プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


年末の記事の中で、
埼玉からかなりの距離がある遠方顧客宅の挨拶廻りに行った際、
その移動時の車内のBGMとして、マルコム=アーノルドの交響曲第1~5番を聴いたと
書いていましたけど、
それ以外にもショスタコーヴイッチの交響曲第5番とか7番も一応流したものの
ショスタコの曲を移動の車内BGMとして流してしまうと、
どんどん自分の感覚が曲の中に入り込んでしまい、運転のBGMには全く適していない・・・という事が
よく分かったものでした・・・・

そこで・・・・

この年末年始の間、このショスタコーヴイッチの交響曲第7番「レニングラード」も
改めてじっくりと聴いてみました。

うーーん、やっぱりこの交響曲は素晴らしいですね!!

ショスタコーヴイッチの交響曲は、何と言っても圧倒的に交響曲第5番が有名ですし、
この交響曲の人気&演奏頻度&録音頻度は突出していると思います。
ショスタコの交響曲でその次ぐに来るのがやはり7番「レニングラード」なのかな・・・・
(ま、私としては、1番・8番~10番・12番も好きなのですけどね・・・)
交響曲第5番は比較的、「内面的」な感じがするものですけど、
交響曲第7番の方は、どちらかというと、「外面的効果」の方が強いような印象もあります。
ま、分かり易さとか演出効果という観点では、7番の方が際立っているような感じもあります。

交響曲第7番「レニングラード」を少し歴史的に見てみると・・・・

要はこの交響曲は戦時中の大変緊迫した局面で生み出された曲なのです。

第二次世界大戦中、序盤の段階で優勢に戦局を進めていたヒットラー率いるナチス軍は
ソ連への侵攻をも決定・・・
そして、そのソ連侵攻での一つの大事なポイントが、
当時ソ連の第二の首都とも言われる「レニングラード」(現・サンクトペテルブルク)の攻防戦でした。
「レニングラード」は、ドイツにとってもソ連にとっても
防衛上・経済上の大事な拠点であり、
ナチス・ドイツにとっては、
「このレニングラードを占領できれば、ソ連崩壊は時間の問題・・・」
ソ連にとっても「レニングラード攻防戦は、ソ連の生命線」という事で、
両軍の歴史に残る熾烈な激戦が繰り広げられていったのでした・・・・
そして・・・、戦闘開始早々にナチスドイツ軍は、レニングラードを包囲し、
ソ連軍を追い詰めていったのでした・・・・

しかし・・・・

ナポレオンの「ロシア侵攻」と同様に、ナチス・ドイツ軍はロシアの「冬将軍」と言う「寒気」とも
戦わなくてはいけなかったのです・・・
そして、本国からの援軍も乏しい中で・・・
結局は・・・・
ナチスドイツ軍の「降伏」という結果になったのです・・・

当時、ショスタコーヴイッチは、このレニングラードにて
音楽院の教授をしており、まさに
この激戦のレニングラードにて、そしてナチスドイツ軍によるレニングラード完全包囲の中で、
この交響曲第7番「レニングラード」が作曲された・・・という事に
なるのです。
ちなみに、それは本当に歴史的事実でして、ショスタコーヴイッチ自身、戦火の際に消防士の格好をして
この第二の首都を防衛している写真も残されています。

この交響曲第7番「レニングラード」のある意味異様とも思える「高揚感」というのは、
やはり本人が直接、戦争に関わっていたからという事に他ならないと思います。
こういう音楽というのは、
恐らくは・・・
戦火の最中で無いと書けないような気もします・・・
同じようなケースとして、
ハチャトゥーリアン/交響曲第2番「鐘」とかプロコフィエフの交響曲第5番も言えるのかも・・・
やはりああいう曲は、「戦争」という一種の極限状態でないと書けないような雰囲気は
ありますね・・・・

この交響曲はかなり長い・・・

全四楽章構成ですけど、演奏時間は軽く75分を超えます。
第一楽章だけで27分程度を要します。

実を言うと・・・・

この交響曲を生の演奏会で聴いたのは、結構後でして、平成に入ってから・・・、そう確か1990年の
東京文化会館で開催された都響の定期だったと思います。
(指揮は井上道義でした・・・)

だけど・・・・

この交響曲を生で聴いてみると、
絶対にCDでは分からないような事も色々と分かり大変面白かったです。
この交響曲には、
実は第二楽章以外の全ての楽章で、バンダ(別働隊)が加わるのですね。
このバンダは、特に第四楽章で効果的に使用されていたと思います。
また、CDで聴く限りでは、この交響曲で使用される「小太鼓」(スネアドラム)は一台だと
思っていたら、なんと・・・・3台も使用するのですね・・・・
(原曲のスコア上の指定は小太鼓は2台ですけど、その後何回かこの交響曲の生演奏会を
訊いた感じでは、2人の場合もありましたし、3人の場合もありました・・・)

やはり生で聴くのは違いますね・・・・

この交響曲第7番「レニングラード」の最大の特徴というか聴きどころは
何と言っても第一楽章だと思います。

出だしこそは、幾分快活に始まっていくのですけど
すぐに悲痛な感じが随所に表れてきます・・・
何となくイメージとしては、
「それでは祖国のために戦ってこよう!!」と勇ましく戦場に出かけた兵士が、「戦争」という実際に
流血と死が向かい合わせの場所と直面し、
「本当にこれでよかったのか・・・、自分の選択は間違っていなかったのか・・」と思い悩むようにも
感じられます。
そう、ベトナム戦争を背景にした映画「ブラトーン」の主人公と同じような感覚なのかも・・・
曲が開始され、6分が経過した辺りから、
突如、「小太鼓」が「ある一定のリズム」を延々と叩き始め、その小太鼓のリズムに乗っかる形で
様々な楽器がメロディーを担当し、曲を展開していきます。

そうなのです・・・!!

この交響曲の第一楽章は、ある意味において、ラヴェルの「ボレロ」を一つの参考にしているのです。
というか、ボレロをパクッたと言っても決して言い過ぎではないような気がします・・・・
この「ボレロ」のパクリの部分では、オーボエとファゴットの掛け合いの部分が
個人的には大変気に入っています。
ま、ボレロの場合、優雅に静かにゆったりと徐々に徐々に盛り上がっていくのですけど、
ショスタコの場合、かなり早い段階から金管セクションが咆哮し、
小太鼓もいつの間にか、2台目・・・、そして3台目と加わっていき、
そしてテンポもどんどんヒートアップしていき、最後は「破綻」するかのように
全音で爆発していき、このボレロの部分は終焉を迎えます・・・・

小太鼓がある一定のリズムを刻み、これに管楽器・弦楽器が絡んでいき盛り上がっていくという
「ボレロ」の手法を用いた曲としては・・・

例えば・・・・

〇橋本國彦/交響曲第1番第二楽章

〇アーノルド/組曲「第六の幸福をもたらす宿」~Ⅲ.ハッピーエンディング

〇兼田敏/シンフォニックバンドのための交響的音頭

などか挙げられるのかな・・・・・??

第一楽章の前述の「ボレロ」の部分が終わった後のドラのゴワワーーーンというとてつもない響きとか
金管セクションの咆哮とか
とにかく凄まじい迫力がありますね。
でも、ラストは、小太鼓のボレロのような繰り返しのリズムが弱奏で刻まれる中、
ミュートを付けたトランペットの幾分寂しそうな感じというのか、
「まだまだ戦争は続いている・・・」みたいな警告みたいな感じで静かに閉じられます・・・

なーんか、この交響曲は第一楽章だけで既に「お腹一杯・・・」という感じですね・・・・(苦笑・・)

第二楽章と第三楽章は、比較的静かな感じの音楽です。
第二楽章のもの哀しいオーボエのソロが印象的なのですけど、
唐突に小太鼓やら金管セクションが乱入し、突如曲は激しく高揚します。
瞬間的に「平和」が来たけどまだまだ「戦火」は続いているみたいな「現実の空気の重さ」を
反映しているようにも聴こえます。
第三楽章は・・・・
うーーん、とにかく清らかで美しい・・・・・
「この美しい国土を怪我す奴は絶対に許さん!!」みたいな「悲壮感」も漲っていると思います。
そして第三楽章から休みを挟むことなく第四楽章に繋がっていき、
最後は、高らかに「讃歌」が歌い上げられていき
感動的に曲は閉じられていきます。

だけど・・・・

この交響曲は、決して「勝利を祝う曲」ではないな・・・と感じます。

勿論・・・、この「レニングラード包囲網」を撃破したという事実はあるにせよ、
戦争はまだまだ続いている・・・・という感じが漂いますし、
第一楽章もそうなのですけど、第四楽章を聴いてしまうと、
何となくですけど・・・・・
「助けて・・・・、この閉塞的な状況から自分達を開放して・・・・!!」みたいな何と言うのかな・・・・
「SOS」のサインというか叫びみたいなものを微妙に感じ取ってしまいます・・・・

何だろうな・・・・この感覚・・・・、

ショスタコーヴイッチの「証言」と言う自伝を見てみると
「スターリンが破壊し、ヒットラーがとどめの一撃を加えたレニングラードの悲劇」とか
言っていますけど、
それとはまた違うような感じが・・・・
(ま、あの「証言」という本自体、偽作・創作という評価が付きまとっていますけどね・・・・)

要は・・・・

「何で人と言うものは、いつまでたってもこんな愚かな行為を繰り返しているのだ・・・!!
少しは過去の歴史から学習しろ!!」みたいな
「教訓」みたいなメッセージもあるのかな・・・と思ったりもしますね・・・・
「確かにこの戦いには勝ったけど、それがいったい何なんだ・・・・、この戦争で失ったものは
あまりにも大きい・・・
そんな心の空虚感をどうすればよいのだ・・・・!!」みたいな「叫び」が
第四楽章にエコーするのですけどね・・・・
(ま、それはあくまで私の感覚・・・・)

この曲をCDで聴く場合、
前述の「SOSサイン」みたいな感覚を求めたいのならば、ゲルギエフ指揮
「勧善懲悪」みたいに
「やったぞ!! ヒットラー軍を撃破した!!」みたいな感覚を求めたいのならば
バーンスタイン指揮とかヤルヴィ指揮を
お勧めしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1838-ebf09918
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |