プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」はとにかく「爽快」な音楽ですよね!!
私が仙台の田舎から上京した当時は
コンサートホールに本格的な「パイプオルガン」が設置されていること自体極めて少なく
NHKホールと東京文化会館ぐらいしかなかったようにも思えます。
でも両ホールとも音響は極めて良くないから、
あまり設置している意味も無いような気すらありました・・・・

この流れが劇的に変ったのは、やはり1986年の「サントリーホール」の登場かな・・・
そしてサントリーホール以降は、
東京芸術劇場・川口リリア・すみだトリフォニーホールなど
素晴らしい「パイプオルガン」を設置するコンサートホールも続々と登場し
サン=サーンスの交響曲第3番とかマーラーの交響曲第2番「復活」などオルガンが大活躍する曲の
本来の響きを普通に聴けるようになってきたものです。

サン=サーンスの交響曲第3番は、誰がどう聴いても四楽章形式だと思うのですけど
作曲者本人は二楽章形式と言い張っているというか、一つの楽章の中に二つの「部」を設置しているから
あの絢爛豪華な終楽章は
サン=サーンス的には第二楽章第二部という事になるのだと思います。
この交響曲は、「オルガン付」というタイトルが付いているものの
「オルガン」が登場するのは
第一楽章第二部の静かな部分に弱奏として入る部分と
第二楽章第二部の冒頭から強奏で絢爛豪華に入る部分の二つの楽章のみで
第一楽章と第二楽章の各一部には登場しません。

ま、この曲は何と言っても終楽章のオルガンを交えたあの絢爛豪華で華麗なる音の絵巻の
あの部分に尽きると思いますけどね・・
ま、だけど第一楽章第二部のひそやかな感じとか
第二楽章第一部のリズムの扱いの面白さなど
やはり色々と聴きどころは満載で、
全体しては魅力たっぷりの交響曲ですね。

この交響曲には一つユニークな所があると思います。

何かと言うと、終楽章【第二楽章第二部】には、ピアノも登場します。
しかも奏者は二人・・・・
この交響曲には、オルガン奏者を含めると
何と3人ものの鍵盤楽器奏者がいる事になります・・・
これは意外と珍しい構成なのかも・・・・
そして交響曲の分野に「ピアノ」を一つの楽器としてオケの中に組み入れたケースも
当時としてはかなり斬新だったのかも・・・・
ま、20世紀以降ならば、
ショスタコーヴイッチの交響曲第5番とか矢代秋雄の交響曲とか
交響曲の中にピアノを組み入れる事は全然珍しくなっていますけどね・・・
ショスタコの5番の場合、ピアノ奏者はチェレスタも掛け持ちするケースが多いですね・・・

ところで、サン=サーンスの交響曲第3番の場合、
せっかく二人ものピアノ奏者を使用しているのに、出番はほんのわずか・・・
メロディーライン担当と言うよりは、小刻みに動く裏メロ部分を担当しているので
うっかりしていると聞き逃してしまう事もありそうなのですけど、
この部分はかなり小刻みに機械的に動いているので、実はかなり印象的な部分でもあります。

だけど・・・・

二人いる奏者の内、第一奏者の出番は大体30秒程度なのですけど、
第二奏者にいたっては・・・・
オルガンがストップ全開で華麗に鳴り響いた後の、二人の連弾で弾くわずか9小節だけですので
時間にして8~10秒程度なのかな・・・

第二奏者はこのほんのわずか9小節のために
曲の開始から25分程度待機し
自分の短い出番が終わった後もそのままステージ上で待機しなければいけないから
これはこれで結構大変なのかも・・・・??

この連弾の部分は、小刻みで動きが速いし、正確なタッチを求められるから
ミスは許されないし
この部分が開始されるまではずーーっと待機状態だから
その「タイミングの取り方」も自分達の目に見えない所で
色々と苦労がありそうですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!また書き込んでみます。

アマオケの定期演奏会にて、この曲でティンパニーやりました。大阪のシンフォニーホールで。
最後の爽快感は物凄いですし、ティンパニーとしての難易度もさほどではないので、楽しめましたね。

ただ、二楽章一部が演奏しづらかったです。あのメロディーがアウフタクトから始まるなんて、普通に聴いてたらわからない……
そういえば、一楽章一部も演奏しにくい記譜でしたね。
懐かしいです。

ピアノ奏者は待つのが大変だろうな?とは思いました。で、あの細かい音符の連続ですし。実演ではキチンと仕事されてました。舞台上では割と近かったので、音はよく聴こえました。

パイプオルガンの音は舞台上ではあまり聴こえなくて、ゲネプロや本番では少し不安でしたが、実演ではうまくいってたようです(当然ですが……)。

こんどはプロの演奏をライブで聴いてみたいですが、なかなか行く機会が無くて……

とりとめのない書き込み、失礼しました。

パイプオルガン

がみ 様

コメント頂きありがとうございます!!

サン=サーンスの交響曲第三番「オルガン付」をあのシンフォニーホールで
ティンパニー奏者として演奏できたなんて
「至福の思い出」ですよね!!
とてもうらやましい限りです。
やっぱりあの曲は、第二楽章第二部のパイプオルガンの壮麗な伸ばしの音の
インパクトが素晴らしいですよね!!
何度生で聴いてもあの部分は大好きです。
第二楽章第一部のティンパニーも確かに難しそうですね・・・

素敵な思い出をありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1787-a0b1ce83
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |