プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


それにしても12/7「ハピネスチャージ」は大変迫力がありましたね!!
今回はラブリーVSミラージュの激しい戦闘シーンがメインという事もあり
「幻影帝国との最終決着回」という事もあり
原画が異常にハイテンションで気合入りまくりで
見方によってはラブリーもミラージュも、「誰・・・、この人・・・??」みたいな感じもありました。
前回、三幹部との戦いが自分にとっては比較あっさりと完結してしまい、
「出来ればもう少し三幹部、特にオレスキーの心の叫びにもう少し掘り下げて欲しかったな・・・」と
少し不満があっただけに
今回のミラージュの「狂乱の場面」・「錯乱した姿」は、かなりの部分本音を抉り出していましたし
それに応えたラブリーも実に良かったです!!

やっぱりラブリーは「ハピネス」の物語の主人公に相応しいですね・・・!!

今回の話はというと・・・・

ま、一言で言うと
ブルーと元カノの間の痴話喧嘩に現カノのラブリーが首を突っ込んでしまい
収拾がつかなくなり、大変な修羅場になってしまった・・・・・
という感じなのかな・・・・??
ま、だけどその・・・・
よく巷で言われている通り、300年近くも(?)この問題を放置し、ミラージュに対して
きちんと自分の思いを伝えきれていなかったブルー様に
一番の原因がありそうですけどね・・・・

ラブリーが逆さ吊り状態になっている間に、なぜ゜ラブリーのスカートはめくり上がらないのかとか
ラブリーが本気の戦闘モードに入った場合、
ミラージュの羽をつかんでぶん投げたり
ミラージュを仰向けにして体を押さえつけ、ミラージュの頭に自分の頭をこすりつけ説得を試みる辺りは
「あ・・・、やっぱりラブリーはキュ荒プリーなんだ・・・」と改めて思ったりもしますね・・・
ホント、ラブリーはアホな上に無鉄砲で武闘派で、マーチ以上に「直球勝負!!」みたいなところも
ありますよね・・・
案外歴代プリキュアの中でも一番の「過激派」だったりして・・・・???

ま、そのあたりのツッコミはどうでもいいとして・・・・

私自身よく仕事で「クレーム処理」を担当する事があるのですけど、
その際によく使用するロジックとして

1.私はあなたの〇〇という事がとてもよく分かるし大変共感できる。

2.なぜなら私自身も〇〇という事と同じことを考えている。(同じことを経験している)

3.だけど、△△という解決方法もあるのでは・・・・? こちらの場合××というメリットがある・・・

という三段階論点で行くパターンが結構あったりします。

要は、相手をまずは認めてきちんと受け止めてあげる事→相手の自分の「共通現象」に対する共鳴→
最後に、こうすればもっとお互い良くなるという提案
なのだと思います。

今回のハピネスを見てみると
ラブリーがこうしたロジックを使用している事に何となく驚いたものです・・・・
(この点もラブリーの成長の証なのかな・・・・??)

「私はあなたの攻撃を受けて、あなたの本当の気持ちが…その思いの強さが分かった。
本当はブルーのことが好きで好きでしょうがないってことが!」

「私にはあなたの悲しみが…苦しみが分かる。だって、だって…私もブルーのことが大好きだから!」

「あなたも同じはず! 一度見た幸せはどんな苦しみや悲しみの中でもなくなったりしないはずだよ!」

この辺りのラブリーとミラージュの会話には、ホント、しびれるものがありました・・・

振り返って見ると、
ラブリーが4人の中で一番最後に「イノセントフォーム」を取得しましたけど
その取得のきっかけになったのが
「誰かの役に立ちたい・・・」・「誰かかの思いに応えたい」という「強い気持ち」だったのでしたけど
この非常に危機的な場面でも、そうしたラブリーの「強さ」が発揮されていたのは
なんだかんだ言っても「ピンク主人公の面目躍如」ですね。

だけど・・・・

なぜミラージュはああなってしまったのだろう・・・・

元々は巫女さんで、優しくおとなしそうな雰囲気が漂っています・・・・

ま、それは言うまでも無く
ブルーに捨てられてしまった事がとてつもなく「悲しい」からに他なりません・・・

「なぜ私を捨てたの!! 本当は私だけを見ていてほしかった!!」

「本当はブルーと自分の命がある限り愛を育みたかった・・・・!!」

「訳も事情も何も語らず私を捨てたブルーが恨めしい・・・・」

といった思いが錯綜していたのでしよう・・・・

そして色々と思い悩んだ挙句の結論が・・・・

「ブルーに捨てられた私は、ずーーっと傷つき悩み、悲しみ、苦しんでいた・・・・
何度泣いたか分かりゃしない・・・・
ブルー!! あなたには私のこうした気持ちが分かっているの!!」

「私の思いに気づいて!!!!、私を忘れないで!!!!!」という
一つの「叫び」だったのかもしれません。

いわばブルーに「自分の悲しい気持ち」をぶつけるために
ディープミラーにある意味洗脳されていたとはいえ
世界をああやって不幸のどん底に落としこんだとも言えるのかもしれませんよね。
(ま、世界中の人たちにとっては迷惑千万みたいな話ですけど・・・・苦笑・・
 「喧嘩をするなら表でやれ!!」という感じなのかな・・・・)

だけどその「悲しい気持ち」をストレートにぶつけてしまっては
何だが自分がとても惨めになってしまう・・・・という思いもあったのかもしれません。
それをカムフラージュする一つの理屈として
「ブルーをはじめとする世界の人達に対する復讐」という事に転化されたというのが
このハピネスの物語の実態なのかな・・・・??

だけどラブリーはさすがに「愛のプリキュア」でしたね・・・!!

「愛することを怖がらないでミラージュ」
と語りかれるラブリーは、まさに「天使」そのもの!!

ラブリーは、ミラージュの「心の深層」というのか
表面上の「ミラージュの復讐心」の内面には、実は「繊細で傷つきやすい心」が潜んでいる事を見抜き
「このクソ女、ブルーに振られて気が狂ってしまった・・・・、本当にバカな女!!」と罵る事もせずに
「ミラージュのこうした狂乱が起きるのも、ミラージュの人を愛する力が強いから・・・」と
ミラージュを全て受け入れ肯定し、そしてミラージュを守ろうとしていましたし。
まさに「愛の天使」そのものでしたね・・・・

この辺りは、見ていても何かゾクゾクが止まらない・・という感じでした。

ラブリーの「愛する事を恐れないで」という問いかけに対しての
ミラージュの
「愛すること? 私がもう一度愛することができる?」という答えは
歴代プリキュア達がこれまで何度も展開してきた「敵に対する救済」、そして敵に対しても
「やり直せることが出来る」と提示した「再生」の物語を
更に前進させたようにも感じる事が出来ます。




ラブリーの「ライジングソード」は格好良かったですね!!

だけどラブリーは直球勝負の武闘派だからもやみくもに剣を振り回してばかり・・・・

その隙をついて鏡を使って攻撃を仕掛けてくるミラージュは
さすが「元・先輩プリキュア」という感じですね。


d08d424b_convert_20141210050833.jpg


0be3b862_convert_20141210050728.jpg


怒れる「ラブリー」
戦闘で朽ち果てる「ラブリー」
どれも素敵でした・・・・

映画「人形の国のバレリーナ」で見せた思い悩みながらも一歩前進するラブリーも良かったけど
今回のようなストレートに「荒ぶるラブリー」も一段と良かったですね。


04b65b1b_convert_20141210050758.jpg


「荒ぶるラブリー」に対して
こちらは「狂乱するミラージュ」

ミラージュは戦闘のラストの方では髪がチリチリになってしまい
服も乱れっぱなし・・・
何か「クイーン」というよりは「魔女」そのものでしたね・・・・


4937bf99_convert_20141210050905.jpg


浄化の際、ラブリー以外の3人もやっと到着し、ミラージュを浄化にかかるのですけど
個別にミラージュを抱きしめたり、キスをしたりと
何かやりたい放題でしたね・・・・

ま、結果的に可愛い巫女さんが戻ってきましたけどね・・・

だけど・・・・

ミラージュとブルーが「復縁」してしまうと、
振られてしまうのはラブリー・・・・・

次回以降は、ディープミラー(実はブルーの分身・・・・??)の画策が待ち受けているみたいですけど
その網にかかるのは
振られたラブリーなのか、それとも誠司の方なのか・・・・

1月の最終決戦は一体プリキュア達は「何」と戦うのか・・・・
それも含めてまだまだ見所満載という感じですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1774-9f18592e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |