プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


シューマンの「ピアノ協奏曲」って結構昔から大好きな協奏曲なんですよね・・・・

なんでかな・・・・

聴いているだけでなんか「凛としたもの」というか「張りつめた瑞々しさ」みたいなものを感じてしまいますし
第一楽章冒頭のあの何とも言えない「哀愁」と「凛とした決意みたいなもの・・・」は
聴くだけでやはり「何か」を感じてしまいます。
出だしはいきなりピアノの「ジャン!! タタン・タタン」で唐突に開始されるのですけど
それに続くオーボエのソロがあまりにも美しすぎて
この冒頭の部分だけでも
私は一撃でKOされてしまいそうです・・・・

面白い事にこの協奏曲は、グリーグの「ピアノ協奏曲」とカップリングでCD化される事が
多いと思います。
なぜなんでしょうかね・・・・・??
雰囲気が似ている訳でもないし、
音楽の方向性は全然バラバラだし、あまり共通性はないと思うのですが・・
似ていると感じるのは、強いて言うと出だしなのかな・・?
グリーグは、ティンバニーのクレッシェンドが終わるとすぐに入らないといけないし、
シューマンは、オケのジャンという第一音の次の瞬間には演奏がスタートしなくてはいけないし、
出だしはかなり神経を使う協奏曲なのかもしれませんよね。

グリーグのピアノ協奏曲は、一言で言うと「抒情性の高い、誇り高き協奏曲」という感じなのですけど、
シューマンの方は、どちらかと言うと協奏曲というよりは、シンフォニーのようにも
聴こえるくらい、管弦楽との融合性が高く感じられる曲です。
そうですね・・・・シューマンの場合、協奏曲というよりは、ピアノと管弦楽のためのファンタジーとも
言えるような構成に近いと思います。
グリーグの場合、ピアノが完全に主役で、オケはピアノの引き立て役という感じが濃厚です。
シューマンの場合、ピアノとオケが完全に一体化しているような錯覚もありますし、
特に第三楽章の、ピアノとオケのかけあいの場面は、完全に一つの楽器として融合しているような
感じさえします。
だけど、シューマンのあの第三楽章のソリストは大変だと思いますね・・・・
あんな難しいパッセージを変調に次ぐ変調を重ねながら休み無しに一気に駆け抜けていく様子は、
スピード感とか爽快感というよりは、
むしろ「気高い美しさ」みたいなものを感じてしまいます。

チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲」は、見方によっては
管弦楽団とソリストの「バトル」というのか
「やられたらやり返す・・・」みたいな雰囲気すら漂う何か「格闘技」みたいな雰囲気すらありますけど、
シューマンの場合、本当に優雅と言うか、
確かに第三楽章のソリストと管弦楽団の掛け合いは「バトル」に近いものもあるのですけど
間違いなくこの第三楽章は、オケとピアノはほぼ完璧に一つに溶け合っていると思いますし
その「幻想的融合性」は、「お見事!!」の一言に尽きると思います。

シューマンの「ピアノ協奏曲」は、何度も生の演奏会で聴いたのですけど
やはり個人的には、仲道郁代さんの演奏が素晴らしかったですね・・・・
仲道さんは、フロール指揮/フィルハーモニア管弦楽団ともこの協奏曲を録音していますけど
CDも生の演奏もどちらも大好きな演奏です。
関係ないですけど、
仲道さんのお嬢さんは、確か名前が「まこと⇒真琴」だったと思いますが、
ドキドキプリキュアのキュアソードと同じ名前というのは、単なる偶然??
ま、それはどうでもいいお話・・・(苦笑・・・)

子供の頃、リアルタイムではないのですけど
「ウルトラセブン」は結構好きな特撮で、特に「アンヌ隊員」は実にいいですね・・・・(笑)
仕事で車を使う際、BGMとしてAMラジオを掛ける事が多いのですけど
よく聞くラジオ番組が「大沢悠里のゆうゆうワイド」・・・
このコーナーの一つで、毎日AM10:30から開始される毒蝮三太夫の「ミュージックプレゼント」という
コーナーがあるのですけど、
そこで登場する毒蝮三太夫は
「このくそババア!!」とか「このくたばりぞこない!!」とか「きたねージジー共が!!」等の名フレーズで
すっかりお馴染みで
今では「お年寄りのアイドル」と誉れ高いお方なのですけど、
この毒蝮は、むかーしはウルトラセブンにて
諸星ダン・アンヌ隊員・キリヤマ隊長と共に「嵐隊員」としてウルトラ警備隊の一員だったのですよね・・・・

うーーん、現在の「このクソババア!!」のウルトラ級毒舌とはエライ違い・・・・・(苦笑・・・)

だけど、この毒蝮は、ウルトラセブンの頃から基本的に風貌・喋り方・声のトーンがあまり変わっていないのは
なんか驚きですね・・・・

関係ないですけど、
私が中学・高校で吹奏楽部にいた頃は、なぜか「嵐」という名前の部員がいました。
そうなると・・・・
中学では顧問の先生から、高校では先輩から
ほぼ例外なく「毒蝮」というあだ名を付けられていましたけど
何か少し気の毒だったかも・・・・

あ・・・・、何か話が全然脱線してしまいました・・・

シューマンの「ピアノ協奏曲」なのですけど、第一楽章冒頭は、
ウルトラセブンの最終回/史上最大の侵略者の回でBGMとして使用されています・・・
諸星ダンがアンヌ隊員に
「ぼくは・・、ぼくは・・・、実はウルトラセブンだったんだ・・・・」と衝撃的に告白するシーンが終わると
同時にシューマンの「ジャン!! ダダン・ダダン!!」が鳴り響きますので
これはかなりインパクトがあると思います。

ちなみにウルトラセブンで使用されたシューマンの「ピアノ協奏曲」は、
指揮者がカラヤンで
ソリストはリパッティーというわずか33歳で白血病で亡くなった方というのは
一部ではかなり有名な話です・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1797-5f6725eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |