FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うーーーん、いまだに前回のハピネスの回での「めぐみの大泣き」のインパクトが強すぎ・・・・・

何度あのシーンを見ても
「めぐみを大泣きさせる原因を作った地球の神・ブルーは爆発してしまえ!!」なーんて思ったりもするのですけど、
ま、これに関しては、めぐみ自身が自身に内在する矛盾点をずーーっと放置していたツケがきてしまった・・・とも
言えなくもないから
ま、お互い様なのかな・・・・

これは後で記事にしますけど
テレビ埼玉では実に5週間振りに「スイートプリキュア」の再放送が再開・・・・
再開された回は「キュアミューズ誕生」という大変節目の回だったのですけど
それ以上に、メロディの
「プリキュアが戦う理由とは、みんなの幸せを守る事」と盛んに強調していた事が印象に残っています。
メロディが言う「みんな」とは、当然自分自身の「幸せ」も含まれていると思いますし、
この頃には既に響には「ピアニストになりたい!!」という将来の夢が確立されている頃ですので、
「みんなの幸せを守りたい」というメロディの言葉には
大変強い説得力があるようにも思えます・・・・

一方、めぐみの場合は・・・・
「みんなが幸せになる事が自分にとっての幸せ」と言っていた割には・・・・
ミラージュとブルーがヨリを戻すことでめぐみは振られてしまい大泣きし、
世界に平和が戻ったというのに、一人だけ「アンハッピー」な状態・・・・
つまり、必ずしも「他人の幸せ」と「自分の幸せ」がリンクもイコールもしていなかったという「矛盾」が
露呈してしまい、
この事がめぐみ自身を凹ませている要員になっているような感じもあります・・・

何て言うのかな・・・・

響のように「将来の夢」とか「夢に向かって私はどうすればよいのか・・・」が必ずしも明確になっていない
「弱さ」がここにきて一気に露呈したような気もします。

さてさて・・・・

最終回まで残りわずか・・・・
誠司も悪堕ち確定だし、めぐみ自身の「幸せの行方」も含めて
まだまだ目が離せそうもないですね・・・

ま、「他人の幸せは自分の幸せ」と感じられる事自体
それは「尊い優しさ」でもありますし、それはめぐみの突出した素晴らしい点であるのは間違いのない事で
ありますので、
そうしためぐみの「慈愛・優しさ」と「めぐみ自身の幸せ」にどう折り合いを付けていくのか・・・・
そうした点も最終決戦における見所にしたいですね。

さてさて・・・・

改めて最近感じる事があるのですけど、
「プリキュアシリーズ」と「恋愛もの」はどうにも相性が今一つよくない・・・・
今作の「ハピネスチャージ」は、私自身歴代ではかなり好きな方の位置づけになるのですけど
(ま、もっとも「プリキュアシリーズに外れシリーズは一つも無い」というのが持論なのてすけどね・・・)
「恋愛関係はちょっとなー・・・」というのはありますね・・・・

プリキュアシリーズで、
「恋愛関係」で最も好ましい方向性を示唆してくれた作品が「フレッシュプリキュア」の
ラブと大輔の「あまずっぺー関係」だと思うのですけど
最後に大輔が告白したのにも関わらず
ラブが「しーらないっと・・・」とスルーしたのは、私はプリキュアとしては実に「正解」だったようにも
思えます・・・・
プリキュアと恋愛関係でギリギリの境界ラインが、のぞみとココかな・・・・






だけどね・・・・

プリキュアシリーズの中で
最も大好きなキャラクターが夢原のぞみ(キュアドリーム)で
「ドリームを超えるプリキュアは存在しない・・・」というのが持論でもある私にとっては
たまーにですけど

「のぞみをたぶらかすココは、ブルー同様、爆発してしまえ・・・!!」
と思う事もありますね・・・・(苦笑・・)

のぞみとココのそうしたロマンスシーンは、ま、色々とありましたけど、
特にプリキュア合宿の回とか
クリスマスの回が特に印象深かったですね・・・・

だけど・・・・

「このままプリキュアとして頑張り続け、最終的にパルミエ王国を復活させたら、ココとナッツは
王位継承者としてパルミエに戻ってしまい、
別れが待っている事になる・・・」という事を
こまちは早い段階からとっくに気が付いていたのに
のぞみは・・・・
クリスマスまで気が付かないとは・・・・

うーーーん、もしかしてめぐみ以上に鈍感なのかな・・・・??

ま、ココの場合・・・
ブルーとの明確な相違点は
「きちんと説明している事」なのかな・・・・

ココ自身、雪の中、のぞみを送っているシーンの中で
「自分はいずれ帰らないといけないし、のぞみとこの世界に居続ける事は出来ない・・・・
だけど、残り短いながらも、この世界にいる間は、のぞみとの時間を、瞬間瞬間を大切にしていく・・・」と
ぼかしながらも
きちんと説明している点なのかな・・・・

ブルー様は、ほとんど全て「隠蔽体質」だからな・・・・・(苦笑・・・)

ココとナッツは、パルミエ王国の共同統治者という立場にいるのですけど、
何か感覚としては、王国の事はナッツ一人で十分なのかも・・・・
そしてナッツはミルクと結ばれ、
ココは再度人間界に戻り、のぞみと結ぱれる・・・・・

それが何か「プリキュア5」の理想的後日談なのかな・・・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1798-c9ef0fc1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |