FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽コンクールの東京都大会は、
普門館で開催されなくなってからは全然聴きに行っていませんね・・・
こうやってよく自分のブログでは過去の吹奏楽コンクールの事をグタグタと書いているのに
その張本人が最近のコンクールを都大会も関東大会も全国も聴いていない・・・というのは
少しまずいかも・・・・(苦笑・・・)
ここ数年は「埼玉県大会」しか聴いていないからな・・・・
だけど、埼玉県大会のレベルの高さはすごいものがありますね・・・・
多分県レベルでここまでレベルが高いのは、埼玉以外では千葉・神奈川・兵庫・愛知・福岡あたりなのかな・・・??

都大会を最近あまり聴いていない理由は
一番の理由が、土日出勤の勤務形態で都大会が開催される日曜日に都内まで聴きに行ける事が
事実不可能になっている事も大きいのですけど
普門館で開催されない事もそうですし
従来までは一日で開催する事で全部門を一日で楽しめるというメリットが
最近では二日間に分けて開催する事で
無くなりつつあるというのが大きな理由なのかな・・・・

普門館で開催されている間は
中学・高校・大学・職場一般の部を一日で聴けて
しかも小学校特別演奏の他に
B部門(小編成部門)の上位2チームを「招待演奏」みたいないわば「名誉賞」みたいな形で
披露させていたのは
なんかとても粋なはからいだったような気がします。

最近はこうしたB部門の「特別演奏」という場はあるのかな・・・・??

最近のコンクールを聴いていないという事は、こうした事も分からなくなってしまいますので
とにかく来年か再来年辺りは
全国大会は無理としてもせめて都大会ぐらいは聴きに行きたいものですね・・・・

かつて、1987年~89年の80年代末期に
中学のB部門において
何と3年連続して「特別演奏」代表に選出され
都大会の場で、勿論「審査」の対象外扱いなのですけど
その「栄誉」を讃えて特別演奏をひろうしたチームが一つあります。
しかもこのチーム、すごいことに自由曲は全てスウェアリンジェン・・・・
あのスウェアリンジェンの「シンプル イズ ベスト」を立証したような作品を3年間連続して
披露した偉業はすごいものがあると思います。

その学校とは・・・・

瑞穂町立瑞穂中学校で
指揮者は、かつて「瑞穂青少年吹奏楽団」のホルン奏者として在籍されていた
臼井弘美先生でした。

この学校の3年間の軌跡とは・・・・

1987年 課題曲C/センチュリア

1988年 課題曲D/誇りと祝典

1989年 課題曲D/シーゲート序曲

前述の通り自由曲は全てスウェアリンジェンです。

演奏レベルは・・・・
かなり高いです・・・・!!
よくスウェアリンジェンの作品を「あんなジュニア向けのワンパターンな曲・・・」と悪口を言う人が
いますけど
瑞穂中の演奏を聴くと
スウェアリンジェンの作品は、かなり奥が深く
あの「明快さ・単純さ」をストレートに表現する事は意外と難しいものだ・・・という事が
分かるような気がします。
個人的には、1987年の「センチュリア」の演奏が大好きでしたね。

残念なことに、1990年は確か同じくスウェアリンジェンの「栄光の全てに」という曲を自由曲に
選んだものの
特別演奏代表には選出されず
「4年連続」の偉業は成りませんでした・・・・
その後も自分が知る限りでは瑞穂中も臼井先生も都大会に出る事は無かったな・・・・

だけどそれゆえにスウェアリンジェンのみを演奏し続けたあの栄光の三年間は
ホント、素晴らしいものがありましたね・・・
あの当時の演奏を記憶している人とかあの演奏を語る事は多分そんなにいないと思いますけど
自分の「脳内の記憶」においては
永遠に受け継いでいきたい「素敵な演奏」でしたね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント失礼します

初めまして。
突然のコメント失礼します。
偶然にblogを拝見し、感激してコメントさせていただきました。

私はその3年間、瑞穂中学校のブラスバンド部に所属してトロンボーンを演奏しておりました。
仰られるとうり1987年の先輩方の演奏は中学生レベルを超えていました。普段から町の吹奏楽団で大人から厳しく指導されていたからかも知れません。3年目に部長だった私はそんなレベルを維持できなかったことに苦しんでいました。何とか3年間も特別招待演奏を獲得できた時も、実は後ろめたい気持ちでした。そんなことから中学卒業後は楽器を辞めてしまいました。

でも当時の事をこんなふうに評価して記憶している方が居られることを知り、何か許されたような気がしました。
今は無性に当時の演奏が聴きたくなったので何とか伝を頼って探してみたいと思います。

こんな事を言うのは変かも知れませんが、素晴らしい評価をしていただきありがとうございます。当時の部員関係者を代表して御礼を申し上げます。
(因みに瑞穂青少年吹奏楽団にも在籍していました。小谷ホールでのタンホイザー序曲も聴いて下さってたんですね。ありがとうございます。)

caz 様、こちらこそありがとうございます!

caz 様


1987~89年の瑞穂中の偉大なる前人未到の「中学の部 B組 3年連続特別演奏」の偉業を達成したのは
臼井先生指揮での瑞穂中のみですので、その卒業生の方よりこうした素敵なご返事を頂戴いたしまして、
私も大変嬉しく光栄に感じております。

ご連絡ありがとうございました!

私自身、あの三年間の演奏は全て都大会で聴かさせて頂き、スウェアリンジェンというともすれば軽く見られがちな
作曲家の音楽をあそこまで生き生きと魅力的に演奏され、この作曲家の魅力と素晴らしさを余すところなく
普門館の聴衆に聴かせて頂いた当時の瑞穂中と臼井先生には、改めて敬意を表させて頂きたいと思います。

caz 様は吹奏楽部部長さんだったのですね。

実は私も中学と高校は部長を務め、その苦労は私もとてつもなくよく分かりますし、
あのプレッシャーとか「こんな自分は本当に貢献できているのだろうか・・」みたいな自責の気持ちは
とってもよく分かります。
だけどcaz 様の場合は、現実にああした偉大な軌跡を記録としても記憶としても残されているのですから、
あんまり自責の念にばかりかられず、もっともっと「誇り」に感じて頂きたいと思います。
なぜならこうやって私みたいな人間でも
「瑞穂中ってよかったよね・・」と今でも感じている人間が存在しているのですから!!

私も部長時代は結構大変な思いは経験しましたけど、
(その辺りは「響け! ユーフォニアム」カテゴリの過去記事で散々書いています・・汗・・!)
今振り返っても、確かに全部が全部楽しい思い出ではありませんけど、それでも「あー、吹奏楽やっていてよかった!」と
今現在でも感じることは実は多々あったりもします。

瑞穂青少年吹奏楽団の1973~78年の演奏も素晴らしい演奏の連続だと思います。

ちなみに小谷ホールの瑞穂の演奏は、88年の「ゴールデンジュビリー」も聴かさせて頂いておりました!

とにかくあの素晴らしい演奏は「生涯の誇り」としてお感じになって頂ければ幸いです!

コメント頂きありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1778-2eb2a722
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |