FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あれれ・・・

吹奏楽カテゴリで記事を書くのは二週間振りですね・・・・

何か最近は相変わらずプリキュアと自分自身の仕事上のしょーもない愚痴とか
なぜかマルコム=アーノルドの交響曲の事ばかり記事にしていましたので
吹奏楽もたまには書いてみたいと思います・・・・

最近、仕事でかなり遠方の移動をする事が多々あり、その際の車内のBGMとしてクラシック音楽を
掛ける事が多かったのですけど
管弦楽の響きは、当然ながら、弦楽器+管楽器+打楽器の主として三種類の楽器群から構成され、
その三種類の楽器の絶妙で精密な響きを楽しむという事が出来ますけど、
吹奏楽の場合、ま、簡単に言ってしまうと、
そのうち弦楽器を欠くわけで、管楽器+打楽器のみという聴き方によっては
かなり「生臭い」感じになってしまうのが
吹奏楽の「難点」の一つかな・・・・とも改めて感じてしまいます。
その難点を克服するカギはやはり「吹奏楽オリジナル作品の充実」という事だと思いますが、
この点は最近の吹奏楽オリジナル作品の中で特に邦人作品がかなりの充実を見せているので
その点は、自分が現役奏者だった頃とは
「随分と時代が変わったものだ・・・」と痛感する事が多いです。
だけど、管弦楽用に元々作られた作品を吹奏楽用にアレンジする場合、
管弦楽では、比較的、メロディーラインは弦が担当し、管楽器はメロディーラインに更に「華」を
与えるスパイスみたいな役割を持っている事が
特に木管楽器においては多いと思いますが、
吹奏楽アレンジでは、元々が木管楽器が弦楽器の役割を担っているのに
更にその上に「スパイス」みたいな役割を持たせることには自ずから限界があるような気がします・・・
特に、クラリネットセクションに、メロディーラインとスパイスみたいな二つの役割を無理やり負わせると
一つの楽器が二つの役割を担ってしまい、過重負担&モノトーンというか単色の世界に
陥りがち・・・・という側面もあるのではないかと思ってしまいます・・・・

例えば・・・・

現在でも吹奏楽コンクールでは大人気自由曲のラヴェルの「ダフニスとクロエ」第二組曲も
特に「夜明け」の部分は、
元々のメロディーラインは弦とハーブが担い、
クラリネットとフルートが「鳥のさえずり」という華のあるスパイスを醸し出している所が良いのに
吹奏楽アレンジでは、
クラリネットがメロディーラインと鳥のさえずりをやってしまう傾向があるから
どうしても聴きかによっては「単色」に聴こえてしまうのですよね・・・・

この点、アレンジは本当に難しい・・・・・

弦パートを単に機械的に管楽器に移調しても、上記のようにモノトーンになってしまうと意味がないし、
逆にあまりにも奇抜なアレンジだと、
原曲自体の雰囲気をぶち壊し、全然違った曲になってしまう危険性も秘めているし・・・

うーーん、アレンジャーの方の苦労は昔も今も変わりはないのかもしれませんよね・・・・


〇中山中学校

 B/交響組曲「寄港地」

 1990年の初出場の際の「時の踊り」よりは数段の進歩があったと思います。

 だけど・・・・
 
 サウンドに終始落ち着きと安定性を欠いている印象があり、一生懸命頑張っているけど
 あまり伝わらない・・・
 そうした「もどかしい」演奏だった記憶があります。
 課題曲は、もう少し鳴らしてもよかったと思いますし、少し感情を抑え過ぎたような気もします。
 自由曲も、チュニス~ネフタというオーボエにとっては腕の見せ所の曲のはずなんだけど、
 奏者の調子が今一つ・・・
 ヴァレンシアも「南国」らしい華々しい感じもそれほど表現されておらず
 全体に聴いていて大変「もどかしい」感じ・・・・

 全体的には銅に限りなく近い銀賞かな・・・・
 (私の評価は完全に銅でしたけど・・・・)


〇雄新中学校

 B/バレエ音楽「三角帽子」

 これも前述の中山中と似たような印象・・・・
 というかほぼ同じ感じ・・・・
 うーーん、何て言うのかな・・・
 伝わってこないのですよね・・・・「躍動感」とか「音楽をする楽しさ」が・・・・

 何か先生から
 「こういう風にやりなさい」と指示されたから、そのまんま義務的にやっている感じがありました。
 前年度の「ロデオ」の時も感じたのですけど、
 響きにシャープさとか鋭い切れ味に乏しいから
 何か印象が散漫です・・・・

 ま、この頃は、まだ鈴木先生時代の頃の「伝統」と白石先生に変わってからの
 音楽のコミュニケーションが今一つ徹底されていなかったのかな・・・・
 何となく音楽自体が迷っている感じ・・・・

 その点、翌年の「幻想交響曲」は白石先生としての「こういう音楽をしたい!!」の思いが音楽にも
 よく表現されていて大変好感が持てました。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1821-78bb6b39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |