プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


さてさて・・・・

「ハピネスチャージプリキュア」も年内の放送が終了してしまいましたね・・・
感想等については改めて書きたいと思いますけど、
ラブリー達がかなりやばい状況に追い詰めた際に登場したのは・・・・

まさか、まさか・・・でしたけど、
キュアテンダーでしたね・・・
このお方の再登場があるとは予想していなかっただけに、ある意味嬉しい誤算でしたし、
世界各国のプリキュア大集結と言う事で
かなり見栄えはありましたね。

テンダー達は地上の赤いサイアーク達と・・・

そしてラブリー達は、

「赤い星」に向けて旅立っていきましたね・・・・

テンダーが乱入する直前に
瞬間的に、
「これはミラージュがプリキュアに復活するしかない!!」と思っていたのですけど、
巫女さんはただの傍観者になってしまいましたね・・・・(苦笑・・)
このお方は、ディブミラー(レッド)の洗脳が解けてしまったら・・・
うーーーん、何か普通の人になってしまいましたね・・・・(苦笑・・・)
ラブリーと激戦を繰り広げ髪がチリチリになっていた頃のクィーンミラージュ様時代が
今となっては懐かしいですね・・・・

さてさて・・・・

最近の公式画像&声優さん発表と合わせて
ついに・・・・
「プリンセスプリキュア」の公式映像が流れていましたね。

やはり・・・・

あの第一話のお知らせを見る限りでは・・・・

もしかしたら・・・・

やっぱりキュアフローラは「おバカさん」なのかな・・・・??

うーーん、主人公ピンク系がおバカさんというのは、最早プリキュアの伝統なのかもしれませんよね。

話は全然違うのですけど、
「プリキュア5 GoGo!」の第24話の「レインボー・ローズ・エクスプロージョン」という
5人の新しい力登場の回にて、
ココが、
「プリキュアに新たなる力を! キュアフローラ!!」と叫んでいたような記憶があります。
ま、これは声優さんの発音の微妙さだとは思いますが、
当然のことながら、これは「キュアフルーレ」という名称なのですけど
この部分は何度視聴しても
ココは「キュアフローラ!」と発音しているように聞こえます・・・・・

うーーーん、

まさか・・・・ココは・・・・

この後の7年後、7代後のプリキュアのピンク主人公を予言していたのかな・・・・??






あ・・・・何か前振りが長くなってしまいました・・・

我ながらまたか・・・・という感じなのですけど
テレビ埼玉で再放送中の「スイートプリキュア」のハロウィン回でのアコちゃんが
あまりにも可愛かったもので、
この関連の話をほんの少しだけ・・・・・(苦笑・・)

前回の記事の中で
メフィストの親バカ振りを書きましたけど、
あれってよーく見てみると、
メフィストは、「可愛いアコ、可愛いアコ」と連発するだけでなく、
響や奏、そして一応は元部下(?)のエレンに対しても
「こんな事頼める義理ではないのは分かっているが、くれぐれもアコをよろしく・・・」と
何と土下座までしているのですよね・・・・

うーーん、なんて威厳の無い国王様・・・・・(苦笑・・・)

そして・・・・寝室では・・・・

妻のアフロディテ様に対しても

「今回は・・・・本当に申し訳なかった・・・・」とベッドの下で土下座しているのかな・・・・(苦笑・・)

それにしてもアコちゃん、あまりにも可愛い・・・・!!

何て言うのかな・・・・

ギャップが大きすぎるのですよね・・・・

響に対する「アンタ、もてないでしょ」発言等の毒舌家としての眼鏡をかけたツンツン娘としてのアコと
ハロウィン回のアコの変装姿とかキュアミューズとしての姿の
違いがあまりにも大きすぎるから
何かついつい「萌え萌え・・・・」みたいになってしまうのですよね・・・・

この点は、同じ小学生プリキュアでも
プリキュアに変身した途端に、随分と大人っぽくなり上から目線を炸裂する「キュアエース」とは
違うものがありますね。
ま、あまり関係ないですけど、
亜久里が何回か髪を下した描写もあったのですけど、
あの時の亜久里は、まさにレジーナとうりふたつ・・・
ま、そりゃ、結果的に亜久里とレジーナは元は一緒だから、それは当然なのですけどね・・・
だけど・・・・
何で元は「同じ」なのに、
片方は小学生、片方は中学生になってしまったのだろう・・・??

スイートのこの回のハロウィン回では・・・・

一人で孤軍奮闘しようとするミューズに対して
メロディが、
ミューズの口元に飴を差し出し
「ミューズはもう一人ではない・・・・
今までのように何でも一人で抱え込まなくて構わないし、一人きりで戦う必要もない・・」と
諭していたのは
実に良いシーンでしたし、メロディの成長の証でしたね・・・
何か飴(キャンディ)を使って餌付けなんて、
何かのちのゆうゆうみたいでしたね・・・・(笑)

ツンデレしまくるアコちゃんに対して響の
「何だか生意気な妹が出来たみたい・・・・」
セリフが実に印象的でした・・・・!!
物語の序盤で、家族とのすれ違いという問題も抱えていて
弟と喧嘩ばかりする奏を横目に
「私、一人っ子だから・・」とややいじけていた響にとっては
アコちゃんの存在は、確かに「生意気な妹」みたいな存在なのかもしれませんよね。

でも・・・

響とアコちゃんだったら、本当にこれが実の姉妹だったら
中々いい組合せなのかもしれませんよね。
少し抜けている姉に対して、それに対して毒舌のツッコミを入れつつも
姉に対する「深い情愛」が感じられる素晴らしい姉妹になっていたかもしれませんよね。

ま、話は全然関係ありませんですけど、
歴代プリキュアには、アコ&亜久里という「可愛い妹ポジション」はいますけど、
一人だけ・・・、そう小学生・中学生プリキュアではない
高校生プリキュアがいましたけど・・・・

うーーん、あのお方は・・・・

どちらかというと「おっかねーお姉さん」でしたね・・・・(苦笑・・・)

だけど・・・・

あのおっかねーお姉さんと同じチームを組んでいたメンバーの一人が
歴代でもNO.1の異色&プリキュアにあるまじき言動を連発するマリンですからね・・・・

考えてみると、マリンとムーンライトが同じチームというのも
何だか「奇跡的」のような感じもありますね・・・
ま、この辺りは「ハートキャッチ」の後半の見どころの一つではあるのですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1820-d162850c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |