プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「サンライズ・マーチ」というと
若い世代ですと2005年の課題曲、
自分のようにオールド世代ですと、1982年の課題曲を連想するのかな・・・?
そして中間の世代は1997年の課題曲Ⅰ「ライジング・サン」を連想するのかな・・・

ま、厳密に言うと
2005年の課題曲は「サンライズマーチ」
1982年の課題曲は「サンライズ・マーチ」というのが正式タイトルのようですね。

1982年の「サンライズ・マーチ」は、私が高校二年の時の課題曲Dでした・・・・
当時自分達の高校は課題曲にC/アイヌの輪舞を選曲したのですけど、
同じ課題曲と自由曲ばかり吹いているとたまーに飽きたりもするもので、そんな時に
よく気分転換の曲としてこの「サンライズ・マーチ」は吹きましたね・・・
技術的にも特に難しい部分も無く吹いていても実に楽しくハッピーになれる曲でした。

だけど・・・・

この曲、シンバル奏者にとってはかなりプレッシャーがかかる曲だったかも・・・・

だって冒頭がいきなりシンバルのffで「ジャーン」という一撃から開始されるのですから
シンバル奏者にとっては大変神経を使う曲でしたね・・・
実際、地区予選とか県大会とかで下手くそなチームがこの課題曲Dを選択し
シンバル奏者がミスったり、しょぼい音を出したり、スカッと空振りに近い音を出したこともありましたし、
ジャーン!!という豪快な音ではなくて「ぼしゃーん」というへんちくりんな音を出したりと
まー、当時は色々と珍演が続出していましたね・・・・(苦笑・・)

でも擁護する訳ではないけど
コンクール課題曲で、ソロで開始される曲とか
非常に音が薄く書かれた部分から開始される曲とか
弱奏で開始される曲というのは
かなり難しいですよね・・・・
強奏の出だしの場合、正直誰か一人ぐらいミスっても全然ごまかすことは出来るのですけど
ソロとか音が薄いとそうはいきませんからね・・・・
その意味では、例えば1992年の課題曲Aネレイデスとか1992年の課題曲B/フューチュリズムとか
1996年の課題曲Ⅰ/管楽器のためのソナタとか2000年の課題曲Ⅲ/胎動の時代の出だしなんかは
かなり指揮者泣かせの曲なのかも・・・・

1982年の課題曲D/サンライズマーチは
演奏するチームによって表現は全然異なっていましたね・・・
例えば亜細亜大学のように豪快で押して押して押しまくる「前進あるのみ!!」の演奏も良かったですし
就実高校のように金管ではなくて木管主体の演奏として表現したチームもありましたし、
福岡工大付属高校のように「正統派マーチ路線」みたいなスタイルもありました。

ま、だけどどの演奏も全て素敵な「サンライズ・マーチ」でしたけど
就実みたいな「ひそやかな感じのマーチ」も全く別の意味での「新しい可能性」を感じさせる演奏であり
当時本当に感服したものです・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1781-bdfe5506
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |