FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1991年の課題曲は、以前も書いたと思うのですけど個人的には共感できる曲があまり無く
そのためなのかこの年の吹奏楽コンクールは他の年に比べると
少し印象度・記憶の鮮明さが低いようにも思えます。
ま、それでも高校の部なんかは、
埼玉栄のシュワントナーの「・・・・・そしてどこにも山の姿はない」の歴史的ウルトラ名演とか
伊予の例年のコンクールの価値基準だったら間違いなく銅賞レベルの演奏にも関わらず
この年の審査員の粋な計らいで(?)
たぶん最初で最後の(??)金賞受賞とか
関西代表3チームは珍しく全国で3チームとも金を取り逃がすなど
(だって・・・、この年の関西大会は、惑星~木星の兵庫とかカルミナ=プラーナの天理がスカ金ですからね・・・)
色々と記憶に残る出来事は多かったけど
中学の部は、後半の内灘~土気~八戸第三以外は正直大した演奏は少なかったからな・・・・(苦笑・・)
中学の部で、例えば「ダフニスとクロエ」が計6チームも演奏しているなど
自由曲の重複が極めて多かったことも
この年の印象度を弱めているようにも感じられます・・・・

ま、そんな中・・・

課題曲B/コーラルブルーは、鳴る部分としっとりと聴かせる部分の対比が実に鮮やかで
メロディーラインも民謡を素材に使っているせいか
とても分かり易く人の心にまっすぐと伝わるものがあり
この課題曲だけは他の三曲と比較して唯一何とか聴ける課題曲だと思っています。

この課題曲の正式タイトルは
「コーラル・ブルー 沖縄民謡「谷茶前」の主題による交響的印象」というものですけど、
タイトル通り、沖縄のどこかで聴いたことがあるようなメロディーを効果的に使用していると
思います。
作曲者の真島俊夫氏は、1985年にも課題曲B/波の見える風景で
吹奏楽コンクールに登場していますので
この年で2回目の課題曲という事になりますが
「波の見える風景」は比較的しっとりとした情感と内省的な雰囲気が漂う素晴らしい名曲だと思いますが
「コーラルブルー」は少し表面的効果にこだわり過ぎたかな・・・・みたいな印象が
今でも自分の中にはあったりもします。
曲の冒頭は、南国沖縄の暑い日差しを思わせる沖縄音階のベルトーンから始まり、
次いで木管楽器によってゆったりと谷茶前の主題が奏でられ、そして唐突にというか
不意打ちを食らったかのように
4分の3拍子が織り込まれる原曲「谷茶前節」のリズムを踏襲しながら、
一転、アップテンポで主題のバリエーションがたたみ掛けるように流れてきます。
この部分の「音のうねり」は上手いチームがやると本当に何か感動を覚えたりもします・・・
音楽はこの後激しく盛り上がり、そして一転してしっとりとした歌の部分へと続き
ラストは激しく高潮し、ドラのすさまじいロールの響きを加味しながら
劇的に閉じられていきます。

この課題曲は確かスコア上での指示では打楽器奏者は5人使用となっていますけど
5人だけだと、
一人の走者が幾つもの楽器を担当しなくてはいけなくて
例えば、一人の奏者が、シロフォーン・大太鼓・ツリーチャイム・ドラ・トムトムを担当しているケースも
目撃した事があります・・・・

作曲者の真島氏は、コンクール課題曲以外でも
吹奏楽作品として

〇ミラージュ

〇百済伝説による交響組曲「神門物語」

〇三日月に架かるヤコブのはしご

などがありますけど
最近では「三つのジャポニズム」が大人気で全国大会でも頻繁に自由曲として演奏されていますね。

そうそう、1997年の課題曲Ⅲ/マーチ「五月の風」という素敵なマーチも作曲されていましたね。

何か印象としては、作風が統一感が無いというのか
良く言えば多様な作品を描けるという多才な感じもするのですけど
何となく「器用貧乏」みたいな雰囲気を感じてしまうのは自分だけなのかな・・・・??


〇宝塚市立中山五月台中学校

 B/火の鳥

 結論から言うと、
 何でこのチーム「銅賞」なんだろう・・・・
 うーーん、よく分からない・・・・
 このチームを銅賞にするなら、よっぽど銅賞に相応しいチームはあったと思うのですけどね・・・

 このチームの課題曲Bはとても素敵な演奏でした・・・

 何て言うのかな・・・・

 果敢に攻めていくというのか「表現の積極性」も良かったし
 中間部のしっとりとした歌い廻しも申し分なかったと思います。
 前述した通り、この課題曲は冒頭のゆったりとした感じから一転してテンポが速くなるのですけど
 この際の「音のうねり」をほぼ完璧に表現出来ていた数少ないチームだったと
 私は思います。
 自由曲の「火の鳥」も
 通常の「魔王カスチェイの凶悪な踊り~終曲」という構成ではなくて
 86年の御影高校とか87年の今津中学校のような「王女たちのロンド~魔王カスチェイの凶悪な踊り」という
 構成を取っていましたけど
 ま、確かに「王女たちのロンド」はソロ陣の非力さと不安定さは否定できないのだけど
 あの部分の「ふわっとした幻想みたいな雰囲気」とか「魔法のエコー」みたいな感じは
 よく出ていたと思いますし
 王女たちのロンドでの「欲求不満」を「魔王カスチェイ」で一気に爆発させていたのは
 大変印象深いです。

 ま、コンクールには往々にして
 会場の聴衆の雰囲気と審査員の審査結果が噛み合わないというのは
 よくある事ですけど
 このチームもそうしたケースの典型例なのかもしれませんね・・・

 ま、このチームは後年、宝梅中で色々と名演を聴かせてくれた渡辺秀之先生が転任してからは
 すっかり全国大会の常連さんになりましたね。
 今年も久しぶりに全国で金賞を受賞されていましたね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1790-b6e41e25
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |