プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近でもコンクールの小編成の部でも、バーンズのこの不滅の名序曲を聴くこともあり
嬉しく思います。

この曲は、本当に楽しく躍動感があり、実に分り易く親しみやすい曲ですよね。

このアルヴァマー序曲が演奏されるようになったのは1982年ですけど、
実はこの年に、スゥェアリンジェンのインヴィクタ序曲とかリードの春の猟犬が
コンクールデビューを果たしています。
でもこの頃コンクール等で演奏され始めたこれらの吹奏楽オリジナル曲が
今日でも演奏されている事は、本当にうれしい事であり、
やはり名曲というものは、多少の年月が経過しても色褪せないで
受け継がれていくものなのだなーと実感します。

この序曲はホントにシンプルだけど素晴らしい曲ですよね。
吹奏楽の序曲にも色々ありますが、やはりこうした単純明快な A-B-Aの形式で
中間部が美しく、終結部が盛り上がって終わる曲は、
スカッとして気持ちは良いものです。
Aの部分の親しみやすいメロディーラインとか
力いっぱい駆け抜けていくような爽快さとスピード感と切れの良さは格別ですよね。
ラスト近くのクラリネットの16分音符のめまぐるしさは、楽譜を見ていても
「あ・・・、これは金管の陰に隠れてごまかすしかないな・・・」と思ったものです・・・・

年が明けて、吹奏楽のオリジナル作品でスカッとした曲を何か訊いてみたいなーとふと思ったのですけど
なぜかこの曲が真っ先に思い浮かんでしまいました・・・
この曲が思いつくなんて、
ま、その・・・・、相当の「オールドファン」という事になってしまうのかな・・・・(苦笑・・)
現役高校生ならば、スパークの「宇宙の音楽」とかチェザリーニの「アルプスの詩」とか言うのかな・・・??

かなり昔の話になりますが、確か1996年~97年頃に、
雛形あき子主演のドラマで
(スポ根ドラマで、確かマラソンを題材にしていたかな・・・?
 主人公の女の子は実は男だっという大どんでん返しのトンデモドラマでしたが・・・)
主人公たちが走っている時のBGMで、このアルヴァマー序曲が流されていて
驚いた記憶があります。

バーンズという作曲家は、日本においては、1982年のこの序曲を持って認知され始めたという
所なのでしょう。
同年に「呪文とトッカータ」というこれまた素晴らしい曲で、大いに当時の聴衆を魅了しています。
というか、いつの間にか「呪文とトッカータ」というタイトルが「祈りとトッカータ」に変更に
なっていますが、なぜ表記名が変わったのでしょうかね・・・?
習志野高校は、当時も現在も吹奏楽の名門校で、自由曲はほとんどアレンジもので出ていますが、
1982年は、なんとこの「呪文とトッカータ」というオリジナル曲で臨んでいます。
これは、今となっては信じられない事かもしれませんがね・・・
だけど、正直演奏は粗い・・・
「洗練」が売りの習志野とは思えないほどの豪快で強引なドライヴです。
習志野は、1984年にも邦人オリジナルの詩曲「地底」を選曲していますが、この頃は
随分サウンドも落ち着きを帯びています。
だけど「呪文とトッカータ」の名演は、やはり1983年の福岡工大付属に尽きると思います。

バーンズは、他にもペーガンダンスとかパガニーニの主題による幻想変奏曲とか
色々素晴らしい曲を残していますが、個人的には
交響曲第二番が大好きです。
よく交響曲第三番の方が抒情性やドラマがある分秀でているという評価を受けていますが、
(事実、第三番はバーンズの子供の死という悲劇とそれを乗り越えたドラマがあるみたいですが・・)
私は、無限のエネルギーを秘めている第二番の方が好きです。
第二楽章「中断された変奏曲」のオーボエのつぶやくようなソロもいいですし、第一楽章冒頭の
中東のアラブの音楽みたいな雰囲気もいいですが、第三楽章の「とてつもない荒々しいエネルギー」
には適わないと思います。

バーンズは依然東京佼成の客演指揮を務め、自作自演の演奏会もしていましたので、
またもう一度見てみたいですよね。

むかーし、この序曲をコンクールとか春の定期演奏会の前のいわばシーズンオフの時期に
練習曲の一つとして吹いた事がありましたけど、
当時指揮者の先輩から
(私の当時在籍していた高校は、当時は生徒指揮でした・・・・)
「少し振ってみる・・・?」と声を掛けて貰って
何度かこの曲の指揮をした事がありますけど、
この曲ほど振っていて「気持ちいい!!」と感じた事はありませんでしたね・・・・!!
基本的には4拍子ばかりだし、変拍子かほとんどない単純な曲でしたし、指揮する身としては楽でしたね・・・
中間部を極端にテンポを落とし、テンポルバートを掛けまくり、
わざと中間部のある地点にクライマックスがくるような解釈をしたり、
ラストはテンポをあげまくり一気呵成に終わらせるなど
かなりやりたい放題の解釈だったと思いますけど、
とにかく気持ちは良かったですね・・・・
ちなみに先輩が振ると7分30秒の曲も
私が振ると8分50秒になってしまいました・・・・(苦笑・・)

それでも・・・・

「こういう解釈も面白いね・・・」と言って貰えるのが嬉しかったものです・・・

というのも、

中学の頃は、とにかくおっかねー威圧的で上から目線で
「文句を言うヒマがあるなら練習せい!!」の強圧的な先生が指揮者でしたけど、
この先生は、教頭間近の学年主任も兼ねていて、何かと忙しく
練習の途中でも抜けだす事はよくありました・・・・
その際、
「部長のお前が、全体練習の指揮をしろ!!、但し、俺の指示した通りに演奏せい!!」と厳命されたものです・・・

ああいうのは、正直指揮する方としても全然面白くないですよね・・・・

やはり「音楽」というのは、言われたから、言われたとおりに演奏するという行為ほど
つまらないものはないですね・・・・

その年のコンクール自由曲は、エリクソンの序曲「祝典」(→うう・・・・、この曲も懐かしすぎる・・・・)
でしたけど、
一度「たとえ怒られても自分のやりたいように演奏してみたい・・・」と思い立ち
アルヴァマー序曲同様に、中間部を極端にテンポを落としラストをたたみかけるような演奏した所、
奏者からは「おもしろーい・・・!!」と言われて結構好評(?)だったのですけど、
その顧問の先生が戻ってくると、
「あーー、お前、俺がいない時に勝手にテンポをいじくりやがって!!」と後でえらい怒られたものですけど、
でも音楽って、
その「自由さ」がいいんじゃないのかな・・・と
今にして振り返るとそう感じてしまいますよね・・・・
曲の解釈なんてのは「たった一つ」では無い・・・・
人によって色々な解釈とか表現方法があるから面白いと思うのですけど、
その当時はそういう当たり前の事さえ気が付かず、
単に「あーあ、怒られちゃった・・・、やっぱり音楽は押し付けられるもの・・・
こんな嫌な事は高校に入ったら絶対にやらない・・・」と思っていたものですけどね・・・・

ま、高校に入って
「生徒指揮」というある意味究極の「音楽の自由さ」を体験できたからこそ、
音楽に興味が持てるようになり
今の自分があるのかな・・・と今でも思ったりしますけどね・・・・

あれれ・・・、何で新年早々、こんな昔の事を語っているのだろう・・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ものすごくカッコイイ!

中学の時、初めてこの曲を聴いた時そう思いました。
わかりやすい曲で、カッコイイー!

その当時流行っていた、ジャーニーの「セパレイトウェイズ」とか、エイジアとかに通じるようなそんなノリで聴いてましたね。

以前にも書いたかもしれませんが、子供の小学校の閉校式の記念コンサートのオープニングにこれを演奏してもらいました。実行委員長だった私の極々個人的な趣味で!

吹奏楽に馴染みのない人、田舎の爺さん婆さんでも抵抗なく聴いてもらえる華のある曲だと思います。

今でも時々車の運転中とか家事の合間に口ずさんで一人でテンションを上げてます(笑)。

アルヴァマー序曲

ゴーヤーサンド 様

「セパレイトウェイズ」と言うと、「フロンティアーズ」でしたっけ・・・・??

確かに「アルヴァマー序曲」はそんな感じのノリですよね。
あと近いのは、当時流行っていた「ハッスル」なのかな・・・・

でもこの序曲は、確かに音楽とは無縁の方々にも楽しく聴いて貰えそうな曲ですよね。
基本4拍子だから指揮者にとっても振り易い曲でしたね。

お子様の小学校の閉校式の記念コンサートのオープニングで演奏してもらえるなんて
羨ましい限りですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1832-3b7d722b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |