プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉で再放送中の「スイートプリキュア」も既に中盤に差し掛かり、
次回はもう「ピーちゃん」(ノイズ様・・・)が登場してきます・・・

だけど、次回の放送は年明けの1/8なんですね・・・・

先日、高校受験特番と衆議院選挙の政見放送で5週に渡って中断したのに、
またまた二週間の中断・・・・
うーーん、何か毎回いい所で盛り下がってしまいますね・・・・(苦笑・・)

今回のお話は、
これはリアルタイムで見ていた時も、
「アコちゃん、可愛過ぎる・・・・
えー、初期の頃の響に毒を吐きまくった毒舌小学生と同じに見えない・・・
何なのこのギャップ・・・・!!
何かキュンときちゃう・・・・」と感じたものですけど
改めてこの素敵な回を見てみても、感想&印象は全く同じですね・・・・






うーーーん、このハロウィン回で「お姫様」に変装したアコちゃんは可愛過ぎる・・・・!!

普段している眼鏡を外して髪型を少しアップするだけで
女の子は随分と印象が変わるものですね・・・・

ま、確かにアコは、メイジャーランドでも、メフィストとアフロディテとの間の一人娘という
正真正銘の「お姫様」なんですけどね。
ま、アコちゃんの3代後に「キュアプリンセス」というやはり国王とお妃の一人娘というお姫様が
登場してくるのですけど、
ま、その・・・・・
出来としては、アコちゃんの方がはるかに年下なのですけど
数段上ですね・・・・(苦笑・・・)


005f782a_convert_20141225225403.jpg


それにしても正体を隠していた頃のアコちゃんとのギャップはでかいですね・・・・

初期の頃は、よくひびかな、というか特に響に対して毒舌&皮肉を言いまくっていて

特に・・・・

「あんた、悩みないでしょう・・・・」

「あんた、いつから小学生になったの・・・?」

「あんた達、別に大人じゃないからね・・・・」

「あんた、モテないでしょ・・・」

あたりは最高の毒舌でしたね・・・・(笑)

今更ながら振り返ってみると・・・・

アコちゃんは、メイジャーランドでは「お姫様」として、王族としての威厳とか気位とか礼節とかマナーとか
色々気を使う側面もあったりして
華やかな生活の陰で、意外と窮屈な側面もあったのかな・・・・

だからこそ・・・・

メフィストが悪堕ちした事を名目に人間界で暮らすようになった事でかえって
自然体としてのアコちゃん、すなわち、毒舌を吐くような皮肉屋としての側面も自然に
出せるようになったのかな・・・・??

ま、というか・・・・

アコちゃんにとっては、気品のある王族の一員としての自分も自分であるし、
一人の「素」の人間としての「毒舌家」としての自分も自分であるという感じで、
色々と気苦労が絶えない人なのかもしれませんよね・・・・

だからこそ、メイジャーランドで多少「自分」を抑えていたのを
人間界に降臨して以降は、一気に「素」の自分を出せたのかもしれませんよね。

プリキュアとしても、初期の頃は「黒ミューズ」として「仮面」を被っていたのは
もしかしたら、そうした
「毒舌家としての素の自分」を隠す・・・・という一面もあったのかもしれませんし、
今更ながらスイートの世界を見てみると
そうした解釈もありなのかな・・と思ってしまいますね。
「仮面を被り言葉を発しない」という事が、逆にコミュニケーションを拒否してしまうことになり、
余計に事態を重くしていたという皮肉な構図になっていったような感じもあります。

ま、そのあたりは「スイート」の世界の奥深い所なのかな・・・・


431da142_convert_20141225225335.jpg


それにしても・・・・

このハロウィン回は、全員が可愛過ぎる・・・・!!

アコちゃんは勿論のこと、
響の海賊は・・・・
うーーん、何だか別のアニメになってしまいますけど「モーレツ!! 宇宙海賊」みたいですね・・・
奏の魔女は・・・・
うーーん、素晴らしい!!
第7話の「足くじいた・・・、おんぶして!!」の魔女というよりは、
このハロウィン回は単純に可愛過ぎますね・・・・
一方、エレンは・・・・
黒猫・・・・
やっぱり何度見ても
「そのまんまやないか・・・」とツッコミを入れたくなりますね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1814-572f8202
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |