プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前から何度もこのブログで書いている通り、とにかくウィリアム=ウォルトンの交響曲第一番ロ短調が
死ぬほど大好きです!!
この「人の不安感に対しては不安を持って対処する・・・」みたいな「魂の孤独」というのか
特に第四楽章の壮絶なフィナーレ、
そして特に特に二人のティンパニー奏者による強烈な叩きつけはまさに圧巻の一言です!!

でも・・・・

この交響曲第一番から約25年後に作曲された交響曲第二番は、第一番のような「壮絶なドラマ」も無く、
名人芸的な作風を一人孤独に静かに楽しむ・・・・みたいな心境が
何となく窺えますし、
正直、一番の世界と二番の世界を結んでいるものは
何も無いと言っても過言ではないと思います。

ウォルトンって中々面白い作曲家でして、
交響曲第一番とかヴィオラ協奏曲みたいに重厚な作品を残したと思えば、
例えば、ファサード組曲とか喜劇的序曲「スカピーノ」とか序曲「ポーツマスポイント」みたいに
妙にウィットに富んでいるというか軽妙な曲を書いたかと思えば
オラトリオ「ペルシャザールの饗宴」みたいにかなり複雑で大規模な編成の作品もあったりと
かなりヴァラエティー豊かな作曲家だったと思います。

そんな中・・・・

映画音楽の分野にもかなり積極的に作品を残し、
ヘンリー5世・リチャード3世・ハムレット・お気に召すままのような
シェークスピア映画の音楽とか
メジャー・バーバラとかバトル・オブ・ブリテンなどのような第二次世界大戦をテーマにした映画音楽も
残しています。

そうした中で・・・・

軽い小品という位置づけになるかもしれませんし、
ウォルトン自身の作品と言うよりは
パーマーという方が、「バトル・オブ・ブリテン」で曲を作りながらも映画音楽として採用されなかった部分とかを
メインに構成・アレンジしたのが
「ア・ウォータイム・スケッチブック」という作品なのてす。

パーマー自身の構成・アレンジという意味では
最近このブログでも取上げたアーノルドの組曲「第六の幸福をもたらす宿」と経緯はよく似ていますよね・・
でもそれにしても、ウォルトンとかアーノルドから
このパーマーという方は余程全幅の信頼があったのでしょうね・・・・
大抵の場合、作曲家は、劇音楽・バレエ・映画音楽から組曲版を作る場合は、本人自ら関わることが
多いのですけど、
アーノルドやウォルトンは、ある程度「お任せ・・・・」みたいな側面があったのかもしれませんよね。

この「ア・ウォータイム・スケッチブック」は、曲の感じから想像すると
戦時中の「兵士の一コマ」というか、戦場を一時離れた兵士の瞬間的な憩いの場を
何か意図したような作品にも聴こえますね・・・・

この曲は、下記の8曲から構成されています。

Ⅰ.プロローグ
Ⅱ.自転車競争
Ⅲ.スケルツォ-ゲイ・ベルリン
Ⅳ.フォックストロット
Ⅴ.逃亡者たち
Ⅵ.恋人たち
Ⅶ.ストリップショー
Ⅷ.エピローグ

ⅠとⅧの音楽を聴くと、
あー、やっぱりグランドマーチ「クラウン・インペリアル」の作曲者なんだな・・・・という事を
改めて痛感いたします。
この堂々とした感じ、威風堂々とした感じはエルガーのあの有名な行進曲の世界に繋がるものが
間違いなくあると思います。
個人的に好きな部分は、Ⅵの恋人たち(ラバース)かな・・・
とても短い楽章だけど、全体的に大変ロマンチックな香りが漂いますし、フルートソロが実に秀逸ですね・・・

でもね・・・

この曲で大変面白いのは、何と言ってもⅦの「ストリップショー」ですね・・・・

この曲はある意味すごい・・・・

だって、クラシック音楽で露骨に「ストリップショー」なんてタイトルを付けていること自体極めて珍しいし、
その音楽も実にお下劣で・・・(苦笑・・)、とても面白くて
何か思わずニヤニヤしてしまいそうな音楽ですね・・・・
何て言うのかな・・・・・
非常に古い話ですけど
子供の頃に見ていた「ドリフターズ」の加藤茶の「ちょっとだけよ・・・・、あんたも好きねー・・・・」の
「タブー」の世界そのまんまの音楽ですね・・・・
何か下着姿のお姉さんたちが、ゆっくりゆっくりと男どもを挑発しながら
ステージから観客席に向けて練り歩いているような音楽を、何か想像しちゃいますね・・・・

でも・・・・

それにしてもこの曲を作った方って、
本当にあの交響曲第一番の「魂の孤独」を描いた方と同じ人なのかな・・・・・??

うーーん、何か別の意味で「人の無限の可能性」というのか「愛すべき多様性」を
まざまざと感じさせてくれますね・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1810-fc2e2ecf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |