FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の全国大会・中学校の部に出場した生徒さんも
現在は37歳~40歳くらいの年になり
既に社会の中堅層を担っていると思いますし、
各自、職場に家庭に色々と各々の立場で頑張っている事と思います。

今現在、当時の中学生の方で、現在も吹奏楽に関わっている事が出来ている人は
どのくらいいるのだろう・・・・?
とたまにふと思ったりもします。

ま、当然ながら現在も現役奏者という方はそれほどはいないとは思いますけど
何よりも、
「音楽を楽しむ心」だけは忘れないで欲しいと思いますし、
現時点で各自の立ち位置において色々と辛い局面もあったりするかもしれませんけど、
「かつては、吹奏楽の甲子園球場とも言われる普門館で支部を代表して演奏できる機会が
与えられたこと」は
生涯の誇りとして
胸に秘めて欲しいな・・・・とも思ったりもしますね・・・・

以前何度も書いている通り、
私のように
「全国大会で演奏したい・・・、せめて無理ならば普門館で開催される都大会には一度くらいは出場したい!!」と
切に願っても叶わなかった人間だって大勢いると思いますから・・・・


〇出雲第一中学校

 A/「ダフニスとクロエ」第二組曲より

 うーーん、正直「風格」が全然違う・・・・
 何か「貫録勝ち」という感じでしたね・・・・
 やっぱり長年の「伝統」の重みを感じさせる演奏でした。
 勿論、技術的には決して完璧ではありませんし、
 ミスも意外と目についたし、
 特に課題曲は意外と未消化みたいな部分もあったし、自由曲も例えば「夜明け」の部分は
 もう少し繊細な感じとか「ひそやかさ」を求めたくもなるのですけど
 そうした小さい不満事項を全て覆い隠してしまう「おおらかさ」があったと思います。

 私よりも年代が上の「吹奏楽の更なる(?)オールドファン層」の方ですと
 「ダフニスとクロエ」は1976年の出雲第一で決まり!!みたいな事を言う人はいまだに多いと
 思いますけど、
 ま、確かに1976年の出雲第一のあのダフクロは、ハーブもチェレスタも何もないのに
 あそこまで繊細なダフクロの世界を構築していましたからね・・・・
 あの演奏は夜明けの盛り上がり方も美しかったし、全員の踊りのスピード感も申し分なかった
 ですよね。

 私ぐらいの年代で言うと、ダフクロというと、やはり1986年の埼玉栄高校なのかな・・・・??

ま、だけどこの年の出雲一中の「ダフニスとクロエ」も良かったと思います。

 前述の通り、その「おおらかさ」・「全体的な余裕感」が良かったと思いますし、
 その点が、この年、やたらこの曲を自由曲にするチームが多い中、このチームは
 断トツに抜きんでいたダフニスとクロエだったと追いますし、当然の金賞を受賞・・・・


〇幸田北部中学校

 D/交響曲第3番「オルガン付」より終楽章(サン=サーンス)

 このチームは評価は銀賞でしたし、
 会場内の雰囲気も正直「ふーーん」みたいに印象が薄いとか地味すぎる・・・・みたいな声が
 多かったような気がします。

 だけど・・・

 私としては、この演奏悪くは無いと思っています。

 何が素晴らしいかと言うと、
 「音作り」・「サウンドの透明感」を多分最優先にして練習してきたような雰囲気がうかがわれ
 聴いていて「清涼感」というか「サウンドの清潔さ」に
 何か惚れ惚れとするものがありました。
 そういう意味では大変選曲も良かったように思われます。

 こういう方向性の音楽は、
 この年の高校の部の関東一高の「トッカータとフーガ二短調」にも
 見られていたと思います。

 課題曲、自由曲共にサウンドに「濁り」がほとんど無いから
 聴いていて実に「爽快」というか気持ちがいいのですよね。
 「ローマの祭り」・「ベルキス」みたいに咆哮するコンクールもいいのですけど、
 たまにはこういう方向性の音楽が出てくると、何かとてもホッとするものはありましたね・・・・


〇札幌琴似中学校

 C/ダフニスとクロエ第二組曲

 課題曲C/ロックンマーチを選ぶチームは少ないだけに、印象に残っているはずなのですけど・・・・

 ごめんなさい・・・・

 課題曲も自由曲もほとんど印象&記憶に残っていません・・・・

 少し影の薄い演奏だったのかな・・・・??

一つだけ印象に残っているのは・・・・・

 課題曲でウッドブロックを叩いていたツィンテールのパーカッションの女の子が
 「あ・・・、何か可愛いな・・・」と思った事かな・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1824-74f7467c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |