FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


1991年というと、山梨県の支店に異動(左遷・・?)させられてから既に1年以上が経過し
山梨の盆地特有の異常な暑さとか独特な甲州弁にも慣れてきた時期でもあります。
全国大会のプログラム一番は、朝9:15頃ですから、朝7:00始発の中央本線・かいじ号では
到底間に合わない・・・・
プログラム一番から聴くためには、
①前日からどこか安いカプセルホテルにでも泊まる
②朝5時頃始発の中央本線の鈍行に乗り、高尾まで行き、高尾から新宿まで中央線に乗る
という方法しかなかったのですけど
この年は②の方法を選びました。
だけど、確か記憶では、線路内人立ち入りだったか理由は忘れてしまいましたけど
中央線で高尾から八王子にかけて運転が約20分程度見合わせになってしまい、
結果的に普門館に到着したのが朝9:02頃だったかな・・・・
とにかく一階の一番後ろの席でプログラム一番の宇品中学の演奏を聴いていました。

だけど一番後ろの席は何か音の響きというか反響が今一つ・・・

そこで、プログラム4番の吉富中の演奏が終わった辺りで
思い切って一番後ろの席から、一階の中央あたりの席に移りました。
というか思ったのですけど、
これって今にして思うと凄い事ですよね・・・・
だって現在はあれだけ「プレミアチケット化」し、入場券の入手自体が極めて困難なのに
座席は全て指定席・・・
だけど当時は座席は全て自由席だし、全国大会でも、朝一番あたりでも一階の中央席あたりでも
1名分なら空いている席もあったという事なんですよね・・・

現在では絶対にありえない光景ですね・・・・(苦笑・・・)


〇永山南中学校

 D/ローマの祭り

 プログラム3番と6番で「ローマの祭り」という同じ自由曲が被ってしまいましたけど
 何か目指している方向性は随分と異なっているようにも感じられました。
 永山南の方は、「中学生らしい勢い・伸び伸びとしたおおらかさ」を演出し
 野田の方は、「大人っぽさ・洗練さ・計算された構成美」
 そういったものを目指していたような感じもありました。

 永山南と言うと、印象的なのは87年のアルメ二アンダンスパートⅠのおおらかさと
 89年のシェエラザートの清廉な響きとどこまでもコントロールされた美しい響きでしたね。
 この年は、そうしたこれまて゜の永山南の集大成と言うのか、
 良い面が全て演奏に遺憾なく発揮されていたような印象があります。
 とにかく「ローマの祭り」はサウンドに勢いと流れの良さがあり、聴いていて
 「気持ちいい」という感じでしたね。勿論、音量的にも相当鳴らしているのですけど
 それが「煩い」とは全く感じず、
 むしろ「自然な流れ」と感じさせることが出来たのは大変素晴らしい事だと思いますし
 金賞はごく当然の帰結のようにも思えます。


〇吉富中学校

 D/ダッタン人の踊り

 前年度90年度の「ガイーヌ」の演奏、特にレスギンカ舞曲のクラリネットセクションの頑張りに
 みられるように銅賞とはいえ、中々魅力的な演奏を聴かせてくれただけに
 この年は「ダッタン人の踊り」という名曲中の名曲をどう聴かせるか・・・と楽しみにしていたら
 課題曲から低調でした・・・
 うーーん、何が原因だろう・・と思っていたら
 金管セクション、特にトロンボーンを筆頭に
 音程が今一つ悪いというか合っていないという事だと思いました。
 この時代でここまで音程不良が目につく演奏も珍しいのですけど
 音楽づくりが丁寧なだけにとても惜しまれる思いがありました・・・・


〇城陽中学校

 D/神話

 素晴らしい演奏でした!!
この一言に尽きると思います。
 全国大会常連のこのチームは、前年度は関西大会にすら進めずまさかの府大会落ち・・・・
 やっぱり自由曲が櫛田さんの「石の庭」というあまりにもマイナーで渋すぎる選曲をしたのが敗因
 だったかな・・・・
 この年の「神話」は、87年にも同じ作曲家の作品を取り上げているせいもあると思いますが
 とにかく手慣れている印象・・・
 技術も安定感があるし、
 何よりも音楽をほぼ完璧に自分達のモノにしていた事が最大の魅力でしたね。
 文句の付けようがない金賞だったと思います。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

永山南

おはようございます
北海道では当時、平岡、琴似、永山南は仰ぎ見る存在でした。永山南の荒木関守先生には私の田舎の地方コンクール審査員をしていただきましたが、辛口の採点をいただきました(笑)

Re: 永山南

sankichi1689 様

コメントありがとうございます。

そうですね・・・、永山南と言うとあの独特のステージ衣装がとても印象的でしたね。
荒木関先生というと音作り・サウンドに何かこだわりをお持ちのような印象がありましたね。
それが大変良い方向で出ていたのが
87年のアルメニアンダンスパートⅠと89年のシェエラザートだったようにも
感じられます。
この先生は、むかーしは一般の部のC編成にも出ていたような記憶があります・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1754-6a42eab3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |