プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ東京の日曜深夜アニメ「GF」もついに最終回を迎えてしまいました・・・・

うーーん、やっぱり12話の1クールだけだと短すぎる・・・・

このアニメは可愛い女の子満載で見所が多いし、何よりも「毒」の要素が皆無というのが
いいですね・・・・
何かみているだけで「ごちそうさま・・・!!」と言いたくなるような
清涼感たっぷりのアニメでしたし、
この三か月見ているだけで癒されました・・・・

このアニメは、人気声優さん達のオールスターみたいな感じもあって
人気の女性声優さん達が豪華に使われていて、その点でも実に素晴らしかったですね。

出来れば二期もあればいいな・・・・と思わせてくれるアニメでした。





今回のお話は・・・・

このアニメはホント多くの素敵な女の子たちが登場してくれたのですけど
その中でも特にメインと思える、椎名心実・村上文緒・櫻井明音の3人を中心に
最終回を展開し、
それにクロエちゃんを絡ませていたのは
とても良かったですね・・・・
最後にとても素晴らしい風景を拝ませて貰ったような気持ちです・・・・(笑)

放映日においては、まだ一年は終わっていないのですけど
何か一足お先に
可愛い女の子たちから
「よいお年を・・・!!」
「あけましておめでとうございます!」と言われているような感覚がある回でしたね。
というのも、
日本文化をもっと知りたいというクロエとユーリアの二人を心実たち3人が
おせち・お飾り・着物・たこあげ・カルタ・羽根つき・初詣・除夜の鐘と色々と案内してあげるという展開の
お話でしたので、
何か、ホント、一足お先に気分だけ「お正月が来てしまった・・・」という感じでしたね・・・・(笑)
そうした展開の中で、
これまでの11回の話の中で登場してきた様々な女の子たちの年末のエピソードを盛り込んでいく流れ
でしたので、
スピード感はあるし、清涼感はあるし
「いやいや、このまま最終回では実にもったいない・・・」と改めて感じてしまいましたね・・・・
最終回で笹原先輩の壮大なボケを見られたのも実に良かったですね・・・・

だけど・・・・

多分、クロエちゃんは、日本文化を色々と誤解しそうだな・・・・・(苦笑・・・)

恐らくは・・・・

神社とお寺さんの違いとか羽根つきとテニスの違いとかなど
色々と勘違いしたまんま、いずれ母国・フランスに帰国し、
間違った日本文化とか日本の習慣を伝授しまくり・・・・みたいな予感がありますね・・・・(苦笑・・・)

でもクロエちゃんのヘンなカタコト日本語がもう聞けなくなるかと思うと
少し寂しいものですね・・・・

関係ないけど、
フランスの大作曲家、ラヴェルの主要作品の一つにバレエ音楽「ダフニスとクロエ」がありますけど、
クロエちゃんのこの名前は
多分このバレエに由来するものなのかな・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1825-804a8ed7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |