プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の「改めてアーノルド/交響曲第2番を聴いてみると・・・」と近い感じになってしまうと
思いますが、
12/25も比較的遠方(鴻巣~伊奈町~久喜~春日部近辺)の顧客廻りを朝から予定し、
「前日同様、今回も道路が混雑し渋滞するだろうな・・・・
そのためのイライラ防止と言うか、リラックス法としては、
音楽のCDを持ち込んで、車中で聴くのが一番」と思い、
今回は、プロコフィエフのピアノソナタ第7~9番(俗に「戦争ソナタ」と呼ばれるもの・・)のピアノ曲と
アーノルドの交響曲第5番&ピータールー序曲のCDを
持ち込んでみました・・・・

結果としては・・・・

うーーーん、前回と同じですね・・・・

前回はショスタコーヴイッチの交響曲第5番をBGMとして流していたら、この曲の持つ「メッセージ」に
自分自身がどんどんと入り込んでいってしまい、
車の運転が注意散漫になりがちでした・・・
プロコフィエフの「ピアノソナタ」(戦争ソナタ)もやはり曲自体が発信するメッセージに自分自身が同様に
入り込んでいってしまい、
同時に別の問題として、「ピアノ曲」というピアノの音だけという単色の世界ですので、
管弦楽という複色の世界ではないので
何か感覚として「眠り」の世界に入っていきそう・・・・

だからプロコのピアノソナタは第7番だけで止めてしまいました・・・

そのため、今回もBGMとしては、うってつけのアーノルドの交響曲が登場しました。

前回は交響曲第2番でしたけど
今回は交響曲第5番を流しました。

交響曲第2番は、どちらかというと「交響曲」というよりは「組曲」に近いかな・・・・
楽章の関連性は比較的希薄ですし、
一貫して「主題」が全体を貫いている事はありません。
交響曲第5番の場合、
第二楽章で静かに歌われたメロディーラインが
第四楽章のラストで再現され高らかに歌われていますけど、
これは手法としては「循環主題」を彷彿とさせます。
その意味では、アーノルドが残した9つの交響曲の中では
一番交響曲らしいというのか
一番形式が比較的厳格で、形としても内容としても「交響曲」に相応しいものを
感じさせてくれます。
アーノルドの交響曲を聴く場合、2番とか5番が入門編としては最適なのかもしれませんね・・

アーノルドは、第二次世界大戦前から作曲家としての活動を開始し、
ウォルトンの弟子らしく「分り易い・重厚・ダイナミック」という作風で
1960年代~70年代にかけて現代音楽というか、訳の分からない前衛音楽が闊歩する中でも
ひたすら大衆に分り易い路線の音楽を書き続けていた事は
大変高く評価されて然るべきだと思います。
アーノルドの音楽は、一見「安っぽい映画音楽みたい・・・」という悪口を聞くことも多いのですが、
私としては、「分り易くって何が悪い!!そもそも音楽とは楽しむもので、一部の人が
訳の分からん前衛音楽をもって音楽業界を牛耳る事自体ナンセンス」と反論したい感じは
あります。
だけど、確かにアーノルドの作風は、ハリウッドみたいな映画音楽との相性は最高に合うとは
思いますけどね・・・
それを示唆したのがやはり「戦場に掛ける橋」なのでしょうね。

だけど、私としては、アーノルドの音楽としての本質はどこにあったかと聞かれると
やはり「交響曲」の分野と答えたいと思います。
やはりこの分野にアーノルドらしさが一番発揮されているような気もします。
だって、メシアンが「トゥーランガリア交響曲」を作曲し、ベリオが「シンフォニア」を書いている頃に
あんな分り易すぎるメロディーラインが明快で、単純明快で豪快な曲を書いていたなんて
何か一つの音楽史上の奇跡という感じもします。
ま、確かに打楽器の扱いなんかは、やはり20世紀に生きた作曲家なんだなーと思わせる部分も
多々ありますけどね。

さてさて・・・・
アーノルドの交響曲第5番なのですけど・・・・

第一楽章だけは少しとっつきにくいかも・・・
何だろう・・・・
少し陰気というか「警告・・・」みたいな感じもありますね・・・・
この交響曲第5番は、ラストで高らかに盛り上がっていき、ハッピーエンドで終わるのかな・・と思ったら
ラスト自体は、意外としんみり・・・とやや陰気に閉じられますけど
この辺りの「ややもの悲しい感じ」は既に第一楽章から示唆されているような感じもあります。
第二楽章の少しメランコリックなゆったりとした歌のメロディーが、いわば「循環主題」のように
第四楽章に高らかに再現されている辺りは、
「お前は19世紀の作曲家か・・・・チャイコフスキーかフランクか・・・・!!」と突っ込みたくなりますが、
それがまたアーノルドの分り易さのいい所なのです。
第二楽章もどちらかというと、一つのテーマを延々と変化をつけながら繰り返すという感じで
単調なのですけど、それが実にしみじみとしていい抒情性を出しています。
第三楽章の遊び心も楽しいし、第四楽章のピッコロで奏でられる「チンドン屋」みたいな
ウキウキしたメロディーラインも実に素朴で面白いものがあります。
何かあの部分は、遠くから「祭りのお囃子」が聴こえてくる・・・・みたいな雰囲気もあったりしますね。
そして第二楽章のテーマが再現されて、高らかに終わるのかなーと思わせておいて、
最後は静かに終わらせるというやや意表を突く終わらせ方も面白いものがあります。

今回、改めてこのアーノルドの交響曲第5番を聴いてみると・・・・

何か意外と「悲しい側面」もあるような気がします・・・・

全体しては大変親しみがあり明るい感じなのですけど、
なんだろう・・・・
部分的に何か「もの悲しい感じ」というのか「やるせない感じ」というのも
感じられるのですよね・・・・

何でかな・・・・

やっぱり第四楽章にて、
チンドン屋部隊があれだけ盛り上げ、ラスト近くで第二楽章の旋律を高らかに再現し歌い上げているのに
最後はなぜか、しんみりと哀しげに終わらせている辺りが
そういう印象をもたらすのかな・・・・??

何というのかな・・・・

勝手な妄想としては、
「一人の人間として、一つの幸せは実現できたし、それはそれで満足している・・・・
だけで本当にそれで良いのか・・・
自分には、本当は何か別にやりたかったことがあるのではないのか・・・」みたいな
幸福感の片隅の「ぽっかりと空いたココロの隙間」みたいなものを
意図しているような印象もあったりします。

2番と比べると形式的には大変優れているのに
曲の感銘度・スッキリ感は、2番の方が全然上というのも
そうした理由のせいなのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1815-e2850a67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |