FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


来年2月からは・・・・

第10代目プリキュアにしてシリーズ通算12年目の作品になりますけど、
「Go! プリンセスプリキュア」が開始されます。

だけど、こうやって毎年毎年「プリキュアシリーズ」を見続けているのですけど
全然「飽き」というか「マンネリ化」みたいな事は
感じないから不思議なものです・・・

とにかくこうやって毎年魅力溢れる物語を見せて頂いている事に
とにかく「感謝!!」とか「ありがとう!!」の気持ちしかないですね。

今年の「ハピネスチャージ」の物語も、本当に魅力溢れるもので、
一年間見ていて、
本当に楽しませて頂きましたし、
時に、めぐみ(キュアラブリー)に対する自分自身の「思い入れ」は
我ながら、「しょーもねーなー」を通り越し、半端ないものを感じてしまいます・・・・(苦笑・・)
ま、確かに後半以降は、ブルーに対しては少しばかり言いたい事は多々ありましたけどね・・・・


20131205103545128_convert_20140225190705.jpg


何かこのブログでも、何かと言うと
「ポンコツ、ポンコツ・・・」と連発していましたけど、
ま、プリキュアの一つの魅力は、
少しダメダメだけど一生懸命頑張る女の子が、自分の夢を見つけて羽ばたいていく・・・という事に
あると思うのですけど、
初期の段階でポンコツな子ほど、その「羽ばたきの度合い」が大きくなるから
特にハピネスの物語は
そうした意味では、何か歴代シリーズの中でも感銘度というか思い入れが強かったようにも
思えます。

よく歴代プリキュアの中で、メンタル面がやや弱いプリキュアとして
なぜかキュアピーチがネット上ではあげられることが多いのですけど、
ピーチってそんなにメンタル面弱かったかな・・・・??
その弱さの一つでよく指摘されている事が、イースの正体が判明した際のラブのひどい落ち込み振り・・・
というのがありましたけど、
だって、それを言っちゃうと・・・・
多分歴代でも最強クラスにメンタル面が強いキュアハートですら、
レジーナとの一件、そしてエースによるラビース没収の際に
ラブ並に落ち込んでいましたからね・・・・

だけど・・・・

歴代の諸先輩に比べると、やはりラブリーはメンタル面は幾分弱いのかな・・・・

ラブリーの場合、
その弱さの根源と言うのは
「自分は本当は誰の役にも立っていないのではないか・・・」という潜在的不安に尽きると思いますし、
それにつけ込んだのが
あまりにも「名作」の誉れ高い「アンラブリー回」だったと思いますけど、
そのラブリー自身も後半に進むにつれて、
「自分に何が出来るのか・・・・」
「自分と言う存在は何なのか・・・」
「自分はどうすればよいのか・・・」という問いかけに真摯に向き合い
そうした「ピンク系の主人公らしからぬメンタル面の弱さ」をラブリーなりに克服していった点は
ホント、見ていても思わず応援したくなってしまいましたね・・・・

ま、元々ラブリー自体は慈愛に溢れた素晴らしいプリキュアなのですけど
後半に行くほど、悩み傷つきながらも羽ばたく様子が丁寧に描かれていて
大変好感が持てましたね。
特に映画「人形の国のバレリーナ」におけるラブリーは、そうしたメンタル面の弱さを容赦なく抉られながらも
素晴らしい飛躍を見せつけていましたね・・・

そうそう・・・

ハピネスの場合、「ポンコツ」というとどうしても「キュアプリンセス」が出てくるのですけど、
実は・・・・
ハピネスで一番成長の度合いが大きかったのは、ひめだと思います。

だって・・・・

序盤の頃のポンコツというか
「一人ハートキャッチ状態」(つぼみの人見知り・臆病・内気とえりかの他人の痛みが分からない図々しさを
両方兼ね揃える・・・)のひめを見てみると
最近のひめの成長ぶりは凄すぎる・・・・
もしかしたら・・・・
歴代プリキュアの中でも、成長度合いの大きさはトップクラスではないのかな・・・・


ゆうゆうは・・・・

うーーん、初めから優秀すぎる・・・・

というか・・・、多分歴代黄色系プリキュアでは、あらゆる面で最強・・・・
しかもメンタル面も大人・・・・
すごい・・・、この子はすごすぎる・・・・

いおなは・・・・

初登場時では一体この子はどうなるものか・・・・と大変危惧したものですけど、
とにかくひめとの確執が解消され
ハピネスの一員になって以降は、長所ばかり目につきましたけど、
意外とお姉ちゃんっ子とかケチンボウキャラとか
面白い側面は一杯ありましたね・・・・
多分・・・、歴代紫系プリキュアとしては、私の一番のお気に入りです・・・・
フォームチェンジの「あんみつこまち」はまさに感涙ものでした・・・・(笑)





とにかく・・・・

ハピネスチャージプリキュアショーを含めて
ラプリーはじめ、この4人のメンバーには、一年間とても楽しい気持ちにさせてくれました。

私は・・・・

とにかくこの一年間の感謝の気持ちを込めて、高らかに

「ありがとう・・・・!!」と叫びたい気持ちで一杯です。

そしてこんなしもないプリキュア記事にも多くの拍手&温かいコメントを頂ける皆様にも
改めて敬意を表したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1827-379c7109
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |