FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇野田中学校

 A/ローマの祭り

  この年の中学の部の特徴は以前も指摘したけど「ダフニスとクロエ」第二組曲への過度の集中かな・・・
  印象としては、前半よりも後半の方に素晴らしい演奏をしたチームが多く、
  特にプログラム19番~21番の内灘・土気め八戸第三の連続した素晴らしい演奏の数々は
  この日の「花」でしたよね。
  前半の中では、野田と城陽と出雲第一が特に突出した素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが
  特にこの野田の演奏は良かったですね。

  「ローマの祭り」というと、
  例えば1980年の兵庫高校の自由曲のように「主顕祭」のみを演奏するというパターンが
  多かったのを、
  Ⅰのチルチェンセスの前半とⅣの主顕祭を組み合わせて演奏するようなパターンを
  定着化させたのは、1982年の弘前第三中学と1983年の高岡商業だったようにも思えます。
  そして、Ⅲの十月祭の前半部分とⅣの主顕祭を最初に組合せ定着化させたのは
  1985年の習志野高校だったようにも思えます。
  十月祭+主顕祭の場合、十月祭は、冒頭のティンパニーの打撃音から開始し、ほんのさわりのみを
  演奏して次の主顕祭りになだれ込んでいくパターンが多かったと思いますが、
  1991年の野田中は、これまでのパターンに「新しい風」を吹き込み
  ティンパニーの打撃音から開始するのではなくて
  十月祭の前にⅡ.五月祭のラスト部分→鐘とピアノの打撃音から開始させ、
  この鐘とピアノの「コーン」という大変印象的な効果音から開始させ、そこから十月祭のティンパニーの打撃、
  そして主顕祭という風に構成させたのは、
  何か当時としてはとても画期的なアィディアであり、
  その意味では大変インパクト溢れる演奏でした。

  また課題曲もA/斜影の遺跡を選んでいましたが
  難曲中の難曲を難なくこなしたその「安定感」も抜群のものがあったと思います。

  そうそう、先ほど少し話が出た兵庫高校なのですけど、
  当時の指揮者、吉永陽一先生は、大変ユニークな解釈&演奏をされる先生でして、
  その独特な解釈とかあまりにもアクの強い表現は、
  他の追従を許さないものがありましたね。
  吉永先生と言うか「ヨーイチ」の評判は、遠く離れた仙台にすら色々尾ひれを付けて
  色々と伝わってきたくらい
  淀川工業の丸谷先生と同様に「関西の名物先生」でしたね・・・・

  兵庫高校時代も凄かったけど、その後西宮高校に異動後も数々の強烈な演奏を聴かせてくれていましたね。
  特に1986年の課題曲A/変容と自由曲の「呪文とトッカータ」の切れ味の鋭さ
  87年の「プラハのための音楽」の異常なテンポの速さ
  (そういえば課題曲A/風紋もテンポはかっ飛ばしていましたね・・・・苦笑・・)
  90年の「メトセラⅡ」のまさかまさかの、ラストを静かに閉じるエンディングの珍解釈
  93年のベルキスのソプラノサックスにⅢの「暁のベルキス」のソロを任せた英断
  98年の祝典序曲の誰もが驚く「間の取り方」・・・・
  いやいや、色々と楽しませて貰いました・・・・

  まさに「ごちそうさま・・・」という感じですね。

  こんな名物先生は、関西大会の、天理・淀川工業・洛南などといった常連名門校の壁に
  はばまれ、わずか4回しか全国大会に出場出来なかったのは
  何かとてももったいなかったですね・・・・
  これが四国大会ならば間違いなく毎年全国大会出場なのですけどね・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1762-1b7d4a61
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |