)
でこの3人の名前と言うか愛称が、「いかにもイギリス・・・」というよりも
「紅茶そのまんまやねん!!」と関西弁でツッコミたくなりますね・・・・
ま、イギリスの方は世界中の誰よりも「紅茶を愛する」という話は聞いたことがありますので・・・・

このダージリンは・・・、なぜかこの第二話もそうですけど、
その後何回か登場する場面でも
世界各国の名言&格言を連発していましたね・・・
時に正鵠を得ているけど、時に「なんじゃ、そりゃ・・・」みたいな的外れみたいな事を言っていたのは
優雅で上品な振る舞いとは別に、
何かお茶目な感じがしていて面白かったですね。

一例をあげると・・・・

「どんな走りをしようとも、我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ。」

「イギリス人は恋愛と戦争では手段を選ばない」

→ま・・・、そのダージリンさんはれっきとした日本人なのですけどね・・・・(苦笑・・・)

「サンドイッチはね、パンよりも中のきゅうりが一番おいしいの。挟まれた方がいい味だすのよ。」

「土壇場を乗り切るのは勇猛さじゃないわ。冷静な計算の上に立った捨て身の精神よ。」

→最後の格言は、なぜかプロ野球の野村克也のお言葉・・・・
 「やっぱりあんたは日本人じゃけんのう・・・・」と広島弁でツッコミたくなりますね・・・・(苦笑・・)

この聖グロリアーナ学院が戦車で駆け巡る際にBGMとして流れていたのが
「ブリティッシュ・グレナディアーズ」という
イギリス軍の擲弾兵部隊等が使用する行進曲でしたね。

ちなみにこの行進曲は・・・・

歌詞が付けられていて、このマーチをバックに歌われる事もありますし、
管弦楽とか吹奏楽として演奏される事もあります。
日本では、かつてユーキャンがこの行進曲をCMのBGMとして使用していましたね。

「ガールズ&パンツァー」でも、
冒頭のピッコロの可愛らしい響きに続いて勇猛な金管セクションへのメロディーラインが
展開されていましたけど、
「戦車道マーチ、パンツァーフォー!」に負けず劣らず
いかにも「戦車の進軍」に相応しい吹奏楽によるBGMでしたね。

このアニメは一期で終了し、結果的に
大洗女子は公式戦では負けなし、唯一敗戦した相手が、第二巻の練習試合で対戦した聖グロリアーナ
という事になりますので、
映画もいいけど、機会があれば是非第二期も見てみたい作品ですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1841-cbd22721
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |