プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12/28(日)は年内最後のハピネスの回でした。
1/4の放送はどうなるのかな・・・と思っていたら、案の定お休みで
年明けの放送は1/11になってしまいます。

あれれ・・・・

そうなるとハピネスは残り三回でもう最終回ですか・・・・

何かあっという間というか極めて名残惜しいものですね。
フォーチュンがやっとハピネスのメンバーになったかと思ったら、その後の展開が
あっという間だったようにも感じられます。

何かこうやって毎年毎年一年間プリキュアを見続けていると
「あの回の時は、当時の自分の状況は〇〇だった・・・」とか
「あの回の頃は、ある人からこんな風に言われて大変嫌な思いをした・・・・」とか
ま、プリキュアの回と実生活の自分が色々とリンクする事も多々あり、何か年末とか
最終回が近づくと、毎年毎年感慨深いものがあったりもします。

でも・・・・

思ったのですけど、何も師走に無理して第46話を放映するよりは、
1/4から4回に渡って最終決戦+最後のエピソードを流した方が何となく
効果があったような気もします・・・・
年明けのハピネスが3回で最終回とは何か少し勿体ないような気もします。

古い話ですけど、
「フレッシュプリキュア」は多分歴代で唯一第50話に達したプリキュアだと思うのですけど
フレッシュの場合、何と1/3に通常放送をしていましたね・・・・
確かこの時の回は、「ウエスターとサウラー、最期の戦い」という大変素晴らしい回でしたね・・・・
最期の最後で「メビウスの無慈悲さとプリキュア達との心の交流」を果たしながらも散っていった
ウエスターとサウラーが印象的でしたけど、
ホント、このマヌケ幹部二人は最終局面でまさかの復活を果たせて良かったですね・・・・!!
確か・・・・
歴代プリキュアの最低視聴率回は、実はこのフレッシュの1/3の回と聞いたことがあります。

ま・・・、それも仕方ないか・・・・

だってまだ三が日の間だし、ましてや裏番組は大学駅伝中継ですからね・・・・

多分、そんな関係で、三が日近辺の放送は避けたのかな・・・・?





自分の中では・・・・

ハピネスの物語は、12月の「ラブリーVSクィーンミラージュ」の激戦でもって一つのクライマックスが
来てしまったような感じがあります・・・・
現在の「レッド」の話は・・・・
うーーん、何ていうか、既に「最終決戦後の壮大なエピソード」という感じすらあります・・・・

ま、ストーリーとしては、大体決着しているというか、
後は「レッド」をいかに料理するか・・・・という感じなのですけど、
当然ながら・・・・

物語のエンディングとしては・・・・

めぐみの

「誠司・・・!! 私にはあなたが必要なの!! 今まで見守ってくれてありがとう!!
あなたの幸せは私の幸せ
私の幸せはあなたの幸せ
これからは二人で"幸せ"をつかみとっていこう!!
"私があなたを幸せにする"という事ではなくて、二人で一歩ずつ歩んでいこう・・・・!
そして二人で幸せになろう!!」

というド直球のストレート過ぎる「愛の告白」
この一年間のプリキュアの物語を締めくくって欲しい・・・・、という気持ちがありますね。

そうでないと・・・・

何か誠司も気の毒だし、何よりもめぐみが・・・・
主人公ピンク系プリキュアなのに、一人浮かばれない・・・・・

ま、それにしても・・・・

ハピネスの物語は、一年に渡っていい人過ぎる誠司を少し放置し過ぎたかな・・・・(苦笑・・)

誠司が最後の最後で悪堕ちしてしまったのは、
何となく「当然の帰結」のような感じもあります。
ま、それを象徴していたのは、
めぐみの誕生日回でありイノセントフォーム取得の回でありながら
誠司がブルーに対して複雑な感情を持ってしまったラストシーンだと思います・・・・

ま、そんな観点から言うと・・・・

悪堕ちした誠司が戦う相手は・・・・
プリキュアではなくて、ブルーだと思うのは自分だけなのでしょうか・・・・・(苦笑・・)

最早、ストーリーとしては大体予想が付き易い・・・・

後はいかにレッドを料理し誠司を奪還するか・・・・
ま、その過程において色々とあるのかはしれませんけど、
「誠司を奪還する」という大義名分がある戦いですから、ストーリーとしては
大変すっきりとしたものになりそうですね。

とにかく・・・・

私としては、最終決戦そのものよりも
戦いの後のエピソード・・・・
前述の通り、めぐみのストレート過ぎる「告白」というか「思い」を期待したいものです・・・・

ま、そうでないと・・・・

一年間ハピネスの物語を見続けて、歴代プリキュアに比べて
ややメンタル面と幸福度合が弱いラブリーが何か浮かばれない・・・・

最後は決めて欲しい・・・・・

今回、年内最後のお話で、
世界中のプリキュア達は赤いサイアークと・・・・
そしてラブリーはじめハピネスのメンバーは赤い惑星へ・・・・
それぞれバトルを開始しています。
ラブリー達の「旅路」はどういう旅路になるのか・・・・
果たしてラストでラブリー達はどんな「ハピネス」を掴むことが出来るのか・・・・

うーーーん、新年早々期待で心は爆発寸前(?)という感じですね。


69b822a9_convert_20141229174902.jpg


最終決戦においても
ややメンタルが不安定なラブリー・・・・

赤いサイアークに正面から侵攻されても、最早避ける気力すら残っていない感じ・・・・

それを救ったのは・・・・

キュアテンダーでしたね・・・・

うーーん、テンダー姉さん、かっこいい!!!

さすが、いおなの姉ですね!!

ハピネスの援護に入った世界各国のプリキュア達がこんなに揃うとやはり壮観ですね。

それにしても・・・・

一つ大変嬉しかったのは、予想外の嬉しい誤算でしたけど
プリキュア史上初の「姉妹による合体技」が出ましたね・・・・!!
テンダーとフォーチュン姉妹ならば、かなり強そう・・・・
この姉妹で「ふたりはプリキュア」してても多分、ブラック&ホワイトよりも強いかも・・・・??
テンダーとフォーチュンの合体技は
いかにも初代の「マーブルスクリュー」みたいで、何かとても懐かしい感じがありました!!


db465a9b_convert_20141229174943.jpg


こういうボロボロ状態のめぐみもいいですね・・・

変身を解除された状態でのめぐみ達の「視線の鋭さ」が実に良かったと思います。

また、誠司の回想シーンを挟みながら、プリキュア達のバトルを同時に描くという演出も
大変新鮮であり
面白く感じました。

ま、とにかく残り三回は・・・・心して見る事にしましょう・・・・!!

そしてハピネスの一年間の物語が終わったら、次期第10代目のプリキュアの事を
考える事にしましょう・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1823-e8c4dc86
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |