FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


バレエ音楽というと
自分自身としては、チャイコフスキーの三大バレエ(くるみ割り人形・白鳥の湖・眠りの森の美女)とか
ストラヴィンスキーの三大バレエ(火の鳥・ペトルーシュカ・春の祭典)というように
ロシアというイメージがあるのですけど、
フランスのバレエ音楽にも中々いいものが多いですよね。

その中の優れた作曲家の一人がL.ドリーブなのかな・・・

この方は、「コッペリア」の方が有名なのかな・・・・??
(吹奏楽コンクールでは、1985年の中村学園の演奏以降は完全にコンクールレパートリーとして
定着していましたね・・・
だっていまだにコンクールでは演奏され続けていますから・・・)

ドリーブとチャイコフスキーって何となくチャイコの方が大先輩のような感じもするのですけど、
実際は逆にチャイコフスキーの方がドリーブのバレエ音楽に影響を与えた側面も少しはあったようで、
ドリーブのバレエ「シルヴィア」を絶賛し、知人タネーエフに
「もし私がもっと早くこの作品を知っていたら、私は『白鳥の湖』を作曲しなかっただろう」
と語ったエピソードが残されています・・・

ドリーブの「コッペリア」と「シルヴィア」なのですけど、
吹奏楽コンクールでは頻繁に演奏される人気曲の一つなのかもしれませんけど、
オケの演奏会ではあまり演奏されないようにも思えます・・・
私自身、この両曲の生演奏は新日本フィルの演奏以外聴いたことがありません・・・・
特に「コッペリア」のマズルカ・ワルツ・チェルダッシュとか
「シルヴィア」のバッカスの行列は
聴いていて本当に楽しい曲ですし
子供向けの「ファミリーコンサート」なんかには最適な曲だとは思いますけどね・・・

さてさて、「シルヴィア」なのですけど、
バレエの大筋は、ギリシア神話から題材を取っています。

ストーリーを簡単に記すと・・・・

羊飼いの青年アマンタが美しい妖精シルヴィアに恋してしまった・・・
しかし、妖精と人間の恋愛はご法度で絶対的に「禁じられた恋・・・・」
そんな二人を愛の神エロスが何とかしようと画策する中で、
悪しき狩人のオリオンがシルヴィアを奪い自分の洞窟に「お持ち帰り」をしてしまった・・・
拉致されたシルヴィアはオリオンをお酒で酔いつぶし、
そのスキにキューピットに助けられて洞窟から逃亡を図る。
最後は愛の神エロスのとりなしにより、めでたくシルヴィアとアマンタは結ばれ
めでたく結婚することになる・・・

確かそんなような話だったと思います。

全体的に暗い影も無く明るく楽しい作品で「ハッピーエンディング」で終るところがいいですね。

全体的な印象としては、平凡な普通のお話なのですけど
その意味では、「人形」をバレエの世界に持ち込み、人形を初めてバレエの主人公にしてしまった
「コッペリア」の方が斬新と言えるのかもしれませんよね。
考えてみると、人形が主人公のバレエと言うと
圧倒的に有名なのはストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」なのですけど、
ドリーブはストラヴィンスキーの「先駆者的存在」だったのかも・・・・??
ま、もっともドリーブの音楽はストラヴィンスキーみたいな過激・野蛮・ワイルドさとは全く別次元の
洗練された平和な音楽ですけどね・・・

このバレエは、四つの曲から構成される組曲版としての方が音楽としてはお馴染みなのかな・・・

この組曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.前奏曲と狩の女神

Ⅱ.間奏曲とゆるやかなワルツ

Ⅲ.ピッチカート

Ⅳ.バッカスの行列

Ⅰは、全体的にホルンが大活躍を見せていますね。冒頭のトランペットのファンファーレと絡む
ティンパニーが格好いいです!
Ⅱは、いかにも抒情的なバレエの調べという感じですね。
主役がソロをゆったりと踊っているシーンが何となく目に浮かんできそうです。
Ⅲは、意外と知られている曲かも・・・・
確か昔何かのCMで使用されていたような記憶が・・・・、うーん何のCMだったか思い出せない・・・
チャイコフスキーの交響曲第4番第三楽章のように
とにかく全体を「弦を爪でポンポンとはじく」ピッチカート奏法をかなり効果的に使用しています。
この「シルヴィア」は確か以前Eテレでハイライトを放映した事があったと思いますが、
この「ピットカート」の部分は確かバレリーナがソロで可愛らしく踊っていたような記憶が・・・
Ⅳは、とにかく楽しい曲です!!
ⅠのメロディーがⅣで再現されています。
トランペットの勇敢なファンファーレが素敵ですよね。
ラスト近くで一旦静まりかえり、そこからティンパニーのソロが少しばかり展開され
華麗に曲が閉じられますが
この際の金管セクションの「和音の響き」が実に見事にハモっていて、「あ、いいなー」なんて
思ったりもします。

フランスのバレエ音楽と言うと
どうしてもラヴェルの「ダフニスとクローエ」なんていう豪華絢爛な音の絵巻を思い出してしまいますけど
こういうシンプルだけど楽しい曲も
いいものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1768-ccd2bf9f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |