FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の「ファントム最後の戦い」、そして次回予想されるラブリーVSクィーンミラージュの戦いという
ハピネスの一つのクライマックスの丁度谷間のような感じという事もあり
印象としては「うーーん、今一つ・・・」という感じもなくはなかったですね・・・

うーーん、少し勿体ないな・・・とも思いました。

というのも幻影帝国の三幹部達をもっと掘り下げてクローズアップしてもよかったような
感じもします・・・・
11月から最終決戦を開始するなら、
2月から登場していた幻影の幹部達一人一人に各一回ずつ割り当てて
一人一人の「過去」に焦点を当てて
過去にどういう嫌な事がありどういう経緯で幻影帝国に加担したのかその「動機」を
もう少し丁寧に描いた方が
何かより面白かったような気もします・・・・

ま、特にナマケルダなんかは、その過去とか過去の対人関係に何があったのか・・・・等は
実に興味があっただけに
やっぱり少し勿体ないな・・・とも思いました。
ま、オレスキーあたりは、ラブリーがイノセントフォーム取得前後で何となくその過去とかトラウマを
垣間見る事が出来ていましたけど
その「心の深層」はもう少し深く描いて欲しかったな・・・・

うーーん、何か少し今回は欲求不満な感じ・・・・

ま、この欲求不満は、次回のラブリーVSミラージュの戦いで十分解消させて
頂きたいと思います・・・(笑)
というか、神様は、元カノとの決着をつけるのに
ラブリーと言う現カノ(?)をわざわざ引き連れていくのですね・・・・(苦笑・・・)

だけど、プリンセスVSナマケルダ ハニーVSホッシーワ フォーチュンVSオレスキーの個別の戦闘は
中々見所がありましたね。

だけど・・・・

何かハニーだけ一人、戦う理由とか戦闘場所が他のメンバーとは明らかに異なるような気も・・・??
ま、ハニーは前回、ファントム戦で全知全能振りを見せつけてくれましたので
ホッシーワごときでは、あまり力が入らないのかな・・・・(苦笑・・)





ブルーがミラージュを気にかけている背後で
浮かない表情を見せるラブリーがとても印象的でした・・・
ラブリーとしても、正直思いは「複雑」なものがあるのかな・・・・??
プリキュア5ののぞみが、パルミエ王の復活と言うココの夢が叶うと自分はココとお別れをしなくては
いけないと気が付き思い悩んだように
めぐみも、
「勿論、ブルーはきちんとミラージュと話をし出来れば元の鞘に収まって欲しい・・・・
だけどそうなると私の立場は一体どうなるの・・・・、私の事もきちんと目を向けて欲しい・・・」と
思い悩んで゜しまうのかな・・・・??
それを示唆する形でのああした「浮かない表情」なのかな・・・・??


da1e358e_convert_20141202230852.jpg


このブログでは、プリンセスの事は何かと言うとすぐに「ポンコツ、ポンコツ」と言い続けてきたようにも
思えますけど(苦笑・・・)
実際問題、ハピネスのメンバーで一番の成長が図られたのは言うまでも無くひめですよね・・・
だって第一話で「友達とは便利なもの・・・」とドキドキのジコチューみたいな事を言っていて、
転校初日には「人が怖い・・・」とコミュニケーション障害を起こしていた人が、
今やあれだけ大勢の友達を作り、その友達のことで色々と気を使っている・・・・
やっぱりそうした意味でもひめの存在意義は大きかったですね。
またそんなプリンセスに対して第一話からお付き合いしていたのがナマケルダでしたね・・・・

今回のプリンセスVSナマケルダの戦いの中で
ナマケルダが「ケツバット」のように杖で思いっきりプリンセスのおしりをひっぱ叩いていたのは
何かとてつもなく面白かったです・・・・(苦笑・・)
最後の最後で、第一話から関わっていたプリンセスにセクハラしまくって
最後に浄化されたナマケルダは
意外と幸せ者だったのかもしれませんよね・・・・


15c1700e_convert_20141202230815.jpg


フォーチュンVSオレスキーは予想通り一番の激戦・・・
この二人の戦いはとても見栄えがして良かったですね。

こんなにボコボコにされてしまい横たわるフォーチュンも珍しいと思います・・・・

だけど、最後にフォーチュンがオレスキーの強さをきちんと認めて讃えた上での浄化は
とても素晴らしかったですね。
あのシーンはとても良かったです。
だけど、それゆえオレスキーの過去・・・・例えば、一番にならないと誰にも振り向いて貰えない状況とは
果たしてどんなものだったのか・・・あたりは
やはりもう少し丁寧に掘り下げて欲しかったような気もしますね・・・・

今回三幹部は、プリキュア達に敗れ、特に人間体に戻るという事はありませんでした・・・
やはり彼らは「粛清・撃破」されたのではなくて
成仏に近い形の「浄化」と解釈をしたいと思います。
何か気持ちとしては「輪廻転生」ではないけど、
最後の最後で「自分の目指すべき方向性」を悟った上で、そうした思いをきちんと受け継いだうえで
新しい人間として、赤ん坊から生まれ変わって欲しい・・・とも
思ったものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1755-faf313b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |