プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ハピネスの物語は、序盤が比較的ひめに焦点を当てていたのに
後半になればなるほど、めぐみに色々な意味でスポットを当てているような気がしますね・・・
ま、ラブリーびいきの自分としては
「もう少し早い段階からめぐみの諸々の問題に対して光を当てていれば・・・」と愚痴りたい気持ちにも
なったりはしますけどね・・・・

ハピネスの物語は、
何かポンコツで色々と問題児のめぐみとひめに対して
メンタル面がしっかりとし「大人的なポジション」で対応しているゆうゆうといおなの
違いが明瞭すぎるほど描かれていて大変面白い感じはありましたし、
キャラの使い分けという意味でも大変効果的な面があったと思いますね。






それにしても・・・・・

今回の話の序盤の女の子4人だけの「パジャマパーティー」は大変面白かったですね。

というか「ブルー糾弾集会」みたいな要素もあったりして
何というのかな・・・・
あの流れは、これまでハピネスの視聴者が感じていた「ブルーに対するマイナス的側面」を
代弁するような流れになっていたから
何か自分としても見ていて「溜飲が下がった」思いです・・・・(苦笑・・・)

私はこれまでは数少ない「ブルー擁護論者」だったと思いますが
最近の流れで、すっかりこの流れは断絶したような気がします・・・・
ま、その辺りの詳しい話は、この後の②でもって
お話したいと思います・・・・

ま、だけど確かにいおな・ひめが糾弾する通りブルーは、何かデリカシーに欠けていたかな・・・・??

勿論、300年以上待ち続けたミラージュと久しぶりに対面できたという理由は理解できますけど
めぐみの気持ちを分かっているはずのブルーが
めぐみの目の前でミラージュと熱いキスを交わすのは
確かに「反則」でしたよね・・・・(苦笑・・)
それにブルーとミラージュの目の前で
「だった私もブルーが大好きだから・・・!!」と大胆な告白をしていましたからね・・・・

ゆうゆうがブルーに対しては多分色々と言いたい事は多々あると思うのです・・・・
だけどそれを口に出さずに
「ブルーの胸元がヘン」と笑いを取る事で
一気にめぐみの気持ちを楽にさせ、めぐみに語らせるきっかけを作ったのは
さすが・・・!!としか言いようがないですね・・・・
ホント、ゆうゆうはハピネスのメンバーでいるのが何か勿体ない・・・・
別のシリーズで主人公にしたいくらいですね・・・・

ひめが、「ブルーは意気地なし!!」と断罪しましたけど
確かに、ブルーが少し勇気を出してミラージュに謝りに行けば、こうした悲劇は元々起きなかったはず
なのですけどね・・・

だけど・・・・

物語の序盤で敵前逃亡を繰り返してはブルーから慰められていたプリンセスの事を考えると
ファントムではありませんが
「お前が言うな・・・!!」
という感じですね・・・・・(苦笑・・・)

そうそう、今現在のファンファンとファントムのギャップがあまりにも激しすぎて
個人的には何だか付いていけません・・・・(苦笑・・)


1ef1ed89_convert_20141216205932.jpg


いおなの指摘、
「ブルーが恋愛禁止令を出しのに、一番恋愛していたのはブルー」というツッコミは
多分誰しもが感じていた事だと思います・・・・

だけど、改めて見てみると
ゆうゆうといおなが目くばせしていたのを見てみると
この二人なりに「失恋して傷ついているめぐみ」に対するフォローを
「パジャマパーティー」という事でめぐみに発散させていたのは
「さすが・・・、大人ポジションは違う・・」と痛感しましたね・・・・


7e87b9af_convert_20141216205958.jpg


めぐみのフィギュアスケートのシーン・・・・

そうか・・・・「かわるんるん」はこういう事にも使えるのですね・・・・(笑)

あのスケートをするめぐみは本当に可愛かったですね。

誠司も、まずはめぐみと楽しいひと時を過ごさせることで
のちにめぐみの「本音」へと誘導する一つのきっかけづくりをしていたと思われますけど
何か今作は、
誠司と言い、ゆうゆうと言い
何かきちんと周りに「配慮」できる人が揃っていて
その点が出来ないめぐみとひめとの対照的な感じを演出しているのが
何か面白い感じはしますね。

あのめぐみのフィギュアの衣装を見ると、
何だか映画を思い出してしまいますね・・・・

そうそう、あの映画での挿入歌を多分今回の戦闘シーンでも使用していましたね。
何かあの曲を聴くと
映画のラストの「感動」が蘇ってきます。

だけど・・・・

アニメ本編は、最終決戦直前になって急激に話がややこしくなってきましたね・・・・

一体本編ではどういう「最終提示」を見せてくれるのでしょうか・・・・
(その②に続く・・・)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1794-bc8a53cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |