FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


ハピネスの次回作「Go! プリンセスプリキュア」なのですけど、
公式のHPのキャラ設定とか告知映像を見る限りでは、
何となくですけど、
黄色系の「キュアトゥインクル」に人気が集まりそうな感じがあります・・・・
ま、まだ始まってもいませんし、こればかりは実際に第一話を見てみないと
何ともいえませんけどね・・・・

だけど・・・・

私としては、初期設定を見る限りでは
「キュアトゥインクル」にハートキャッチされてしまった・・・・という感じですね・・・

あれれ・・・

でも珍しいな・・・・

「プリキュア」というと、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーなどのように
王道的ピンク系主人公に最初の段階からハートキャッチされる事が多いのに
今年は最初から黄色系か・・・・
今までだと、ピンク以外なら
ドキドキの六花とかハートキャッチのマリンのように
「青」というのがピンクの次に多かったのに、
今年のプリキュアはいきなり黄色ですか・・・・

ま、だけどこればかりは見てみないと何とも言えませんよね・・・・
実際、フレッシュの際も、
予告編の頃は、
「あれれ、今度の黄色のパインは中々いいな・・・」と思っていたら
実際番組が始まってしまうと
私のココロは・・・・「ラブ兄貴!!」になっていましたからね・・・・(苦笑・・)
それに多分、今度のプリキュアは間違いなく「追加戦士」は出てくると思いますのて
何とも言えない所ですね・・・・

ま、だけど、「プリンセスプリキュア」も間違いなく2015年の楽しみの一つですし、
今からとても期待しています。
(ま、その前にハピネスの最終決戦ですけど・・・・)

それにしても・・・・

トゥインクルの「吊り目」はなかなかいいですね・・・・!!

あの「吊り目」は一発で気に入ってしまいました。
少し気の強そうな感じとか、現役モデル設定とか・・・・・
まさか、フレッシュの美希みたく「少し気の毒な公式設定」にはなりませんよね・・・・(苦笑・・)

他の二人に関して言うと・・・・

フローラは・・・・・

うーーーーん、ピンク系なのに微妙・・・・・(苦笑・・・)

いかにも庶民派の庶民感覚溢れた「おバカ転校生」という感じですね・・・・

マーメイドは・・・・・

うーーーーーん、ある意味もっと微妙・・・・

変身前のあの雰囲気と姿は・・・・

あれは「プリキュア5の水無月かれんさん」以外の何者でも無いですね・・・・

当面は・・・・

「キュアババア」とか「OLさん」とか「35歳の子持ち主婦」とか
「ババア、結婚してくれ!!」とか
「少なくとも中学生には見えない・・・」
等々の陰口(ある意味、褒め言葉・・・??)は避けられないかな・・・・・(苦笑・・・)

でも安心して欲しいです・・・・

「マーメイド様、あなたには月影ゆりという色々な意味で(?)師匠がいますから・・・」と
お伝えしたいですね・・・・(笑)
それに・・・・
キュアエースとかキュアテンダー、
はたまた・・・・
「キュアフラワー」という元祖「正真正銘ババアプリキュア」(後期高齢者プリキュア・・・・??)
だっているのですから・・・・

あ・・・・、何かまたまた話がそれてしまいました・・・・・

前の記事でも書いている通り
この年末年始は、例年通り・・・、その年のプリキュアの「第一話から視聴」を敢行していましたけど、
改めて「ハピネスチャージプリキュア」を見ていると・・・・
ま、確かに色々と感じる事は一杯あるのですけど
特に際立っているのが「ゆうゆうの完全無欠さ・・・」ですね・・・・

いやいや、この子はすごいですね・・・・
(ひめ風に表現すると「すごごごーーい!!」という感じなのかな・・・・)
酸いも甘いも知り尽くした雰囲気とか既に恋の魅力も辛さも熟知した言動とか
ボケも出来るしお色気担当もこなせるし
ポンコツメンバーを温かく優しく包み込むそのおおらかさとか
大人っぽい対応力とか
全てがほぼ「パーフェクト」に近いような感じすらあります・・・・
戦闘面でも、防御も攻撃も両方こなせるし、
歴代プリキュアでも最大の「武闘派」とも言えるキュ荒プリーの無茶のフォローとか
フォーチュンのサポートとか
しっかりこなせているし、
何よりも、物語中盤のファントムによるびかりが丘侵攻回(フォーチュンとプリンセスの和解の回)あたりの
ハニーによる「ほとんど一人でサイアーク撃破状態」は
もしかして「ハニーこそが歴代最強・・・??」と思った回は無かったですね・・・・

でも・・・・・

ゆうゆうというか、キュアハニーを語る上で
プリキュアハンター、ファントムとの絡みは絶対に避けられませんし、
アンラブリー回の次の回の「ゆうゆうとファントムとの交流」の回とか
(最後のファントムの「ごちそうさま・・・」のセリフはホント、マジでしびれましたね・・・・)
ファントム最後の戦いのハニーVSファントムの戦いは
ハピネスを語る上では外すことが絶対に出来ない「神回」でしたね・・・・

今年のハピネスの物語は、ホント素晴らしい話が多かったのですけど、
やはり「アンラブリー」の回とか、フォーチュンの真の意味での覚醒の回(プリンセスとの和解)とか
ハニーVSファントムの戦いとか
なぜか「ファントム」が絡む回に特に際立って素晴らしい「神回」が多かったような印象が
ありましたね・・・・
しかもファントムと絡むことが多いのは、どちらかと言うとフォーチュン・ラブリーなのですけど、
印象としては
ゆうゆうと絡んだ時の方がインパクトは強かったですね・・・・!!

これって以前も書いたと思うのですけど、
何か黄色系プリキュアって、スマイルあたりまでは「マスコット」みたいな面も無くは無かったのですけど
それを打破したのがドキドキの「ロゼッタ」でしたね。
そしてロゼッタから更に飛躍的な進化を果たしたのがハニーのような気がします。
何か来年の今頃と言うか、半年後あたりには、
歴代大好き黄色系四天王とか言って「パイン・ロゼッタ・ハニー・トゥインクル」にぞっこんだっりして・・・・(苦笑・・)

それにしても・・・・・

キュアハニーと言うと、忘れちゃいけないのは、「特製ハニーキャンディー」ですね・・・・

そしてハニーというと、そのハニーキャンディーを使っての「餌付け」ですよね・・・・

めぐみとひめはもちろん、
何といおなに対しても餌付けをしていましたよね・・・・
そうそう、三ツ谷のばあちゃんとか漫画家さん・モデルさん、子供たち・・・・
そして・・・・、ハワイのアローハプリキュア達にも餌付けはしていましたね・・・・





だけど・・・・・

何とアニメ本編を通り越して
映画「人形の国のバレリーナ」では・・・、人形たちにも餌付けをしていましたよね・・・・

ファントムに対しては・・・・

さすがにハニーキャンディーではなくて「おかゆ」で餌付けをしていましたね。


ca3645ab_convert_20150102201655.jpg


8a0b348f_convert_20150102201617.jpg


でもね・・・・

最近改めて発見した事が一つありました・・・・

何かと言うと、スイートプリキュアのハロウィン回で
自分一人で何とかネガトーンを撃破しようとやや功を焦り気味のキュアミューズに対して
肉屋のおばちゃんがアコちゃんに飴を差し出し「一人じゃないんだよ・・・もっと楽しんで」と
諭したように
メロディがミューズの口元にキャンディーを差し出し
「もうミューズは一人じゃないんだよ。
今までのように一人で抱え込まなくてもいいんだよ・・・」と優しく諭していたのは、
うーーーん、あれはもしかして・・・・・
「キャンディーを使っての餌付け」の一つなのかな・・・・??

あれれ・・・・

そうなると「飴を使っての餌付け」の元祖は、ゆうゆうではなくて響という事になるのかな・・・・・??

でもあの時の響は・・・・

少し生意気でやんちゃな妹を優しく包み込む「お姉さん」そのものでしたね・・・・

あのハロウィン回は、ホントまじでアコちゃんが半端なく可愛かったものですけど
こういうさり気ないメロディも中々素敵なものがありましたね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1835-08656057
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |